Cloud Shell の起動

このページでは、Google Cloud Shell セッションを新たに開始する方法について説明します。

始める前に

GCP プロジェクトを選択または作成します。

[リソースの管理] ページに移動

新しいセッションの開始

Google Cloud Platform Console の上部にある [Cloud Shell をアクティブにする] ボタンをクリックします。

Cloud Shell をアクティブにする

コンソールの下部の新しいフレーム内で Cloud Shell セッションが開き、コマンドライン プロンプトが表示されます。シェル セッションが初期化されるまで、数秒かかる場合があります。

Cloud Shell セッション

Cloud Shell を起動すると、Debian ベースの Linux オペレーティング システムを実行している g1-small Google Compute Engine 仮想マシンがプロビジョニングされます。Cloud Shell のインスタンスは、各ユーザーまたは各セッションにプロビジョニングされます。Cloud Shell セッションがアクティブである限りインスタンスは継続しますが、非アクティブな状態が 1 時間続くと終了します。

Cloud Shell を起動すると、Console 内のアクティブなプロジェクトが Cloud Shell 内の gcloud 設定に伝播され、すぐに使用できるようになります。GOOGLE_CLOUD_PROJECT は、プロジェクト ID を定義するアプリケーションのデフォルト認証情報ライブラリ サポートで使用される環境変数で、Console 内のアクティブなプロジェクトを指定するようにも設定されます。

Cloud Shell を起動すると、コマンドラインから直ちにプレインストールされたツールとコマンドを使用することができます。また、必要に応じて、永続ディスク ストレージのホーム ディレクトリに追加のツールをインストールすることができます。

複数のセッションを開く

Cloud Shell ウィンドウの上部にある [Cloud Shell セッションを追加] ボタン [セッションの追加] ボタン をクリックし、追加のセッションを開きます。各セッションは同じ仮想マシン インスタンスに接続します。新しいセッションを開くと、コンソールの下部にある新しいタブに表示されます。

gcloud CLI から Cloud Shell を起動する

Google Cloud SDK がインストールされている場合は、既存のターミナルから Cloud Shell を直接操作できます。gcloud alpha cloud-shell ssh コマンドを使用すると、Cloud Shell との対話型 SSH セッションを確立できます。gcloud alpha cloud-shell コマンドを使用すると、scp 経由でローカルマシンと Cloud Shell マシンの間でファイルをコピーし、sshfs 経由で Cloud Shell ディレクトリをローカル ファイル システムにマウントすることもできます。詳細については、gcloud alpha cloud-shell のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...