Cloud Shell を使用する

このページでは、新しい Google Cloud Shell セッションを開始して設定する方法を説明します。

新しいセッションを開始

Google Cloud Console の上部にある [Cloud Shell をアクティブにする] ボタンをクリックします。

Cloud Shell セッションの開始と gcloud ヘルプの実行

Cloud Console の一番下にある新しいフレームの中で Cloud Shell セッションが開き、コマンドライン プロンプトが表示されます。セッションが初期化されるまで、数秒かかる場合があります。

ターミナルを使用する

Cloud Shell により、Google Cloud Console 内で開いたターミナル ウィンドウの仮想マシン インスタンスに、コマンドライン アクセスができます。

Google Cloud CLI とその他のユーティリティにコマンドラインからアクセスするだけでなく、cloudshell コマンドを使用してチュートリアルを起動すること、Cloud Shell エディタを開くこと、およびファイルをダウンロードすることもできます。

詳細については、Cloud Shell ターミナルの使用に関するガイドをご覧ください。

Cloud Shell エディタを使用する

この組み込みコードエディタを使用すると、プロジェクトがビルドやデプロイされるのと同じ環境でファイルの表示や編集を簡単に行うことができます。Cloud Shell ウィンドウのツールバーにある コードエディタ ボタン [エディタを開く] をクリックして、Cloud Shell エディタを起動します。

詳細については、Cloud Shell エディタのインターフェースの概要をご覧ください。

エフェメラルインモードを選択する

デフォルトでは、Cloud Shell は一時的に割り当てられた仮想マシンに 5 GB の無料の永続ディスク ストレージをプロビジョニングします。これは $HOME ディレクトリです。デフォルトの Cloud Shell エクスペリエンスを使用する場合、ホーム ディレクトリ内のファイルはセッション間で維持されます。

永続ストレージが不要な場合は、エフェメラル モードで Cloud Shell を使用します。エフェメラル モードでは、設定が少なく、ディスク アタッチメントやアーカイブがないため、Cloud Shell をすぐに開始できます。ただし、エフェメラル モードのセッションで作成したすべてのファイルは、セッションが終了すると VM とともに削除されます。

エフェメラル モードを選択するには、URL に ephemeral=true を追加するか、Cloud Shell の その他メニュー アイコン 展開メニューを使って [エフェメラル モード] を選択し、[保存] をクリックします。

エフェメラル モードを Cloud Shell のデフォルトとして設定するには、[保存] をクリックする前に、[常に Cloud Shell をエフェメラル モードで起動する] を有効にします。

ディスプレイ ウィンドウの調整

ディスプレイ ウィンドウを調整するには:

  1. [非表示 [シェルを隠す] ボタン] ボタンと [元に戻す [シェルの復元] ボタン] ボタンをクリックして、セッションの表示を非表示にして復元します。

  2. [新しいウィンドウで開く] ボタン [シェルを切り離す] ボタン をクリックし、セッションを新しいウィンドウで表示します。

  3. 接続解除されたウィンドウを閉じて Cloud Console でセッションをもう一度開くには、Cloud Console ウィンドウの上部にある [Shell をアクティブにする] ボタン [Cloud Shell をアクティブにする] をクリックします。

  4. テーマを切り替えるには、[設定] ボタン [設定] をクリックし、[明るいテーマに切り替え] または [暗いテーマに切り替え] をクリックします。

次のステップ

Cloud Shell の構成を理解したので、コマンドラインからプリインストールされているツールとコマンドの使用を開始できます。また、必要に応じて、永続ディスク ストレージのホーム ディレクトリに追加のツールをインストールすることができます。