ベアメタル版 Anthos クラスタについて

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ベアメタル版 Anthos クラスタは、Google Distributed Cloud Virtual(GDC Virtual)のコンポーネントであり、オンプレミスのデータセンターで Google Kubernetes Engine(GKE)を使えるようにするソフトウェアです。ベアメタル版 Anthos クラスタを使用すると、所有するデータセンター内にある自前のハードウェアで Kubernetes クラスタを作成、管理、アップグレードできます。

新しいドキュメント構造

これは、Anthos clusters on bare metalのバージョン 1.12 のドキュメントです。このドキュメントの構造は、以前のバージョンと大きく異なります。トピックを移動し、トピックのグループ化を変更しました。主な変更点は次のとおりです。

  • すべてのドキュメント トピックがメインの目次に統合されました。これで、リファレンスの見出しの下にリファレンス、サポート、リソースのトピックが表示されます。たとえば、コンテンツのメインテーブルでクラスタ構成フィールドのリファレンスリリースノートを確認できるようになりました。

  • Compute Engine VM で Anthos clusters on bare metal をインストールして実行するための Explore のトピックが、左側のナビゲーションの上に移動しました。以下のトピックでは、独自のハードウェアをプロビジョニングまたは構成せずに、Anthos clusters on bare metal を試す方法を説明します。

  • 一般に、目次には、インストールの計画、インフラストラクチャの設定、クラスタの作成の流れが十分に反映されます。

ベアメタル版 Anthos クラスタを選ぶ理由

ベアメタル版 Anthos クラスタは、既存のエンタープライズ インフラストラクチャを活用し、ライフサイクルを通して、アプリケーションをモダナイズできるようにします。

お客様所有のノードを使用する

ベアメタル版 Anthos クラスタを使用すると、独自のハードウェア インフラストラクチャにアプリケーションを直接デプロイでき、最高のパフォーマンスと柔軟性を実現できます。

お客様が所有するハードウェアとネットワークを使用するため、アプリケーションのスケール、セキュリティ、ネットワーク レイテンシを直接管理できるだけでなく、Google Kubernetes Engine(GKE)を介してコンテナ化されたアプリケーションや、Anthos コンポーネントのメリットも享受できます。

パフォーマンスの向上とコストの削減

ベアメタル版 Anthos クラスタは、企業の既存のデータセンター全体でアプリケーションのデプロイと健全性を管理し、より効率的な運用を可能にします。ネットワークのエッジでも可能で、分析アプリを最大限のパフォーマンスで実行できます。

仮想マシンを使用しない場合、ベアメタル版 Anthos クラスタでは GPU などのさまざまなパフォーマンスが最適化されたハードウェア タイプでアプリケーション コンテナを管理し、アプリケーションのハードウェアへの直接アクセスも可能になります。

互換性のあるセキュリティ

ノード環境を制御するため、特定の要件に合わせてネットワーク、ハードウェア、アプリケーションを最適化できます。結果として、仮想マシンやオペレーティング システムとの互換性を気にすることなく、システム セキュリティを直接管理できます。

モニタリング対象のアプリケーションのデプロイ

ベアメタル版 Anthos クラスタを使用すると、環境の健全性とパフォーマンスの高度なモニタリングが可能になり、ワークロードとネットワーク トラフィックに変動があっても、信頼性を維持しながら、アプリケーションをより簡単にスケールアップできます。

Connect を介してクラスタとワークロードのモニタリング、ロギング、分析を管理します。

ネットワークのレイテンシと柔軟性

ネットワーク要件を管理するため、ネットワークを最適化して低レイテンシを実現できます。これは、商用分析や金融分析だけでなく、他の企業アプリケーションやネットワーク エッジ アプリケーションでも、パフォーマンスを高めるうえで極めて重要です。

高可用性

ベアメタル版 Anthos クラスタには、1 つのクラスタ内での複数のコントロール ノードのサポートが含まれているため、マスターノードがダウンしても環境をまだ管理できます。

安全な設計と制御

インフラストラクチャ セキュリティは、外部リソースへの最小限の接続により、必要に応じてカスタマイズできます。最も重要な点は、セキュリティ システムをデプロイする際、VM の他の複雑性は発生せず、既存のセキュリティ システムを操作するときに OS の完全な透明性を維持できることです。

ベアメタル版 Anthos クラスタも Google API へのライトウェイト セキュア コネクションで動作し、Connect や Cloud Monitoring を使用して、クラスタやアプリケーションを一元管理できます。また、この一元化によってデプロイメントの順調な動作が保たれ、Google は問題のトラブルシューティングをより効果的にサポートできるようになります。

インストールのプリフライト チェック

ベアメタル版 Anthos クラスタは、オープンソースおよびエンタープライズの Linux システムと最小限のハードウェア インフラストラクチャ上で実行されるため、環境内で柔軟に機能します。ベアメタル版 Anthos クラスタには、さまざまなプリフライト チェックも含まれており、構成やインストールを確実に行うことに役立ちます。

アプリケーションのデプロイと負荷分散

ベアメタル版 Anthos クラスタは、クラスタ作成時のレイヤ 4 およびレイヤ 7 の負荷分散メカニズムも備えています。

向上した etcd の信頼性

etcd データベースのサイズとデフラグをモニタリングするため、ベアメタル版 Anthos クラスタのコントロール プレーンには etcddefrag Pod が含まれており、ディスク容量が超過すると、大きい etcd データベースのストレージを再要求して etcd を復旧します。

参考情報

Anthos clusters on bare metal は、Anthos の機能です。Anthos プロダクトの概要と、営業担当者へのお問い合わせ方法については、Anthos をご覧ください。

Anthos の機能とそれらの連携の仕組みについて詳しくは、Anthos の技術概要をご覧ください。

料金については、Anthos の料金をご覧ください。