ミューテーションを使用した Dataflow の書き込み

ミューテーションを使用してデータを書き込むために、Dataflow コネクタを使用します。

このコードサンプルが含まれるドキュメント ページ

コンテキストで使用されているコードサンプルを見るには、次のドキュメントをご覧ください。

コードサンプル

Java

albums
    // Spanner expects a Mutation object, so create it using the Album's data
    .apply("CreateAlbumMutation", ParDo.of(new DoFn<Album, Mutation>() {
      @ProcessElement
      public void processElement(ProcessContext c) {
        Album album = c.element();
        c.output(Mutation.newInsertOrUpdateBuilder("albums")
            .set("singerId").to(album.singerId)
            .set("albumId").to(album.albumId)
            .set("albumTitle").to(album.albumTitle)
            .build());
      }
    }))
    // Write mutations to Spanner
    .apply("WriteAlbums", SpannerIO.write()
        .withInstanceId(instanceId)
        .withDatabaseId(databaseId));