バージョン 1.10。このバージョンは、Anthos バージョン サポート ポリシーに記載されているようにサポートされており、Anthos clusters on VMware(GKE On-Prem)に影響を与えるセキュリティの脆弱性、露出、問題に関する最新のパッチとアップデートが提供されます。詳細については、リリースノートをご覧ください。これは最新バージョンです。

CPU、RAM、ストレージの要件

このドキュメントでは、VMware(GKE On-Prem)上の Anthos クラスタをインストールするための CPU、RAM、ストレージの要件について説明します。

ここに示されている要件は本番環境に適しています。概念実証用の最小要件については、CPU、RAM、ストレージの最小要件をご覧ください。

管理ワークステーションの CPU、RAM、ストレージの要件

管理ワークステーションを作成する前に、管理ワークステーションの構成ファイルに入力します。構成ファイルで、vSphere クラスタ、vSphere リソース プール、vSphere データストアを指定します。

vSphere クラスタは ESXi を実行する一連の物理ホストであり、リソースプールには、それらの ESXi ホストで使用可能なリソースの一部に対する予約があります。

リソース プールには、管理ワークステーションとプールに属する他の VM の要件をサポートするのに十分な CPU と RAM が必要です。同様に、データストアには、管理ワークステーションやデータストアを使用する他の VM の要件をサポートするのに十分なストレージが必要です。

管理ワークステーションには次の要件があります。

  • 4 個の vCPU(仮想 CPU)
  • 8 GiB の RAM
  • 50 GiB

管理クラスタの CPU、RAM、ストレージの要件

管理クラスタを作成する前に、管理クラスタの構成ファイルに入力します。構成ファイルで、vSphere クラスタ、vSphere リソース プール、vSphere データストアを指定します。

vSphere クラスタは ESXi を実行する一連の物理ホストであり、リソースプールには、それらの ESXi ホストで使用可能なリソースの一部に対する予約があります。

リソースプールには、管理クラスタとプールに属するその他の VM の要件をサポートするのに十分な CPU と RAM が必要です。同様に、データストアには、管理クラスタ、およびデータストアを使用する他の VM の要件をサポートするのに十分なストレージが必要です。

管理クラスタには 1 つ以上のユーザー クラスタが関連付けられています。関連付けられたユーザー クラスタごとに、管理クラスタには 1 つまたは 3 つのノードがあります。これらのノードはユーザー クラスタのコントロール プレーン ノードと呼ばれ、ユーザー クラスタのコントロール プレーン コンポーネントを実行します。

高可用性(HA)ユーザー クラスタの場合、管理クラスタには 3 つのコントロール プレーン ノードがあります。HA 以外のユーザー クラスタの場合、管理クラスタには 1 つのコントロール プレーン ノードがあります。

管理クラスタのストレージ要件は次のとおりです。

  • VM テンプレートの場合は 40 GiB

  • etcd オブジェクト データを保存するために 100 GiB。

  • ネットワーク停止中にログと指標をバッファに保存する Google Cloud のオペレーション スイート用に 240 GiB。

  • Prometheus が有効になっている場合は、Prometheus が指標データを保存するための 506 GiB。

  • 各ノードに 40 GiB。これには、ユーザー クラスタのコントロール プレーンとして機能するノードも含まれます。

  • 各ユーザー クラスタのコントロール プレーン ノードの場合:

    • 監査ログ用に作成された PVC を処理するため、追加で 10 GiB
    • etcd オブジェクト データ用に作成された PVC を処理するため、追加で 5 GiB
    • etcd イベントデータ用に作成された PVC を処理するため、追加で 5 GiB

次の表に、管理クラスタ内のノードの CPU、RAM、ストレージの要件を示します。

ノード 要件 目的
管理クラスタのコントロール プレーン
  • 2 vCPU
  • 4 GiB の RAM
  • 40 GiB のストレージ

管理クラスタのコントロール プレーンを実行します。

アドオン

2 つの VM。それぞれ次の要件があります。

  • 4 個の vCPU
  • 16 GiB の RAM
  • 40 GiB のストレージ

管理クラスタのアドオンを実行します。

ユーザー クラスタのコントロール プレーン

ユーザー クラスタごとに、1 つまたは 3 つの VM。各 VM には次の要件があります。

  • 3 vCPU
  • 5 GiB の RAM
  • 60 GiB のストレージ

ユーザー クラスタのコントロール プレーンを実行します。

ユーザー クラスタの CPU、RAM、ストレージの要件

ユーザー クラスタを作成する前に、ユーザー クラスタ構成ファイルに入力します。構成ファイルで、vSphere クラスタ、vSphere リソース プール、vSphere データストアを指定します。

vSphere クラスタは ESXi を実行する一連の物理ホストであり、リソースプールには、それらの ESXi ホストで使用可能なリソースの一部に対する予約があります。

リソースプールには、ユーザー クラスタと、プールに属する他の VM の要件をサポートするのに十分な CPU と RAM が必要です。同様に、データストアには、ユーザー クラスタやデータストアを使用する他の VM の要件を満たすのに十分なストレージが必要です。

ユーザー クラスタのストレージ要件は次のとおりです。

  • 各ノードに 40 GiB

  • ネットワーク停止中にログと指標をバッファに保存する Google Cloud のオペレーション スイート用に 240 GiB

  • Prometheus が有効になっている場合は、Prometheus が指標データを保存するための 506 GiB

次の表に、ユーザー クラスタの各ノードの CPU、RAM、ストレージのデフォルト値を示します。ワークロードのニーズに応じて、値の調整が必要になることがあります。ワークロードのノードで使用できる CPU と RAM の量を確認するには、ワークロードで使用できるリソースをご覧ください。CPU と RAM の値は、ユーザー クラスタの構成ファイルnodePools セクションで指定できます。

ノード 要件 目的
ワーカーノード

個々のワーカーノードのデフォルト値は次のとおりです。

  • 4 個の vCPU
  • 8 GiB の RAM
  • 40 GiB のストレージ

ユーザー クラスタのノードは、ワークロードが実行される仮想マシンです。ユーザー クラスタのノードに必要なリソースは、実行するワークロードによって異なります。

Seesaw ロードバランサの CPU、RAM、ストレージの要件

Seesaw ロードバランサを使用するクラスタを作成する場合は、追加のリソース要件があります。詳しくは、Seesaw VM の VM リソースをプロビジョニングするをご覧ください。

CPU、RAM、ストレージの要件の例

次のように、2 つの vSphere データセンターがあるとします。

  • データセンター 1 にはクラスタ 1 という名前の vSphere クラスタがあり、クラスタ 1 にはリソースプール 1 という名前のリソースプールがあります。クラスタ 1 に ESXi を実行する 4 つの物理ホストがあります。

  • データセンター 2 にはクラスタ 2 という vSphere クラスタがあり、クラスタ 2 にはリソースプール 2 というリソースプールがあります。クラスタ 2 には ESXi を実行する 8 つの物理ホストがあります。

管理ワークステーションと管理クラスタをリソースプール 1 に配置し、データストア 1 を使用することにしました。

ユーザー クラスタをリソースプール 2 に配置し、データストア 2 を使用することにします。ユーザー クラスタで Prometheus を有効にする予定はありません。

ここでは、Seesaw ロードバランサは使用しません。

次の 2 つのユーザー クラスタを作成します。

  • 各ワーカーノードに 6 個の vCPU、16 GiB の RAM、40 GiB のストレージを必要とするユーザー クラスタ。このユーザー クラスタには 20 個のノードがあります。このユーザー クラスタには HA コントロール プレーンが必要であるため、このユーザー クラスタのコントロール プレーンとして機能する 3 つのノードが管理クラスタ内に存在します。各ユーザー クラスタのコントロール プレーン ノードは、4 つの vCPU と 8 GiB の RAM で構成されます。

  • 2 番目のユーザー クラスタでは、各ワーカーノードに 4 つの vCPU、8 GiB の RAM、40 GiB のストレージが必要です。このユーザー クラスタには 8 つのノードがあります。このユーザー クラスタには HA コントロール プレーンを必要としないため、このユーザー クラスタのコントロール プレーンとして機能するノードは管理クラスタ内に 1 つだけです。ユーザー クラスタのコントロール プレーン ノードは 3 つの vCPU と 5 GB の RAM で構成されます。

リソースプール 1 とデータストア 1 の要件

リソースプール 1 は、クラスタ 1 の 4 つの ESXi ホストにより提供される CPU と RAM の一部を予約しています。リソースプール 1 には、管理ワークステーションと管理クラスタの要件を満たすのに十分な CPU と RAM が必要です。また、データストア 1 には、管理ワークステーションと管理クラスタの要件を満たす十分なストレージが必要です。

管理クラスタには、独自のコントロール プレーン ノード、アドオン用の 2 つのノード、最初のユーザー クラスタのコントロール プレーン用の3 つのノード、2 番目のユーザー クラスタのコントロール プレーン用の 1 つのノードがあります。つまり、管理クラスタには 7 つのノードがあります。

管理ワークステーションと管理クラスタを示す図

管理ワークステーションには、次のリソース要件があります。

例: 管理ワークステーションの要件
vCPU 4 個の vCPU
RAM 8 GiB
ストレージ 50 GiB

管理クラスタのリソース要件は次のとおりです。

例: 管理クラスタの要件
vCPU 1 つの管理クラスタ コントロール プレーン ノード × 2 つの vCPU/ノード +
2 つのアドオンノード × 4 つの vCPU/ノード +
3 つのユーザー クラスタ コントロール プレーン ノード × 4 つの vCPU/ノード+
1 つのユーザー クラスタ コントロール プレーン ノード x 3 つの vCPU/ノード
25 vCPU
RAM 1 つの管理クラスタ コントロール プレーン ノード × 4 GiB/ノード +
2 つのアドオン ノード × 16 GiB/ノード +
3 つのユーザー クラスタ コントロール プレーン ノード × 8 GiB/ノード +
1 つのユーザー クラスタ コントロール プレーン ノード x 5 GiB/ノード
65 GiB
ストレージ VM テンプレート用に 40 GiB +
etcd オブジェクト データ用に 100 GiB +
Google Cloud のオペレーション スイート用に 240 GiB +
1 つの管理クラスタ コントロール プレーン ノード× 40 GiB/ノード +
2 つのアドオンノード x 40 GiB/ノード +
4 つのユーザー クラスタ コントロール プレーン ノード x 60 GiB/ノード
740 GiB

次の表は、管理ワークステーションと管理クラスタの合計 CPU、RAM、ストレージの要件を示したものです。リソースプール 1 とデータストア 1 は、次のリソースを提供できる必要があります。

例: リソースプール 1 とデータストア 1 の合計要件
vCPU 29 vCPU
RAM 73 GiB
ストレージ 790 GiB

リソースプール 2 とデータストア 2 の要件

リソースプール 2 は、クラスタ 2 の 8 つの ESXi ホストにより提供される CPU と RAM の一部を予約しています。リソースプール 2 には、両方のユーザー クラスタの要件を満たす十分な CPU と RAM が必要です。また、データストア 1 には、両方のユーザー クラスタの要件を満たす十分なストレージが必要です。

2 つのユーザー クラスタを示す図

最初のユーザー クラスタには、次のリソース要件があります。

例: 最初のユーザー クラスタの要件
CPU 20 ノード x 6 vCPU/ノード 120 個の vCPU
RAM 20 ノード x 16 GiB/ノード 320 GiB
ストレージ Google Cloud のオペレーション スイート用に 240 GiB +
20 ノード x 40 GiB/ノード
1,040 GiB

2 番目のユーザー クラスタには、次のリソース要件があります。

例: 2 番目のユーザー クラスタの要件
CPU 8 ノード x 4 vCPU/ノード 32 個の vCPU
RAM 8 ノード x 8 GiB/ノード 64 GiB
ストレージ Google Cloud のオペレーション スイート用に 240 GiB +
8 ノード x 40 GiB/ノード
560 GiB

次の表は、2 つのユーザー クラスタの合計 CPU、RAM、ストレージの要件を示しています。リソースプール 2 とデータストア 2 は、次のリソースを提供できる必要があります。

例: リソースプール 2 とデータストア 2 の合計要件
CPU 152 vCPU
RAM 384 GiB
ストレージ 1,600 GiB

リソースのオーバーコミット

vSphere は、メモリ オーバーコミットCPU オーバーコミットなどのリソースのオーバーコミットをサポートしています。したがって、クラスタ内のリソースプールによって予約されるリソースの合計は、クラスタ内の ESXi ホストが提供する物理リソースよりも大きくなる可能性があります。

このドキュメントに記載されている要件は、予約済みの仮想リソースに関するものです。概念実証の物理的な要件については、CPU、RAM、ストレージの最小要件をご覧ください。

リソース競合のモニタリング

リソース競合のシグナルをモニタリングして、リソースプールとデータストアが、構成済みの仮想リソースをサポートできることを確認してください。詳しくは、VM のヘルス ステータス ダッシュボードを作成するをご覧ください。