バージョン 1.6。このバージョンは、Anthos バージョンのサポート ポリシーに記載されているとおりにサポートされており、ベアメタル版 Anthos クラスタに影響するセキュリティの脆弱性、漏えい、問題に対する最新のパッチとアップデートが提供されます。詳細については、リリースノートをご覧ください。これは最新バージョンではありません。

ロードバランサの概要

ベアメタル版 Anthos クラスタのロードバランサ オプション

ベアメタル版 Anthos クラスタは、バンドル型と手動の 2 つのロードバランサ オプションをサポートしています。

バンドル型ロードバランサ モード

バンドル型負荷分散を選択した場合、ベアメタル版 Anthos クラスタはクラスタのインストール中に L4 ロードバランサをデプロイします。外部ロードバランサは必要ありません。ロードバランサは、ワーカーノードの専用プールで実行することも、コントロール プレーンと同じノードに配置することもできます。

ロードバランサは ARP メッセージをブロードキャストして VIP を通知するため、ロードバランサを実行するすべてのノードは同じ L2 サブネット上に存在する必要があります。

構成情報については、バンドル型負荷分散の構成をご覧ください。

次の図は、バンドル型ロードバランサをコントロール プレーン ノードに配置したネットワーク トポロジの例を示しています。

コントロール プレーンとして名前ノードに配置されたバンドル型ロードバランサを示す図。ノードは L2 サブネット内にある

手動ロードバランサ モード

手動負荷分散を選択した場合、ベアメタル版 Anthos クラスタはロードバランサをデプロイしません。この場合、バンドル型負荷分散よりも柔軟性が高くなり、L2 ネットワークの要件がなくなります。

クラスタをインストールする前に、外部ロードバランサでコントロール プレーン ノードの VIP を構成する必要があります。インストール後、Kubernetes Services と Ingress の負荷分散ソリューションを選択する必要があります。

次の図は、外部ロードバランサで手動負荷分散モードを使用したクラスタのネットワーク トポロジの例を示しています。

クラスタ外の外部ロードバランサを使用したバンドル型分散負荷分散モードを示す図。