ウェブ プレビューの使い方

このページでは、Google Cloud Shell でウェブ プレビュー機能を使う方法について説明します。この機能により、Cloud Shell の仮想マシン インスタンスでウェブ アプリケーションを実行し、Google Cloud Platform Console でプレビューすることができます。

ウェブ アプリケーションの起動

HTTP リクエストをリッスンするウェブ アプリケーションを、App Engine 開発用サーバーなどの Cloud Shell の仮想マシン上で実行できます。ウェブ アプリケーションは、ポート番号が 2000 から 65000 の許可範囲内にあるポートで HTTP リクエストをリッスンしなければなりません。これらのポートはセキュアな Cloud Shell プロキシ サービスでのみ利用でき、HTTPS でのアクセスはご使用のユーザー アカウントのみに制限されます。

SimpleHTTPServer の例

Cloud Shell のコマンド プロンプトからシンプルな Python HTTP サーバーを起動させる方法:

cd `mktemp -d` \
    && echo '<html><body>Hello World</body></html>' >./index.html \
    && python -m SimpleHTTPServer 8080

App Engine 開発用サーバーの例

サンプルの App Engine アプリケーションをクローンし、それを App Engine 開発用サーバー上で実行する方法:

git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/appengine-guestbook-python \
    && cd appengine-guestbook-python \
    && dev_appserver.py ./app.yaml

デフォルトでは、開発用サーバーは、ポート 8080 で作動します。

アプリケーションのプレビュー

[ウェブでプレビュー] ボタン [ウェブでプレビュー] ボタン をクリックし、表示されたメニューからポート番号を選びます。プロキシ サービスのプレビュー用 URL が新しいブラウザ ウィンドウで開きます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...