GCSFileStat クラス

GCSFileStat は Google Cloud Storage クライアント ライブラリによって提供されています(/src/cloudstorage)。このクラスは cloudstorage.stat() のファイル統計データを保管するために使用されます。

インスタンス プロパティ

GCSFileStat インスタンスには次のプロパティがあります。

filename
String 型の出力要素を生成します。このファイルの統計が説明されているファイルの名前で、形式は /bucket/object です。例: /my_bucket/lyrics/southamerica/list5.txt
is_dir
これがディレクトリを示す場合は true です。これが実際のファイルを示す場合は false です。
st_size
Long 互換。バイト単位のファイル サイズです。
etag
String 型の出力要素を生成します。このファイルのコンテンツの MD5 ハッシュを 16 進数で表したものです。
st_ctime
Float 互換。posix ファイルの作成時刻です。
content_type
String 型の出力要素を生成します。ファイルのコンテンツタイプです。
metadata
ディクショナリ。x-goog-meta- ヘッダーのユーザーが指定した任意のメタデータを含みます。例: {'x-goog-meta-foo': 'foo', 'x-goog-meta-bar': 'bar'}
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境