Cloud Shell エディタの起動

お客様のユースケースに最適な各種の方法で Cloud Shell エディタを起動できます。

スタンドアロン セッションを起動する

Cloud Shell セッションを開始してコードエディタを起動する最も簡単な方法は、ide.cloud.google.com で Cloud Shell エディタ セッションを直接起動することです。Cloud Shell メニューバーの「ターミナルを開く」ボタン [Shell をアクティブにする] ボタン を使用すると、Cloud Shell ターミナルにいつでもアクセスできます。

スタンドアロンの Cloud Shell セッションを、自動的に開始される Cloud Shell ターミナルと Cloud Shell エディタの両方と一緒に起動するには、代わりに shell.cloud.google.com を使用します。

Console からの起動

Cloud Console から Cloud Shell セッションを起動するには、Console で [Cloud Shell をアクティブにする] ボタン [Shell をアクティブにする] ボタン を使用します。これにより、Console の下部ペインにセッションが起動します。 次に、Cloud Shell ウィンドウのツールバーにある鉛筆アイコン コードエディタ ボタン が付いた [エディタを開く] ボタンをクリックして、エディタを起動します。

Cloud Shell ターミナルからの起動

Cloud Shell ターミナル(コンソールの [Cloud Shell をアクティブにする] ボタン [Shell をアクティブにする] ボタン でアクセス可能)から、次のコマンドを実行できます。

cloudshell edit .

これにより、同じペインで Cloud Shell エディタが起動します。