機密データの保護の検査ジョブの作成とスケジューリング

このトピックでは、機密データ保護の検査ジョブの作成方法と、ジョブトリガーを作成して定期的な検査ジョブのスケジュールを設定する方法について詳しく説明します。機密データの保護 UI を使用して新しいジョブトリガーを作成する方法の簡単なチュートリアルについては、クイックスタート: 機密データの保護のジョブトリガーの作成をご覧ください。

検査ジョブとジョブトリガーの概要

機密データの保護が検査スキャンを実行して機密データを識別する場合、各スキャンはジョブとして実行されます。Cloud Storage バケット、BigQuery テーブル、Datastore の種類、外部データなど、Google Cloud Storage リポジトリを検査するように指示するたびに、機密データの保護はジョブリソースを作成して実行します。

機密データの保護の検査スキャンジョブをスケジュールするには、ジョブトリガーを作成します。ジョブトリガーは、機密データの保護ジョブの定期的な作成を自動化します。また、オンデマンドで実行することもできます。

機密データの保護のジョブとジョブトリガーの詳細については、ジョブとジョブトリガーのコンセプト ページをご覧ください。

新しい検査ジョブの作成

新しい機密データの保護の検査ジョブを作成するには:

コンソール

Google Cloud Console の [機密データ保持] セクションで、[ジョブまたはジョブトリガーを作成] ページに移動します。

[ジョブまたはジョブトリガーを作成] に移動

[ジョブまたはジョブトリガーを作成] ページには、次のセクションがあります。

入力データを選択

名前

ジョブの名前を入力します。文字、数字、ハイフンを使用できます。ジョブの名前は省略可能です。名前を入力しない場合、機密データの保護によってジョブに一意の番号 ID が割り当てられます。

ロケーション

[ストレージの種類] メニューで、スキャンするデータが保存されているリポジトリの種類を選択します。

  • Cloud Storage: スキャンするバケットの URL を入力します。または、[ロケーション タイプ] メニューから [含める / 含めない] を選択した後、[BROWSE] をクリックしてスキャン対象のバケットまたはサブフォルダに移動します。指定したディレクトリとそこに含まれるすべてのディレクトリをスキャンするには、[フォルダを再帰的にスキャンする] チェックボックスをオンにします。下位ディレクトリを対象にせず、指定したディレクトリだけをスキャンする場合は、このチェックボックスはオフのままにします。
  • BigQuery: スキャンするプロジェクト、データセット、テーブルの識別子を入力します。
  • Datastore: スキャンするプロジェクト、名前空間(省略可能)、種類の識別子を入力します。
  • ハイブリッド: 必要なラベル、オプションのラベル、表形式のデータを処理するオプションを追加できます。詳細については、提供できるメタデータのタイプをご覧ください。

サンプリング

サンプリングは、大量のデータがある場合にリソースを節約するオプションの方法です。

[サンプリング] では、選択したすべてのデータをスキャンするか、特定の割合のデータだけをスキャンしてサンプリングを行うかを選択できます。サンプリングは、スキャンするストレージ リポジトリの種類によって動作が異なります。

  • BigQuery の場合、スキャンに含めるように指定したファイルの割合に応じて、選択された合計行数のサブセットをサンプリングします。
  • Cloud Storage の場合、[1 ファイルあたりのスキャンの最大バイト数] で指定したサイズを超えるファイルについては、機密データの保護はその最大サイズまでスキャンしてから次のファイルに進みます。

サンプリングを有効にするには、最初のメニューで、以下のいずれかのオプションを選択します。

  • 上からサンプリングを開始する: 機密データの保護は、データの先頭から部分スキャンを開始します。BigQuery の場合、最初の行からスキャンが開始されます。Cloud Storage の場合、各ファイルの先頭からスキャンが開始され、機密データの保護が指定された最大ファイルサイズまでスキャンするとスキャンが停止します。
  • ランダム スタートからサンプリングを開始する: 機密データの保護は、データ内のランダムな場所から部分スキャンを開始します。BigQuery の場合、ランダムな行からスキャンが開始されます。Cloud Storage の場合、この設定は、指定された最大サイズを超えるファイルにのみ適用されます。機密データの保護は、最大ファイルサイズ未満のファイルは全体をスキャンし、最大ファイルサイズを超えるファイルは最大サイズまでスキャンします。

部分スキャンを実行するには、データのうち何パーセントをスキャンするかを指定する必要があります。スライダーを使って割合を設定します。

また、スキャンするファイルやレコードを日付で絞り込むことも可能です。方法については、このトピックの後半のスケジュールをご覧ください。

詳細構成

Cloud Storage バケットまたは BigQuery テーブルのスキャンジョブを作成する際に、詳細構成を指定して検索を絞り込むことができます。具体的には、以下を構成できます。

  • ファイル(Cloud Storage のみ): スキャンするファイルの種類。テキスト、バイナリ、画像ファイルを含めることができます。
  • 識別フィールド(BigQuery のみ): テーブル内で一意の行識別子。
  • Cloud Storage の場合、[1 ファイルあたりのスキャンの最大バイト数] で指定したサイズを超えるファイルについては、機密データの保護はその最大サイズまでスキャンしてから次のファイルに進みます。

サンプリングを有効にするには、データのうち何パーセントをスキャンするかを指定する必要があります。スライダーを使って割合を設定します。次に、最初のメニューで、以下のいずれかのオプションを選択します。

  • 上からサンプリングを開始する: 機密データの保護は、データの先頭から部分スキャンを開始します。BigQuery の場合、最初の行からスキャンが開始されます。Cloud Storage の場合、各ファイルの先頭からスキャンが開始され、機密データの保護が指定された最大ファイルサイズまでスキャンするとスキャンが停止します(上記参照)。
  • ランダム スタートからサンプリングを開始する: 機密データの保護は、データ内のランダムな場所から部分スキャンを開始します。BigQuery の場合、ランダムな行からスキャンが開始されます。Cloud Storage の場合、この設定は、指定された最大サイズを超えるファイルにのみ適用されます。機密データの保護は、最大ファイルサイズ未満のファイルは全体をスキャンし、最大ファイルサイズを超えるファイルは最大サイズまでスキャンします。
ファイル

Cloud Storage に保存されているファイルの場合は、[ファイル] でスキャンに含めるファイルの種類を指定できます。

バイナリ、テキスト、画像、CSV、TSV、Microsoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint、PDF、Apache Avro ファイルから選択できます。機密データの保護が Cloud Storage バケット内でスキャンできるファイル拡張子の完全なリストについては、FileType をご覧ください。 [バイナリ] を選択すると、機密データの保護で認識されない形式のファイルがスキャンされます。

識別フィールド

BigQuery のテーブルの場合、[識別フィールド] フィールドで、クエリ結果にテーブルの主キー列の値を含めるように機密データの保護に指示できます。そうすることで、その検出結果が含まれるテーブル行に再びリンクできるようになります。

テーブル内の各行を一意に識別する列の名前を入力します。必要に応じて、ドット表記を使用してネストされたフィールドを指定します。追加できるフィールドの数に制限はありません。

また、検出結果を BigQuery にエクスポートするには、[BigQuery に保存] アクションを有効にする必要があります。検出結果が BigQuery にエクスポートされると、各検出結果には識別フィールドのそれぞれの値が含まれます。詳細については、identifyingFields をご覧ください。

検出を構成する

[検出の設定] セクションでは、スキャン対象のセンシティブ データの種類を指定します。このセクションは省略可能です。このセクションをスキップすると、機密データの保護は infoType のデフォルト セットをスキャンします。

テンプレート

必要に応じて、機密データの保護テンプレートを使用して、以前に指定した構成情報を再利用できます。

使用するテンプレートをすでに作成している場合は、[テンプレート名] フィールドをクリックして既存の検査テンプレートのリストを表示します。使用するテンプレートの名前を選択または入力します。

テンプレートの作成について詳しくは、機密データの保護の検査テンプレートの作成をご覧ください。

infoType

infoType 検出器は、特定の型の機密データを検出します。たとえば、機密データの保護に組み込みの US_SOCIAL_SECURITY_NUMBER を使用した infoType 検出器では、米国の社会保障番号が検出されます。組み込みの infoType 検出器に加えて、独自のカスタム infoType 検出器を作成できます。

[InfoType] で、スキャンするデータ型に対応する infoType 検出器を選択します。このセクションを空白のままにすることはおすすめしません。空白のままにすると、機密データの保護がデフォルトの infoType セットでスキャンを実行します。これには、不要な infoType が含まれる場合があります。それぞれの検出器の詳細については、InfoType 検出器リファレンスをご覧ください。

このセクションで組み込みとカスタム infoType を管理する方法については、Google Cloud コンソールを使用して infoType を管理するをご覧ください。

検査ルールセット
信頼度のしきい値

機密データの保護で機密データの一致候補が検出されるたびに、可能性の値が「かなり低い」から「かなり高い」までの尺度で割り当てられます。ここで可能性の値を設定すると、機密データの保護は、その可能性の値以上のデータの一致のみを検出するように指示されます。

「可能性あり」はデフォルト値で、ほとんどの用途に十分対応できます。検出される一致が常に、あまりに広範に及ぶ場合は、スライダーを右に動かしてください。一致が少なすぎる場合は、スライダーを左に動かしてください。

設定が完了したら、[続行] をクリックします。

アクションの追加

[アクションの追加] ステップには、ジョブの完了後に機密データの保護に実行させる 1 つ以上のアクションを選択します。

次のアクションを構成できます。

  • BigQuery に保存: 機密データの保護ジョブの結果を BigQuery テーブルに保存します。結果の表示や分析を行う前に、ジョブが完了していることを確認します。

    スキャンが実行されるたびに、機密データの保護は指定された BigQuery テーブルにスキャンの検出結果を保存します。エクスポートされた検出結果には、各検索結果の場所と一致の可能性に関する詳細が含まれています。各検出結果に infoType 検出器に一致する文字列を含めるには、[見積もりを含める] オプションを有効にします。

    テーブル ID を指定しなければ、スキャンの最初の実行時に BigQuery によってデフォルトの名前が新しいテーブルに割り当てられます。既存のテーブルを指定した場合、機密データの保護により検出結果がテーブルに追加されます。

    検出結果を BigQuery に保存しない場合、スキャン結果には検出結果の数と infoType に関する統計情報のみが含まれます。

    データが BigQuery テーブルに書き込まれると、課金と割り当て使用量は、宛先テーブルが含まれるプロジェクトに適用されます。

  • Pub/Sub に公開: 機密データの保護ジョブの名前を属性として含む通知を Pub/Sub チャンネルに公開します。通知メッセージの送信先とするトピックを 1 つ以上指定できます。スキャンジョブを実行する機密データの保護サービス アカウントに、トピックに対する公開アクセス権があることを確認します。

  • Security Command Center に公開: ジョブの結果の概要を Security Command Center に公開します。詳細については、機密データの保護のスキャン結果を Security Command Center に送信するをご覧ください。

  • Dataplex に公開: ジョブの結果を Google Cloud のメタデータ管理サービスである Dataplex に送信します。

  • メールで通知: ジョブが完了したときにメールを送信します。メールは IAM プロジェクト オーナーと技術的な重要な連絡先の技術担当者に送信されます。

  • Cloud Monitoring への公開: 検査結果を Google Cloud のオペレーション スイートの Cloud Monitoring に送信します。

  • 匿名化されたコピーを作成する: 検査されたデータ内の検出結果を匿名化し、匿名化されたコンテンツを新しいファイルに書き込みます。それにより、機密情報を含むデータの代わりに、ビジネス プロセスで匿名化されたコピーを使用できます。詳細については、Google Cloud コンソールで機密データの保護を使用して Cloud Storage データの匿名化されたコピーを作成するをご覧ください。

詳しくは、アクションをご覧ください。

アクションを選択し終えたら、[続行] をクリックします。

確認

[確認] セクションには、指定したジョブ設定の概要が JSON 形式で表示されます。

[作成] をクリックしてジョブを作成し(スケジュールを指定しなかった場合)、ジョブを 1 回実行します。ジョブの情報ページが表示され、ステータスなどの情報を確認できます。現在実行中のジョブがあれば、[キャンセル] ボタンをクリックして停止できます。[削除] をクリックしてジョブを削除することもできます。

機密データの保護のメインページに戻るには、Google Cloud コンソールの [戻る] 矢印をクリックします。

C#

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using System;
using System.Linq;
using Google.Api.Gax.ResourceNames;
using Google.Cloud.Dlp.V2;
using static Google.Cloud.Dlp.V2.StorageConfig.Types;

public class JobsCreate
{
    public static DlpJob CreateJob(string projectId, string gcsPath)
    {
        var dlp = DlpServiceClient.Create();

        var storageConfig = new StorageConfig
        {
            CloudStorageOptions = new CloudStorageOptions
            {
                FileSet = new CloudStorageOptions.Types.FileSet()
                {
                    Url = gcsPath
                }
            },
            TimespanConfig = new TimespanConfig
            {
                EnableAutoPopulationOfTimespanConfig = true
            }
        };

        var inspectConfig = new InspectConfig
        {
            InfoTypes = { new[] { "EMAIL_ADDRESS", "CREDIT_CARD_NUMBER" }.Select(it => new InfoType() { Name = it }) },
            IncludeQuote = true,
            MinLikelihood = Likelihood.Unlikely,
            Limits = new InspectConfig.Types.FindingLimits() { MaxFindingsPerItem = 100 }
        };

        var response = dlp.CreateDlpJob(new CreateDlpJobRequest
        {
            Parent = new LocationName(projectId, "global").ToString(),
            InspectJob = new InspectJobConfig
            {
                InspectConfig = inspectConfig,
                StorageConfig = storageConfig,
            }
        });

        Console.WriteLine($"Job: {response.Name} status: {response.State}");

        return response;
    }
}

Go

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	dlp "cloud.google.com/go/dlp/apiv2"
	"cloud.google.com/go/dlp/apiv2/dlppb"
)

// createJob creates an inspection job
func createJob(w io.Writer, projectID, gcsPath string, infoTypeNames []string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// gcsPath := "gs://" + "your-bucket-name" + "path/to/file.txt";
	// infoTypeNames := []string{"EMAIL_ADDRESS", "PERSON_NAME", "LOCATION", "PHONE_NUMBER"}

	ctx := context.Background()

	// Initialize a client once and reuse it to send multiple requests. Clients
	// are safe to use across goroutines. When the client is no longer needed,
	// call the Close method to cleanup its resources.
	client, err := dlp.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return err
	}

	// Closing the client safely cleans up background resources.
	defer client.Close()

	// Specify the GCS file to be inspected.
	storageConfig := &dlppb.StorageConfig{
		Type: &dlppb.StorageConfig_CloudStorageOptions{
			CloudStorageOptions: &dlppb.CloudStorageOptions{
				FileSet: &dlppb.CloudStorageOptions_FileSet{
					Url: gcsPath,
				},
			},
		},

		// Set autoPopulateTimespan to true to scan only new content.
		TimespanConfig: &dlppb.StorageConfig_TimespanConfig{
			EnableAutoPopulationOfTimespanConfig: true,
		},
	}

	// Specify the type of info the inspection will look for.
	// See https://cloud.google.com/dlp/docs/infotypes-reference for complete list of info types.
	var infoTypes []*dlppb.InfoType
	for _, c := range infoTypeNames {
		infoTypes = append(infoTypes, &dlppb.InfoType{Name: c})
	}

	inspectConfig := &dlppb.InspectConfig{
		InfoTypes:    infoTypes,
		IncludeQuote: true,

		// The minimum likelihood required before returning a match:
		// See: https://cloud.google.com/dlp/docs/likelihood
		MinLikelihood: dlppb.Likelihood_UNLIKELY,

		// The maximum number of findings to report (0 = server maximum)
		Limits: &dlppb.InspectConfig_FindingLimits{
			MaxFindingsPerItem: 100,
		},
	}

	// Create and send the request.
	req := dlppb.CreateDlpJobRequest{
		Parent: fmt.Sprintf("projects/%s/locations/global", projectID),
		Job: &dlppb.CreateDlpJobRequest_InspectJob{
			InspectJob: &dlppb.InspectJobConfig{
				InspectConfig: inspectConfig,
				StorageConfig: storageConfig,
			},
		},
	}

	// Send the request.
	response, err := client.CreateDlpJob(ctx, &req)
	if err != nil {
		return err
	}

	// Print the results.
	fmt.Fprintf(w, "Created a Dlp Job %v and Status is: %v", response.Name, response.State)
	return nil
}

Java

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import com.google.cloud.dlp.v2.DlpServiceClient;
import com.google.privacy.dlp.v2.Action;
import com.google.privacy.dlp.v2.CloudStorageOptions;
import com.google.privacy.dlp.v2.CreateDlpJobRequest;
import com.google.privacy.dlp.v2.DlpJob;
import com.google.privacy.dlp.v2.InfoType;
import com.google.privacy.dlp.v2.InspectConfig;
import com.google.privacy.dlp.v2.InspectJobConfig;
import com.google.privacy.dlp.v2.Likelihood;
import com.google.privacy.dlp.v2.LocationName;
import com.google.privacy.dlp.v2.StorageConfig;
import com.google.privacy.dlp.v2.StorageConfig.TimespanConfig;
import java.io.IOException;
import java.util.List;
import java.util.stream.Collectors;
import java.util.stream.Stream;

public class JobsCreate {

  public static void main(String[] args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String gcsPath = "gs://" + "your-bucket-name" + "path/to/file.txt";
    createJobs(projectId, gcsPath);
  }

  // Creates a DLP Job
  public static void createJobs(String projectId, String gcsPath) throws IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    try (DlpServiceClient dlpServiceClient = DlpServiceClient.create()) {

      // Set autoPopulateTimespan to true to scan only new content
      boolean autoPopulateTimespan = true;
      TimespanConfig timespanConfig =
          TimespanConfig.newBuilder()
              .setEnableAutoPopulationOfTimespanConfig(autoPopulateTimespan)
              .build();

      // Specify the GCS file to be inspected.
      CloudStorageOptions cloudStorageOptions =
          CloudStorageOptions.newBuilder()
              .setFileSet(CloudStorageOptions.FileSet.newBuilder().setUrl(gcsPath))
              .build();
      StorageConfig storageConfig =
          StorageConfig.newBuilder()
              .setCloudStorageOptions(cloudStorageOptions)
              .setTimespanConfig(timespanConfig)
              .build();

      // Specify the type of info the inspection will look for.
      // See https://cloud.google.com/dlp/docs/infotypes-reference for complete list of info types
      List<InfoType> infoTypes =
          Stream.of("EMAIL_ADDRESS", "PERSON_NAME", "LOCATION", "PHONE_NUMBER")
              .map(it -> InfoType.newBuilder().setName(it).build())
              .collect(Collectors.toList());
      // The minimum likelihood required before returning a match:
      // See: https://cloud.google.com/dlp/docs/likelihood
      Likelihood minLikelihood = Likelihood.UNLIKELY;

      // The maximum number of findings to report (0 = server maximum)
      InspectConfig.FindingLimits findingLimits =
          InspectConfig.FindingLimits.newBuilder().setMaxFindingsPerItem(100).build();

      InspectConfig inspectConfig =
          InspectConfig.newBuilder()
              .addAllInfoTypes(infoTypes)
              .setIncludeQuote(true)
              .setMinLikelihood(minLikelihood)
              .setLimits(findingLimits)
              .build();

      // Specify the action that is triggered when the job completes.
      Action.PublishSummaryToCscc publishSummaryToCscc =
          Action.PublishSummaryToCscc.getDefaultInstance();
      Action action = Action.newBuilder().setPublishSummaryToCscc(publishSummaryToCscc).build();

      // Configure the inspection job we want the service to perform.
      InspectJobConfig inspectJobConfig =
          InspectJobConfig.newBuilder()
              .setInspectConfig(inspectConfig)
              .setStorageConfig(storageConfig)
              .addActions(action)
              .build();

      // Construct the job creation request to be sent by the client.
      CreateDlpJobRequest createDlpJobRequest =
          CreateDlpJobRequest.newBuilder()
              .setParent(LocationName.of(projectId, "global").toString())
              .setInspectJob(inspectJobConfig)
              .build();

      // Send the job creation request and process the response.
      DlpJob createdDlpJob = dlpServiceClient.createDlpJob(createDlpJobRequest);
      System.out.println("Job created successfully: " + createdDlpJob.getName());
    }
  }
}

Node.js

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

// Imports the Google Cloud Data Loss Prevention library
const DLP = require('@google-cloud/dlp');

// Initialize google DLP Client
const dlp = new DLP.DlpServiceClient();

async function jobsCreate() {
  // Construct cloud storage configuration
  const cloudStorageConfig = {
    cloudStorageOptions: {
      fileSet: {
        url: cloudFileUrl,
      },
    },
    timespanConfig: {
      enableAutoPopulationOfTimespanConfig: true,
    },
  };

  // Construct inspect job configuration
  const inspectJob = {
    storageConfig: cloudStorageConfig,
  };

  // Construct inspect configuration
  const inspectConfig = {
    infoTypes: [
      {name: 'EMAIL_ADDRESS'},
      {name: 'PERSON_NAME'},
      {name: 'LOCATION'},
      {name: 'PHONE_NUMBER'},
    ],
    includeQuote: true,
    minLikelihood: DLP.protos.google.privacy.dlp.v2.Likelihood.LIKELY,
    excludeInfoTypes: false,
  };

  // Combine configurations into a request for the service.
  const request = {
    parent: `projects/${projectId}/locations/global`,
    inspectJob: inspectJob,
    inspectConfig: inspectConfig,
  };

  // Send the request and receive response from the service
  const [response] = await dlp.createDlpJob(request);
  // Print the results
  console.log(`Job created successfully: ${response.name}`);
}

jobsCreate();

PHP

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

use Google\Cloud\Dlp\V2\Action;
use Google\Cloud\Dlp\V2\Action\PublishSummaryToCscc;
use Google\Cloud\Dlp\V2\Client\DlpServiceClient;
use Google\Cloud\Dlp\V2\CloudStorageOptions;
use Google\Cloud\Dlp\V2\CloudStorageOptions\FileSet;
use Google\Cloud\Dlp\V2\CreateDlpJobRequest;
use Google\Cloud\Dlp\V2\InfoType;
use Google\Cloud\Dlp\V2\InspectConfig;
use Google\Cloud\Dlp\V2\InspectConfig\FindingLimits;
use Google\Cloud\Dlp\V2\InspectJobConfig;
use Google\Cloud\Dlp\V2\Likelihood;
use Google\Cloud\Dlp\V2\StorageConfig;
use Google\Cloud\Dlp\V2\StorageConfig\TimespanConfig;

/**
 * Creates an inspection job with the Cloud Data Loss Prevention API.
 *
 * @param string $callingProjectId  The project ID to run the API call under.
 * @param string $gcsPath           GCS file to be inspected. Example : gs://GOOGLE_STORAGE_BUCKET_NAME/dlp_sample.csv
 */
function create_job(
    string $callingProjectId,
    string $gcsPath
): void {
    // Instantiate a client.
    $dlp = new DlpServiceClient();

    // Set autoPopulateTimespan to true to scan only new content.
    $timespanConfig = (new TimespanConfig())
        ->setEnableAutoPopulationOfTimespanConfig(true);

    // Specify the GCS file to be inspected.
    $cloudStorageOptions = (new CloudStorageOptions())
        ->setFileSet((new FileSet())
            ->setUrl($gcsPath));
    $storageConfig = (new StorageConfig())
        ->setCloudStorageOptions(($cloudStorageOptions))
        ->setTimespanConfig($timespanConfig);

    // ----- Construct inspection config -----
    $emailAddressInfoType = (new InfoType())
        ->setName('EMAIL_ADDRESS');
    $personNameInfoType = (new InfoType())
        ->setName('PERSON_NAME');
    $locationInfoType = (new InfoType())
        ->setName('LOCATION');
    $phoneNumberInfoType = (new InfoType())
        ->setName('PHONE_NUMBER');
    $infoTypes = [$emailAddressInfoType, $personNameInfoType, $locationInfoType, $phoneNumberInfoType];

    // Whether to include the matching string in the response.
    $includeQuote = true;
    // The minimum likelihood required before returning a match.
    $minLikelihood = likelihood::LIKELIHOOD_UNSPECIFIED;

    // The maximum number of findings to report (0 = server maximum).
    $limits = (new FindingLimits())
        ->setMaxFindingsPerRequest(100);

    // Create the Inspect configuration object.
    $inspectConfig = (new InspectConfig())
        ->setMinLikelihood($minLikelihood)
        ->setLimits($limits)
        ->setInfoTypes($infoTypes)
        ->setIncludeQuote($includeQuote);

    // Specify the action that is triggered when the job completes.
    $action = (new Action())
        ->setPublishSummaryToCscc(new PublishSummaryToCscc());

    // Configure the inspection job we want the service to perform.
    $inspectJobConfig = (new InspectJobConfig())
        ->setInspectConfig($inspectConfig)
        ->setStorageConfig($storageConfig)
        ->setActions([$action]);

    // Send the job creation request and process the response.
    $parent = "projects/$callingProjectId/locations/global";
    $createDlpJobRequest = (new CreateDlpJobRequest())
        ->setParent($parent)
        ->setInspectJob($inspectJobConfig);
    $job = $dlp->createDlpJob($createDlpJobRequest);

    // Print results.
    printf($job->getName());
}

Python

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import google.cloud.dlp

def create_dlp_job(
    project: str,
    bucket: str,
    info_types: list[str],
    job_id: str = None,
    max_findings: int = 100,
    auto_populate_timespan: bool = True,
) -> None:
    """Uses the Data Loss Prevention API to create a DLP job.
    Args:
        project: The project id to use as a parent resource.
        bucket: The name of the GCS bucket to scan. This sample scans all
            files in the bucket.
        info_types: A list of strings representing info types to look for.
            A full list of info type categories can be fetched from the API.
        job_id: The id of the job. If omitted, an id will be randomly generated.
        max_findings: The maximum number of findings to report; 0 = no maximum.
        auto_populate_timespan: Automatically populates time span config start
            and end times in order to scan new content only.
    """

    # Instantiate a client.
    dlp = google.cloud.dlp_v2.DlpServiceClient()

    # Convert the project id into a full resource id.
    parent = f"projects/{project}"

    # Prepare info_types by converting the list of strings into a list of
    # dictionaries (protos are also accepted).
    info_types = [{"name": info_type} for info_type in info_types]

    # Construct the configuration dictionary. Keys which are None may
    # optionally be omitted entirely.
    inspect_config = {
        "info_types": info_types,
        "min_likelihood": google.cloud.dlp_v2.Likelihood.UNLIKELY,
        "limits": {"max_findings_per_request": max_findings},
        "include_quote": True,
    }

    # Construct a cloud_storage_options dictionary with the bucket's URL.
    url = f"gs://{bucket}/*"
    storage_config = {
        "cloud_storage_options": {"file_set": {"url": url}},
        # Time-based configuration for each storage object.
        "timespan_config": {
            # Auto-populate start and end times in order to scan new objects
            # only.
            "enable_auto_population_of_timespan_config": auto_populate_timespan
        },
    }

    # Construct the job definition.
    job = {"inspect_config": inspect_config, "storage_config": storage_config}

    # Call the API.
    response = dlp.create_dlp_job(
        request={"parent": parent, "inspect_job": job, "job_id": job_id}
    )

    # Print out the result.
    print(f"Job : {response.name} status: {response.state}")

REST

ジョブは、DLP API で DlpJobs リソースによって表現されます。DlpJob リソースの projects.dlpJobs.create メソッドを使用して新しいジョブを作成できます。

このサンプル JSON は、POST リクエストによって、指定された機密データの保護 REST エンドポイントに送信できます。このサンプル JSON は、機密データの保護でジョブを作成する方法を示しています。ジョブは、Datastore 検査スキャンです。

以下に埋め込まれている API Explorer を使用すれば、これをすぐに試すことができます。リクエストが API Explorer で作成された場合でも、リクエストが正常な場合は、ジョブが作成されることに注意してください。JSON を使用して DLP API にリクエストを送信する方法については、JSON クイックスタートをご覧ください。

JSON 入力:

{
  "inspectJob": {
    "storageConfig": {
      "bigQueryOptions": {
        "tableReference": {
          "projectId": "bigquery-public-data",
          "datasetId": "san_francisco_sfpd_incidents",
          "tableId": "sfpd_incidents"
        }
      },
      "timespanConfig": {
        "startTime": "2020-01-01T00:00:01Z",
        "endTime": "2020-01-31T23:59:59Z",
        "timestampField": {
          "name": "timestamp"
        }
      }
    },
    "inspectConfig": {
      "infoTypes": [
        {
          "name": "PERSON_NAME"
        },
        {
          "name": "STREET_ADDRESS"
        }
      ],
      "excludeInfoTypes": false,
      "includeQuote": true,
      "minLikelihood": "LIKELY"
    },
    "actions": [
      {
        "saveFindings": {
          "outputConfig": {
            "table": {
              "projectId": "[PROJECT-ID]",
              "datasetId": "[DATASET-ID]"
            }
          }
        }
      }
    ]
  }
}

JSON 出力:

次の出力は、ジョブが正常に作成されたことを示しています。

{
  "name": "projects/[PROJECT-ID]/dlpJobs/[JOB-ID]",
  "type": "INSPECT_JOB",
  "state": "PENDING",
  "inspectDetails": {
    "requestedOptions": {
      "snapshotInspectTemplate": {},
      "jobConfig": {
        "storageConfig": {
          "bigQueryOptions": {
            "tableReference": {
              "projectId": "bigquery-public-data",
              "datasetId": "san_francisco_sfpd_incidents",
              "tableId": "sfpd_incidents"
            }
          },
          "timespanConfig": {
            "startTime": "2020-01-01T00:00:01Z",
            "endTime": "2020-01-31T23:59:59Z",
            "timestampField": {
              "name": "timestamp"
            }
          }
        },
        "inspectConfig": {
          "infoTypes": [
            {
              "name": "PERSON_NAME"
            },
            {
              "name": "STREET_ADDRESS"
            }
          ],
          "minLikelihood": "LIKELY",
          "limits": {},
          "includeQuote": true
        },
        "actions": [
          {
            "saveFindings": {
              "outputConfig": {
                "table": {
                  "projectId": "[PROJECT-ID]",
                  "datasetId": "[DATASET-ID]",
                  "tableId": "[TABLE-ID]"
                }
              }
            }
          }
        ]
      }
    },
    "result": {}
  },
  "createTime": "2020-07-10T07:26:33.643Z"
}

新しいジョブトリガーを作成する

新しい機密データの保護のジョブトリガーを作成するには、次のようにします。

コンソール

Google Cloud Console の [機密データ保持] セクションで、[ジョブまたはジョブトリガーを作成] ページに移動します。

[ジョブまたはジョブトリガーを作成] に移動

[ジョブまたはジョブトリガーを作成] ページには、次のセクションがあります。

入力データを選択

名前

ジョブトリガーの名前を入力します。文字、数字、ハイフンを使用できます。 ジョブトリガーの名前は省略可能です。名前を入力しない場合、機密データの保護によってジョブトリガーに一意の番号識別子が割り当てられます。

ロケーション

[ストレージの種類] メニューで、スキャンするデータが保存されているリポジトリの種類を選択します。

  • Cloud Storage: スキャンするバケットの URL を入力します。または、[ロケーション タイプ] メニューから [含める / 含めない] を選択した後、[BROWSE] をクリックしてスキャン対象のバケットまたはサブフォルダに移動します。指定したディレクトリとそこに含まれるすべてのディレクトリをスキャンするには、[フォルダを再帰的にスキャンする] チェックボックスをオンにします。下位ディレクトリを対象にせず、指定したディレクトリだけをスキャンする場合は、このチェックボックスはオフのままにします。
  • BigQuery: スキャンするプロジェクト、データセット、テーブルの識別子を入力します。
  • Datastore: スキャンするプロジェクト、名前空間(省略可能)、種類の識別子を入力します。

サンプリング

サンプリングは、大量のデータがある場合にリソースを節約するオプションの方法です。

[サンプリング] では、選択したすべてのデータをスキャンするか、特定の割合のデータだけをスキャンしてサンプリングを行うかを選択できます。サンプリングは、スキャンするストレージ リポジトリの種類によって動作が異なります。

  • BigQuery の場合、スキャンに含めるように指定したファイルの割合に応じて、選択された合計行数のサブセットをサンプリングします。
  • Cloud Storage の場合、[1 ファイルあたりのスキャンの最大バイト数] で指定したサイズを超えるファイルについては、機密データの保護はその最大サイズまでスキャンしてから次のファイルに進みます。

サンプリングを有効にするには、最初のメニューで、以下のいずれかのオプションを選択します。

  • 上からサンプリングを開始する: 機密データの保護は、データの先頭から部分スキャンを開始します。BigQuery の場合、最初の行からスキャンが開始されます。Cloud Storage の場合、各ファイルの先頭からスキャンが開始され、機密データの保護が指定された最大ファイルサイズまでスキャンするとスキャンが停止します(上記参照)。
  • ランダム スタートからサンプリングを開始する: 機密データの保護は、データ内のランダムな場所から部分スキャンを開始します。BigQuery の場合、ランダムな行からスキャンが開始されます。Cloud Storage の場合、この設定は、指定された最大サイズを超えるファイルにのみ適用されます。機密データの保護は、最大ファイルサイズ未満のファイルは全体をスキャンし、最大ファイルサイズを超えるファイルは最大サイズまでスキャンします。

部分スキャンを実行するには、データのうち何パーセントをスキャンするかを指定する必要があります。スライダーを使って割合を設定します。

詳細構成

Cloud Storage バケットまたは BigQuery テーブルのスキャン ジョブトリガーを作成する際に、詳細構成を指定して検索を絞り込むことができます。具体的には、以下を構成できます。

  • ファイル(Cloud Storage のみ): スキャンするファイルの種類。テキスト、バイナリ、画像ファイルを含めることができます。
  • 識別フィールド(BigQuery のみ): テーブル内で一意の行識別子。
  • Cloud Storage の場合、[1 ファイルあたりのスキャンの最大バイト数] で指定したサイズを超えるファイルについては、機密データの保護はその最大サイズまでスキャンしてから次のファイルに進みます。

サンプリングを有効にするには、データのうち何パーセントをスキャンするかを指定する必要があります。スライダーを使って割合を設定します。次に、最初のメニューで、以下のいずれかのオプションを選択します。

  • 上からサンプリングを開始する: 機密データの保護は、データの先頭から部分スキャンを開始します。BigQuery の場合、最初の行からスキャンが開始されます。Cloud Storage の場合、各ファイルの先頭からスキャンが開始され、機密データの保護が指定された最大ファイルサイズまでスキャンするとスキャンが停止します(上記参照)。
  • ランダム スタートからサンプリングを開始する: 機密データの保護は、データ内のランダムな場所から部分スキャンを開始します。BigQuery の場合、ランダムな行からスキャンが開始されます。Cloud Storage の場合、この設定は、指定された最大サイズを超えるファイルにのみ適用されます。機密データの保護は、最大ファイルサイズ未満のファイルは全体をスキャンし、最大ファイルサイズを超えるファイルは最大サイズまでスキャンします。

ファイル

Cloud Storage に保存されているファイルの場合は、[ファイル] でスキャンに含めるファイルの種類を指定できます。

バイナリ、テキスト、画像、Microsoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint、PDF、Apache Avro ファイルから選択できます。機密データの保護が Cloud Storage バケット内でスキャンできるファイル拡張子の完全なリストについては、FileType をご覧ください。 [バイナリ] を選択すると、機密データの保護で認識されない形式のファイルがスキャンされます。

識別フィールド

BigQuery のテーブルの場合、[識別フィールド] フィールドで、クエリ結果にテーブルの主キー列の値を含めるように機密データの保護に指示できます。そうすることで、その検出結果が含まれるテーブル行に再びリンクできるようになります。

テーブル内の各行を一意に識別する列の名前を入力します。必要に応じて、ドット表記を使用してネストされたフィールドを指定します。追加できるフィールドの数に制限はありません。

また、検出結果を BigQuery にエクスポートするには、[BigQuery に保存] アクションを有効にする必要があります。検出結果が BigQuery にエクスポートされると、各検出結果には識別フィールドのそれぞれの値が含まれます。詳細については、identifyingFields をご覧ください。

検出を構成する

[検出の設定] セクションでは、スキャン対象のセンシティブ データの種類を指定します。このセクションは省略可能です。このセクションをスキップすると、機密データの保護は infoType のデフォルト セットをスキャンします。

テンプレート

必要に応じて、機密データの保護テンプレートを使用して、以前に指定した構成情報を再利用できます。

使用するテンプレートをすでに作成している場合は、[テンプレート名] フィールドをクリックして既存の検査テンプレートのリストを表示します。使用するテンプレートの名前を選択または入力します。

テンプレートの作成について詳しくは、機密データの保護の検査テンプレートの作成をご覧ください。

infoType

infoType 検出器は、特定の型の機密データを検出します。たとえば、機密データの保護に組み込みの US_SOCIAL_SECURITY_NUMBER を使用した infoType 検出器では、米国の社会保障番号が検出されます。組み込みの infoType 検出器に加えて、独自のカスタム infoType 検出器を作成できます。

[InfoType] で、スキャンするデータ型に対応する infoType 検出器を選択します。このフィールドを空白のままにして、デフォルトのすべての infoTypes をスキャン対象にすることもできます。それぞれの検出器の詳細については、InfoType 検出器リファレンスをご覧ください。

また、[カスタム infoType] セクションでカスタム infoType 検出器を追加し、[検査ルールセット] セクションで組み込みとカスタムの両方の infoType 検出器をカスタマイズできます。

カスタム infoType
検査ルールセット
信頼度のしきい値

機密データの保護で機密データの一致候補が検出されるたびに、可能性の値が「かなり低い」から「かなり高い」までの尺度で割り当てられます。ここで可能性の値を設定すると、機密データの保護は、その可能性の値以上のデータの一致のみを検出するように指示されます。

「可能性あり」はデフォルト値で、ほとんどの用途に十分対応できます。検出される一致が常に、あまりに広範に及ぶ場合は、スライダーを右に動かしてください。一致が少なすぎる場合は、スライダーを左に動かしてください。

設定が完了したら、[続行] をクリックします。

アクションの追加

[アクションの追加] ステップには、ジョブの完了後に機密データの保護に実行させる 1 つ以上のアクションを選択します。

次のアクションを構成できます。

  • BigQuery に保存: 機密データの保護ジョブの結果を BigQuery テーブルに保存します。結果の表示や分析を行う前に、ジョブが完了していることを確認します。

    スキャンが実行されるたびに、機密データの保護は指定された BigQuery テーブルにスキャンの検出結果を保存します。エクスポートされた検出結果には、各検索結果の場所と一致の可能性に関する詳細が含まれています。各検出結果に infoType 検出器に一致する文字列を含めるには、[見積もりを含める] オプションを有効にします。

    テーブル ID を指定しなければ、スキャンの最初の実行時に BigQuery によってデフォルトの名前が新しいテーブルに割り当てられます。既存のテーブルを指定した場合、機密データの保護により検出結果がテーブルに追加されます。

    検出結果を BigQuery に保存しない場合、スキャン結果には検出結果の数と infoType に関する統計情報のみが含まれます。

    データが BigQuery テーブルに書き込まれると、課金と割り当て使用量は、宛先テーブルが含まれるプロジェクトに適用されます。

  • Pub/Sub に公開: 機密データの保護ジョブの名前を属性として含む通知を Pub/Sub チャンネルに公開します。通知メッセージの送信先とするトピックを 1 つ以上指定できます。スキャンジョブを実行する機密データの保護サービス アカウントに、トピックに対する公開アクセス権があることを確認します。

  • Security Command Center に公開: ジョブの結果の概要を Security Command Center に公開します。詳細については、機密データの保護のスキャン結果を Security Command Center に送信するをご覧ください。

  • Dataplex に公開: ジョブの結果を Google Cloud のメタデータ管理サービスである Dataplex に送信します。

  • メールで通知: ジョブが完了したときにメールを送信します。メールは IAM プロジェクト オーナーと技術的な重要な連絡先の技術担当者に送信されます。

  • Cloud Monitoring への公開: 検査結果を Google Cloud のオペレーション スイートの Cloud Monitoring に送信します。

  • 匿名化されたコピーを作成する: 検査されたデータ内の検出結果を匿名化し、匿名化されたコンテンツを新しいファイルに書き込みます。それにより、機密情報を含むデータの代わりに、ビジネス プロセスで匿名化されたコピーを使用できます。詳細については、Google Cloud コンソールで機密データの保護を使用して Cloud Storage データの匿名化されたコピーを作成するをご覧ください。

詳しくは、アクションをご覧ください。

アクションを選択し終えたら、[続行] をクリックします。

スケジュール

[スケジュール] セクションでは、次の 2 つのことが行えます。

  • 期間を指定: このオプションを選択すると、スキャンするファイルまたは行が日付で制限されます。[開始時刻] をクリックして、対象に含めるファイルの一番古いタイムスタンプを指定します。すべてのファイルを指定するには、この値を空白のままにします。[終了時刻] をクリックして、対象に含めるファイルの一番新しいタイムスタンプを指定します。タイムスタンプの上限を指定しない場合は、この値を空白のままにします。
  • 周期スケジュールでジョブを実行するトリガーを作成: このオプションを選択すると、ジョブトリガーが作成され、周期スケジュールで指定したジョブを実行するように設定されます。デフォルト値は最小値の「24 時間」、最大値は「60 日」です。機密データの保護で新しいファイルまたは行のみをスキャンする場合は、[スキャンを新しいコンテンツのみに制限する] チェックボックスをオンにします。

確認

[確認] セクションには、指定したジョブ設定の概要が JSON 形式で表示されます。

[作成] をクリックして、ジョブトリガーを作成します(スケジュールを指定した場合)。ジョブトリガーの情報ページが開き、ステータスとその他の情報が表示されます。現在実行中のジョブがあれば、[キャンセル] ボタンをクリックして停止できます。[削除] をクリックしてジョブトリガーを削除することもできます。

機密データの保護のメインページに戻るには、Google Cloud コンソールの [戻る] 矢印をクリックします。

C#

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using Google.Api.Gax.ResourceNames;
using Google.Cloud.Dlp.V2;
using System;
using System.Collections.Generic;
using static Google.Cloud.Dlp.V2.CloudStorageOptions.Types;
using static Google.Cloud.Dlp.V2.InspectConfig.Types;
using static Google.Cloud.Dlp.V2.JobTrigger.Types;
using static Google.Cloud.Dlp.V2.StorageConfig.Types;

public class TriggersCreate
{
    public static JobTrigger Create(
        string projectId,
        string bucketName,
        Likelihood minLikelihood,
        int maxFindings,
        bool autoPopulateTimespan,
        int scanPeriod,
        IEnumerable<InfoType> infoTypes,
        string triggerId,
        string displayName,
        string description)
    {
        var dlp = DlpServiceClient.Create();

        var jobConfig = new InspectJobConfig
        {
            InspectConfig = new InspectConfig
            {
                MinLikelihood = minLikelihood,
                Limits = new FindingLimits
                {
                    MaxFindingsPerRequest = maxFindings
                },
                InfoTypes = { infoTypes }
            },
            StorageConfig = new StorageConfig
            {
                CloudStorageOptions = new CloudStorageOptions
                {
                    FileSet = new FileSet
                    {
                        Url = $"gs://{bucketName}/*"
                    }
                },
                TimespanConfig = new TimespanConfig
                {
                    EnableAutoPopulationOfTimespanConfig = autoPopulateTimespan
                }
            }
        };

        var jobTrigger = new JobTrigger
        {
            Triggers =
            {
                new Trigger
                {
                    Schedule = new Schedule
                    {
                        RecurrencePeriodDuration = new Google.Protobuf.WellKnownTypes.Duration
                        {
                            Seconds = scanPeriod * 60 * 60 * 24
                        }
                    }
                }
            },
            InspectJob = jobConfig,
            Status = Status.Healthy,
            DisplayName = displayName,
            Description = description
        };

        var response = dlp.CreateJobTrigger(
            new CreateJobTriggerRequest
            {
                Parent = new LocationName(projectId, "global").ToString(),
                JobTrigger = jobTrigger,
                TriggerId = triggerId
            });

        Console.WriteLine($"Successfully created trigger {response.Name}");
        return response;
    }
}

Go

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	dlp "cloud.google.com/go/dlp/apiv2"
	"cloud.google.com/go/dlp/apiv2/dlppb"
	"github.com/golang/protobuf/ptypes/duration"
)

// createTrigger creates a trigger with the given configuration.
func createTrigger(w io.Writer, projectID string, triggerID, displayName, description, bucketName string, infoTypeNames []string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// triggerID := "my-trigger"
	// displayName := "My Trigger"
	// description := "My trigger description"
	// bucketName := "my-bucket"
	// infoTypeNames := []string{"US_SOCIAL_SECURITY_NUMBER"}

	ctx := context.Background()

	client, err := dlp.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("dlp.NewClient: %w", err)
	}
	defer client.Close()

	// Convert the info type strings to a list of InfoTypes.
	var infoTypes []*dlppb.InfoType
	for _, it := range infoTypeNames {
		infoTypes = append(infoTypes, &dlppb.InfoType{Name: it})
	}

	// Create a configured request.
	req := &dlppb.CreateJobTriggerRequest{
		Parent:    fmt.Sprintf("projects/%s/locations/global", projectID),
		TriggerId: triggerID,
		JobTrigger: &dlppb.JobTrigger{
			DisplayName: displayName,
			Description: description,
			Status:      dlppb.JobTrigger_HEALTHY,
			// Triggers control when the job will start.
			Triggers: []*dlppb.JobTrigger_Trigger{
				{
					Trigger: &dlppb.JobTrigger_Trigger_Schedule{
						Schedule: &dlppb.Schedule{
							Option: &dlppb.Schedule_RecurrencePeriodDuration{
								RecurrencePeriodDuration: &duration.Duration{
									Seconds: 10 * 60 * 60 * 24, // 10 days in seconds.
								},
							},
						},
					},
				},
			},
			// Job configures the job to run when the trigger runs.
			Job: &dlppb.JobTrigger_InspectJob{
				InspectJob: &dlppb.InspectJobConfig{
					InspectConfig: &dlppb.InspectConfig{
						InfoTypes:     infoTypes,
						MinLikelihood: dlppb.Likelihood_POSSIBLE,
						Limits: &dlppb.InspectConfig_FindingLimits{
							MaxFindingsPerRequest: 10,
						},
					},
					StorageConfig: &dlppb.StorageConfig{
						Type: &dlppb.StorageConfig_CloudStorageOptions{
							CloudStorageOptions: &dlppb.CloudStorageOptions{
								FileSet: &dlppb.CloudStorageOptions_FileSet{
									Url: "gs://" + bucketName + "/*",
								},
							},
						},
						// Time-based configuration for each storage object. See more at
						// https://cloud.google.com/dlp/docs/reference/rest/v2/InspectJobConfig#TimespanConfig
						TimespanConfig: &dlppb.StorageConfig_TimespanConfig{
							// Auto-populate start and end times in order to scan new objects only.
							EnableAutoPopulationOfTimespanConfig: true,
						},
					},
				},
			},
		},
	}

	// Send the request.
	resp, err := client.CreateJobTrigger(ctx, req)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("CreateJobTrigger: %w", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Successfully created trigger: %v", resp.GetName())
	return nil
}

Java

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import com.google.cloud.dlp.v2.DlpServiceClient;
import com.google.privacy.dlp.v2.CloudStorageOptions;
import com.google.privacy.dlp.v2.CreateJobTriggerRequest;
import com.google.privacy.dlp.v2.InfoType;
import com.google.privacy.dlp.v2.InspectConfig;
import com.google.privacy.dlp.v2.InspectJobConfig;
import com.google.privacy.dlp.v2.JobTrigger;
import com.google.privacy.dlp.v2.LocationName;
import com.google.privacy.dlp.v2.Schedule;
import com.google.privacy.dlp.v2.StorageConfig;
import com.google.privacy.dlp.v2.StorageConfig.TimespanConfig;
import com.google.protobuf.Duration;
import java.io.IOException;
import java.util.List;
import java.util.stream.Collectors;
import java.util.stream.Stream;

public class TriggersCreate {

  public static void main(String[] args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String gcsPath = "gs://" + "your-bucket-name" + "path/to/file.txt";
    createTrigger(projectId, gcsPath);
  }

  public static void createTrigger(String projectId, String gcsPath) throws IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    try (DlpServiceClient dlpServiceClient = DlpServiceClient.create()) {

      // Set autoPopulateTimespan to true to scan only new content
      boolean autoPopulateTimespan = true;
      TimespanConfig timespanConfig =
          TimespanConfig.newBuilder()
              .setEnableAutoPopulationOfTimespanConfig(autoPopulateTimespan)
              .build();

      // Specify the GCS file to be inspected.
      CloudStorageOptions cloudStorageOptions =
          CloudStorageOptions.newBuilder()
              .setFileSet(CloudStorageOptions.FileSet.newBuilder().setUrl(gcsPath))
              .build();
      StorageConfig storageConfig =
          StorageConfig.newBuilder()
              .setCloudStorageOptions(cloudStorageOptions)
              .setTimespanConfig(timespanConfig)
              .build();

      // Specify the type of info the inspection will look for.
      // See https://cloud.google.com/dlp/docs/infotypes-reference for complete list of info types
      List<InfoType> infoTypes =
          Stream.of("PHONE_NUMBER", "EMAIL_ADDRESS", "CREDIT_CARD_NUMBER")
              .map(it -> InfoType.newBuilder().setName(it).build())
              .collect(Collectors.toList());

      InspectConfig inspectConfig = InspectConfig.newBuilder().addAllInfoTypes(infoTypes).build();

      // Configure the inspection job we want the service to perform.
      InspectJobConfig inspectJobConfig =
          InspectJobConfig.newBuilder()
              .setInspectConfig(inspectConfig)
              .setStorageConfig(storageConfig)
              .build();

      // Set scanPeriod to the number of days between scans (minimum: 1 day)
      int scanPeriod = 1;

      // Optionally set a display name of max 100 chars and a description of max 250 chars
      String displayName = "Daily Scan";
      String description = "A daily inspection for personally identifiable information.";

      // Schedule scan of GCS bucket every scanPeriod number of days (minimum = 1 day)
      Duration duration = Duration.newBuilder().setSeconds(scanPeriod * 24 * 3600).build();
      Schedule schedule = Schedule.newBuilder().setRecurrencePeriodDuration(duration).build();
      JobTrigger.Trigger trigger = JobTrigger.Trigger.newBuilder().setSchedule(schedule).build();
      JobTrigger jobTrigger =
          JobTrigger.newBuilder()
              .setInspectJob(inspectJobConfig)
              .setDisplayName(displayName)
              .setDescription(description)
              .setStatus(JobTrigger.Status.HEALTHY)
              .addTriggers(trigger)
              .build();

      // Create scan request to be sent by client
      CreateJobTriggerRequest createJobTriggerRequest =
          CreateJobTriggerRequest.newBuilder()
              .setParent(LocationName.of(projectId, "global").toString())
              .setJobTrigger(jobTrigger)
              .build();

      // Send the scan request and process the response
      JobTrigger createdJobTrigger = dlpServiceClient.createJobTrigger(createJobTriggerRequest);

      System.out.println("Created Trigger: " + createdJobTrigger.getName());
      System.out.println("Display Name: " + createdJobTrigger.getDisplayName());
      System.out.println("Description: " + createdJobTrigger.getDescription());
    }
  }
}

Node.js

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

// Imports the Google Cloud Data Loss Prevention library
const DLP = require('@google-cloud/dlp');

// Instantiates a client
const dlp = new DLP.DlpServiceClient();

// The project ID to run the API call under
// const projectId = 'my-project';

// (Optional) The name of the trigger to be created.
// const triggerId = 'my-trigger';

// (Optional) A display name for the trigger to be created
// const displayName = 'My Trigger';

// (Optional) A description for the trigger to be created
// const description = "This is a sample trigger.";

// The name of the bucket to scan.
// const bucketName = 'YOUR-BUCKET';

// Limit scan to new content only.
// const autoPopulateTimespan = true;

// How often to wait between scans, in days (minimum = 1 day)
// const scanPeriod = 1;

// The infoTypes of information to match
// const infoTypes = [{ name: 'PHONE_NUMBER' }, { name: 'EMAIL_ADDRESS' }, { name: 'CREDIT_CARD_NUMBER' }];

// The minimum likelihood required before returning a match
// const minLikelihood = 'LIKELIHOOD_UNSPECIFIED';

// The maximum number of findings to report per request (0 = server maximum)
// const maxFindings = 0;

async function createTrigger() {
  // Get reference to the bucket to be inspected
  const storageItem = {
    cloudStorageOptions: {
      fileSet: {url: `gs://${bucketName}/*`},
    },
    timeSpanConfig: {
      enableAutoPopulationOfTimespanConfig: autoPopulateTimespan,
    },
  };

  // Construct job to be triggered
  const job = {
    inspectConfig: {
      infoTypes: infoTypes,
      minLikelihood: minLikelihood,
      limits: {
        maxFindingsPerRequest: maxFindings,
      },
    },
    storageConfig: storageItem,
  };

  // Construct trigger creation request
  const request = {
    parent: `projects/${projectId}/locations/global`,
    jobTrigger: {
      inspectJob: job,
      displayName: displayName,
      description: description,
      triggers: [
        {
          schedule: {
            recurrencePeriodDuration: {
              seconds: scanPeriod * 60 * 60 * 24, // Trigger the scan daily
            },
          },
        },
      ],
      status: 'HEALTHY',
    },
    triggerId: triggerId,
  };

  // Run trigger creation request
  const [trigger] = await dlp.createJobTrigger(request);
  console.log(`Successfully created trigger ${trigger.name}.`);
}

createTrigger();

PHP

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

use Google\Cloud\Dlp\V2\Client\DlpServiceClient;
use Google\Cloud\Dlp\V2\CloudStorageOptions;
use Google\Cloud\Dlp\V2\CloudStorageOptions\FileSet;
use Google\Cloud\Dlp\V2\CreateJobTriggerRequest;
use Google\Cloud\Dlp\V2\InfoType;
use Google\Cloud\Dlp\V2\InspectConfig;
use Google\Cloud\Dlp\V2\InspectConfig\FindingLimits;
use Google\Cloud\Dlp\V2\InspectJobConfig;
use Google\Cloud\Dlp\V2\JobTrigger;
use Google\Cloud\Dlp\V2\JobTrigger\Status;
use Google\Cloud\Dlp\V2\JobTrigger\Trigger;
use Google\Cloud\Dlp\V2\Likelihood;
use Google\Cloud\Dlp\V2\Schedule;
use Google\Cloud\Dlp\V2\StorageConfig;
use Google\Cloud\Dlp\V2\StorageConfig\TimespanConfig;
use Google\Protobuf\Duration;

/**
 * Create a Data Loss Prevention API job trigger.
 *
 * @param string $callingProjectId     The project ID to run the API call under
 * @param string $bucketName           The name of the bucket to scan
 * @param string $triggerId            (Optional) The name of the trigger to be created
 * @param string $displayName          (Optional) The human-readable name to give the trigger
 * @param string $description          (Optional) A description for the trigger to be created
 * @param int    $scanPeriod           (Optional) How often to wait between scans, in days (minimum = 1 day)
 * @param bool   $autoPopulateTimespan (Optional) Automatically limit scan to new content only
 * @param int    $maxFindings          (Optional) The maximum number of findings to report per request (0 = server maximum)
 */
function create_trigger(
    string $callingProjectId,
    string $bucketName,
    string $triggerId,
    string $displayName,
    string $description,
    int $scanPeriod,
    bool $autoPopulateTimespan,
    int $maxFindings
): void {
    // Instantiate a client.
    $dlp = new DlpServiceClient();

    // ----- Construct job config -----
    // The infoTypes of information to match
    $personNameInfoType = (new InfoType())
        ->setName('PERSON_NAME');
    $phoneNumberInfoType = (new InfoType())
        ->setName('PHONE_NUMBER');
    $infoTypes = [$personNameInfoType, $phoneNumberInfoType];

    // The minimum likelihood required before returning a match
    $minLikelihood = likelihood::LIKELIHOOD_UNSPECIFIED;

    // Specify finding limits
    $limits = (new FindingLimits())
        ->setMaxFindingsPerRequest($maxFindings);

    // Create the inspectConfig object
    $inspectConfig = (new InspectConfig())
        ->setMinLikelihood($minLikelihood)
        ->setLimits($limits)
        ->setInfoTypes($infoTypes);

    // Create triggers
    $duration = (new Duration())
        ->setSeconds($scanPeriod * 60 * 60 * 24);

    $schedule = (new Schedule())
        ->setRecurrencePeriodDuration($duration);

    $triggerObject = (new Trigger())
        ->setSchedule($schedule);

    // Create the storageConfig object
    $fileSet = (new FileSet())
        ->setUrl('gs://' . $bucketName . '/*');

    $storageOptions = (new CloudStorageOptions())
        ->setFileSet($fileSet);

    // Auto-populate start and end times in order to scan new objects only.
    $timespanConfig = (new TimespanConfig())
        ->setEnableAutoPopulationOfTimespanConfig($autoPopulateTimespan);

    $storageConfig = (new StorageConfig())
        ->setCloudStorageOptions($storageOptions)
        ->setTimespanConfig($timespanConfig);

    // Construct the jobConfig object
    $jobConfig = (new InspectJobConfig())
        ->setInspectConfig($inspectConfig)
        ->setStorageConfig($storageConfig);

    // ----- Construct trigger object -----
    $jobTriggerObject = (new JobTrigger())
        ->setTriggers([$triggerObject])
        ->setInspectJob($jobConfig)
        ->setStatus(Status::HEALTHY)
        ->setDisplayName($displayName)
        ->setDescription($description);

    // Run trigger creation request
    $parent = $dlp->locationName($callingProjectId, 'global');
    $createJobTriggerRequest = (new CreateJobTriggerRequest())
        ->setParent($parent)
        ->setJobTrigger($jobTriggerObject)
        ->setTriggerId($triggerId);
    $trigger = $dlp->createJobTrigger($createJobTriggerRequest);

    // Print results
    printf('Successfully created trigger %s' . PHP_EOL, $trigger->getName());
}

Python

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

from typing import Optional

import google.cloud.dlp

def create_trigger(
    project: str,
    bucket: str,
    scan_period_days: int,
    info_types: List[str],
    trigger_id: Optional[str] = None,
    display_name: Optional[str] = None,
    description: Optional[str] = None,
    min_likelihood: Optional[int] = None,
    max_findings: Optional[int] = None,
    auto_populate_timespan: Optional[bool] = False,
) -> None:
    """Creates a scheduled Data Loss Prevention API inspect_content trigger.
    Args:
        project: The Google Cloud project id to use as a parent resource.
        bucket: The name of the GCS bucket to scan. This sample scans all
            files in the bucket using a wildcard.
        scan_period_days: How often to repeat the scan, in days.
            The minimum is 1 day.
        info_types: A list of strings representing info types to look for.
            A full list of info type categories can be fetched from the API.
        trigger_id: The id of the trigger. If omitted, an id will be randomly
            generated.
        display_name: The optional display name of the trigger.
        description: The optional description of the trigger.
        min_likelihood: A string representing the minimum likelihood threshold
            that constitutes a match. One of: 'LIKELIHOOD_UNSPECIFIED',
            'VERY_UNLIKELY', 'UNLIKELY', 'POSSIBLE', 'LIKELY', 'VERY_LIKELY'.
        max_findings: The maximum number of findings to report; 0 = no maximum.
        auto_populate_timespan: Automatically populates time span config start
            and end times in order to scan new content only.
    Returns:
        None; the response from the API is printed to the terminal.
    """

    # Instantiate a client.
    dlp = google.cloud.dlp_v2.DlpServiceClient()

    # Prepare info_types by converting the list of strings into a list of
    # dictionaries (protos are also accepted).
    info_types = [{"name": info_type} for info_type in info_types]

    # Construct the configuration dictionary. Keys which are None may
    # optionally be omitted entirely.
    inspect_config = {
        "info_types": info_types,
        "min_likelihood": min_likelihood,
        "limits": {"max_findings_per_request": max_findings},
    }

    # Construct a cloud_storage_options dictionary with the bucket's URL.
    url = f"gs://{bucket}/*"
    storage_config = {
        "cloud_storage_options": {"file_set": {"url": url}},
        # Time-based configuration for each storage object.
        "timespan_config": {
            # Auto-populate start and end times in order to scan new objects
            # only.
            "enable_auto_population_of_timespan_config": auto_populate_timespan
        },
    }

    # Construct the job definition.
    job = {"inspect_config": inspect_config, "storage_config": storage_config}

    # Construct the schedule definition:
    schedule = {
        "recurrence_period_duration": {"seconds": scan_period_days * 60 * 60 * 24}
    }

    # Construct the trigger definition.
    job_trigger = {
        "inspect_job": job,
        "display_name": display_name,
        "description": description,
        "triggers": [{"schedule": schedule}],
        "status": google.cloud.dlp_v2.JobTrigger.Status.HEALTHY,
    }

    # Convert the project id into a full resource id.
    parent = f"projects/{project}"

    # Call the API.
    response = dlp.create_job_trigger(
        request={"parent": parent, "job_trigger": job_trigger, "trigger_id": trigger_id}
    )

    print(f"Successfully created trigger {response.name}")

REST

ジョブトリガーは、DLP API で JobTrigger リソースによって表現されます。新しいジョブトリガーを作成するには、JobTrigger リソースの projects.jobTriggers.create メソッドを使用します。

このサンプル JSON は、POST リクエストによって、指定された機密データの保護 REST エンドポイントに送信できます。このサンプル JSON では、機密データの保護でジョブトリガーを作成する方法を示しています。このトリガーが開始するジョブは Datastore 検査スキャンです。作成されたジョブトリガーは、86,400 秒(24 時間)ごとに実行されます。

以下に埋め込まれている API Explorer を使用すれば、これをすぐに試すことができます。リクエストが API Explorer で作成された場合でも、リクエストが正常な場合は、スケジュールされたジョブトリガーが新規に作成されることに注意してください。JSON を使用して DLP API にリクエストを送信する方法については、JSON クイックスタートをご覧ください。

JSON 入力:

{
  "jobTrigger":{
    "displayName":"JobTrigger1",
    "description":"Starts an inspection of a Datastore kind",
    "triggers":[
      {
        "schedule":{
          "recurrencePeriodDuration":"86400s"
        }
      }
    ],
    "status":"HEALTHY",
    "inspectJob":{
      "storageConfig":{
        "datastoreOptions":{
          "kind":{
            "name":"Example-Kind"
          },
          "partitionId":{
            "projectId":"[PROJECT_ID]",
            "namespaceId":"[NAMESPACE_ID]"
          }
        }
      },
      "inspectConfig":{
        "infoTypes":[
          {
            "name":"PHONE_NUMBER"
          }
        ],
        "excludeInfoTypes":false,
        "includeQuote":true,
        "minLikelihood":"LIKELY"
      },
      "actions":[
        {
          "saveFindings":{
            "outputConfig":{
              "table":{
                "projectId":"[PROJECT_ID]",
                "datasetId":"[BIGQUERY_DATASET_NAME]",
                "tableId":"[BIGQUERY_TABLE_NAME]"
              }
            }
          }
        }
      ]
    }
  }
}

JSON 出力:

次の出力は、ジョブトリガーが正常に作成されたことを示しています。

{
  "name":"projects/[PROJECT_ID]/jobTriggers/[JOB_TRIGGER_NAME]",
  "displayName":"JobTrigger1",
  "description":"Starts an inspection of a Datastore kind",
  "inspectJob":{
    "storageConfig":{
      "datastoreOptions":{
        "partitionId":{
          "projectId":"[PROJECT_ID]",
          "namespaceId":"[NAMESPACE_ID]"
        },
        "kind":{
          "name":"Example-Kind"
        }
      }
    },
    "inspectConfig":{
      "infoTypes":[
        {
          "name":"PHONE_NUMBER"
        }
      ],
      "minLikelihood":"LIKELY",
      "limits":{

      },
      "includeQuote":true
    },
    "actions":[
      {
        "saveFindings":{
          "outputConfig":{
            "table":{
              "projectId":"[PROJECT_ID]",
              "datasetId":"[BIGQUERY_DATASET_NAME]",
              "tableId":"[BIGQUERY_TABLE_NAME]"
            }
          }
        }
      }
    ]
  },
  "triggers":[
    {
      "schedule":{
        "recurrencePeriodDuration":"86400s"
      }
    }
  ],
  "createTime":"2018-11-30T01:52:41.171857Z",
  "updateTime":"2018-11-30T01:52:41.171857Z",
  "status":"HEALTHY"
}

すべてのジョブを一覧表示する

現在のプロジェクトのすべてのジョブを一覧表示するには:

コンソール

  1. Google Cloud コンソールで [機密データの保護] ページに移動します。

    [機密データの保護] に移動

  2. [検査] タブをクリックしてから、[検査ジョブ] サブクラスをクリックします。

コンソールに、現在のプロジェクトのすべてのジョブのリスト(ジョブの識別子、状態、作成時間、終了時間を含む)が表示されます。ジョブの識別子をクリックすると、ジョブの詳細情報と結果の概要が表示されます。

C#

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using Google.Api.Gax;
using Google.Api.Gax.ResourceNames;
using Google.Cloud.Dlp.V2;

public class JobsList
{
    public static PagedEnumerable<ListDlpJobsResponse, DlpJob> ListDlpJobs(string projectId, string filter, DlpJobType jobType)
    {
        var dlp = DlpServiceClient.Create();

        var response = dlp.ListDlpJobs(new ListDlpJobsRequest
        {
            Parent = new LocationName(projectId, "global").ToString(),
            Filter = filter,
            Type = jobType
        });

        // Uncomment to print jobs
        // foreach (var job in response)
        // {
        //     Console.WriteLine($"Job: {job.Name} status: {job.State}");
        // }

        return response;
    }
}

Go

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	dlp "cloud.google.com/go/dlp/apiv2"
	"cloud.google.com/go/dlp/apiv2/dlppb"
	"google.golang.org/api/iterator"
)

// listJobs lists jobs matching the given optional filter and optional jobType.
func listJobs(w io.Writer, projectID, filter, jobType string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// filter := "`state` = FINISHED"
	// jobType := "RISK_ANALYSIS_JOB"
	ctx := context.Background()
	client, err := dlp.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("dlp.NewClient: %w", err)
	}
	defer client.Close()

	// Create a configured request.
	req := &dlppb.ListDlpJobsRequest{
		Parent: fmt.Sprintf("projects/%s/locations/global", projectID),
		Filter: filter,
		Type:   dlppb.DlpJobType(dlppb.DlpJobType_value[jobType]),
	}
	// Send the request and iterate over the results.
	it := client.ListDlpJobs(ctx, req)
	for {
		j, err := it.Next()
		if err == iterator.Done {
			break
		}
		if err != nil {
			return fmt.Errorf("Next: %w", err)
		}
		fmt.Fprintf(w, "Job %v status: %v\n", j.GetName(), j.GetState())
	}
	return nil
}

Java

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import com.google.cloud.dlp.v2.DlpServiceClient;
import com.google.privacy.dlp.v2.DlpJob;
import com.google.privacy.dlp.v2.DlpJobType;
import com.google.privacy.dlp.v2.ListDlpJobsRequest;
import com.google.privacy.dlp.v2.LocationName;
import java.io.IOException;

public class JobsList {

  public static void main(String[] args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    listJobs(projectId);
  }

  // Lists DLP jobs
  public static void listJobs(String projectId) throws IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    try (DlpServiceClient dlpServiceClient = DlpServiceClient.create()) {

      // Construct the request to be sent by the client.
      // For more info on filters and job types,
      // see https://cloud.google.com/dlp/docs/reference/rest/v2/projects.dlpJobs/list
      ListDlpJobsRequest listDlpJobsRequest =
          ListDlpJobsRequest.newBuilder()
              .setParent(LocationName.of(projectId, "global").toString())
              .setFilter("state=DONE")
              .setType(DlpJobType.valueOf("INSPECT_JOB"))
              .build();

      // Send the request to list jobs and process the response
      DlpServiceClient.ListDlpJobsPagedResponse response =
          dlpServiceClient.listDlpJobs(listDlpJobsRequest);

      System.out.println("DLP jobs found:");
      for (DlpJob dlpJob : response.getPage().getValues()) {
        System.out.println(dlpJob.getName() + " -- " + dlpJob.getState());
      }
    }
  }
}

Node.js

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

// Imports the Google Cloud Data Loss Prevention library
const DLP = require('@google-cloud/dlp');

// Instantiates a client
const dlp = new DLP.DlpServiceClient();

// The project ID to run the API call under
// const projectId = 'my-project';

// The filter expression to use
// For more information and filter syntax, see https://cloud.google.com/dlp/docs/reference/rest/v2/projects.dlpJobs/list
// const filter = `state=DONE`;

// The type of job to list (either 'INSPECT_JOB' or 'RISK_ANALYSIS_JOB')
// const jobType = 'INSPECT_JOB';
async function listJobs() {
  // Construct request for listing DLP scan jobs
  const request = {
    parent: `projects/${projectId}/locations/global`,
    filter: filter,
    type: jobType,
  };

  // Run job-listing request
  const [jobs] = await dlp.listDlpJobs(request);
  jobs.forEach(job => {
    console.log(`Job ${job.name} status: ${job.state}`);
  });
}

listJobs();

PHP

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

use Google\Cloud\Dlp\V2\Client\DlpServiceClient;
use Google\Cloud\Dlp\V2\DlpJob\JobState;
use Google\Cloud\Dlp\V2\DlpJobType;
use Google\Cloud\Dlp\V2\ListDlpJobsRequest;

/**
 * List Data Loss Prevention API jobs corresponding to a given filter.
 *
 * @param string $callingProjectId  The project ID to run the API call under
 * @param string $filter            The filter expression to use
 */
function list_jobs(string $callingProjectId, string $filter): void
{
    // Instantiate a client.
    $dlp = new DlpServiceClient();

    // The type of job to list (either 'INSPECT_JOB' or 'REDACT_JOB')
    $jobType = DlpJobType::INSPECT_JOB;

    // Run job-listing request
    // For more information and filter syntax,
    // @see https://cloud.google.com/dlp/docs/reference/rest/v2/projects.dlpJobs/list
    $parent = "projects/$callingProjectId/locations/global";
    $listDlpJobsRequest = (new ListDlpJobsRequest())
        ->setParent($parent)
        ->setFilter($filter)
        ->setType($jobType);
    $response = $dlp->listDlpJobs($listDlpJobsRequest);

    // Print job list
    $jobs = $response->iterateAllElements();
    foreach ($jobs as $job) {
        printf('Job %s status: %s' . PHP_EOL, $job->getName(), $job->getState());
        $infoTypeStats = $job->getInspectDetails()->getResult()->getInfoTypeStats();

        if ($job->getState() == JobState::DONE) {
            if (count($infoTypeStats) > 0) {
                foreach ($infoTypeStats as $infoTypeStat) {
                    printf(
                        '  Found %s instance(s) of type %s' . PHP_EOL,
                        $infoTypeStat->getCount(),
                        $infoTypeStat->getInfoType()->getName()
                    );
                }
            } else {
                print('  No findings.' . PHP_EOL);
            }
        }
    }
}

Python

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


from typing import Optional

import google.cloud.dlp

def list_dlp_jobs(
    project: str, filter_string: Optional[str] = None, job_type: Optional[str] = None
) -> None:
    """Uses the Data Loss Prevention API to lists DLP jobs that match the
        specified filter in the request.
    Args:
        project: The project id to use as a parent resource.
        filter: (Optional) Allows filtering.
            Supported syntax:
            * Filter expressions are made up of one or more restrictions.
            * Restrictions can be combined by 'AND' or 'OR' logical operators.
            A sequence of restrictions implicitly uses 'AND'.
            * A restriction has the form of '<field> <operator> <value>'.
            * Supported fields/values for inspect jobs:
                - `state` - PENDING|RUNNING|CANCELED|FINISHED|FAILED
                - `inspected_storage` - DATASTORE|CLOUD_STORAGE|BIGQUERY
                - `trigger_name` - The resource name of the trigger that
                                   created job.
            * Supported fields for risk analysis jobs:
                - `state` - RUNNING|CANCELED|FINISHED|FAILED
            * The operator must be '=' or '!='.
            Examples:
            * inspected_storage = cloud_storage AND state = done
            * inspected_storage = cloud_storage OR inspected_storage = bigquery
            * inspected_storage = cloud_storage AND
                                  (state = done OR state = canceled)
        type: (Optional) The type of job. Defaults to 'INSPECT'.
            Choices:
            DLP_JOB_TYPE_UNSPECIFIED
            INSPECT_JOB: The job inspected content for sensitive data.
            RISK_ANALYSIS_JOB: The job executed a Risk Analysis computation.

    Returns:
        None; the response from the API is printed to the terminal.
    """

    # Instantiate a client.
    dlp = google.cloud.dlp_v2.DlpServiceClient()

    # Convert the project id into a full resource id.
    parent = f"projects/{project}"

    # Job type dictionary
    job_type_to_int = {
        "DLP_JOB_TYPE_UNSPECIFIED": google.cloud.dlp.DlpJobType.DLP_JOB_TYPE_UNSPECIFIED,
        "INSPECT_JOB": google.cloud.dlp.DlpJobType.INSPECT_JOB,
        "RISK_ANALYSIS_JOB": google.cloud.dlp.DlpJobType.RISK_ANALYSIS_JOB,
    }
    # If job type is specified, convert job type to number through enums.
    if job_type:
        job_type = job_type_to_int[job_type]

    # Call the API to get a list of jobs.
    response = dlp.list_dlp_jobs(
        request={"parent": parent, "filter": filter_string, "type_": job_type}
    )

    # Iterate over results.
    for job in response:
        print(f"Job: {job.name}; status: {job.state.name}")

REST

DlpJob リソースの projects.dlpJobs.list メソッドを使用すると、すべてのジョブを一覧表示できます。

プロジェクトで現在定義されているすべてのジョブを一覧表示するには、以下に示すように、GET リクエストを dlpJobs エンドポイントに送信します。

URL:

GET https://dlp.googleapis.com/v2/projects/[PROJECT-ID]/dlpJobs?key={YOUR_API_KEY}

次の JSON 出力は、返されたジョブのうちの 1 つを示しています。ジョブの構造は DlpJob リソースの構造をそのまま反映しています。

JSON 出力:

{
  "jobs":[
    {
      "name":"projects/[PROJECT-ID]/dlpJobs/i-5270277269264714623",
      "type":"INSPECT_JOB",
      "state":"DONE",
      "inspectDetails":{
        "requestedOptions":{
          "snapshotInspectTemplate":{
          },
          "jobConfig":{
            "storageConfig":{
              "cloudStorageOptions":{
                "fileSet":{
                  "url":"[CLOUD-STORAGE-URL]"
                },
                "fileTypes":[
                  "FILE_TYPE_UNSPECIFIED"
                ],
                "filesLimitPercent":100
              },
              "timespanConfig":{
                "startTime":"2019-09-08T22:43:16.623Z",
                "enableAutoPopulationOfTimespanConfig":true
              }
            },
            "inspectConfig":{
              "infoTypes":[
                {
                  "name":"US_SOCIAL_SECURITY_NUMBER"
                },
                {
                  "name":"CANADA_SOCIAL_INSURANCE_NUMBER"
                }
              ],
              "minLikelihood":"LIKELY",
              "limits":{
              },
              "includeQuote":true
            },
            "actions":[
              {
                "saveFindings":{
                  "outputConfig":{
                    "table":{
                      "projectId":"[PROJECT-ID]",
                      "datasetId":"[DATASET-ID]",
                      "tableId":"[TABLE-ID]"
                    }
                  }
                }
              }
            ]
          }
        },
        "result":{
          ...
        }
      },
      "createTime":"2019-09-09T22:43:16.918Z",
      "startTime":"2019-09-09T22:43:16.918Z",
      "endTime":"2019-09-09T22:43:53.091Z",
      "jobTriggerName":"projects/[PROJECT-ID]/jobTriggers/sample-trigger2"
    },
    ...

以下に埋め込まれている API Explorer を使用すれば、これをすぐに試すことができます。JSON を使用して DLP API にリクエストを送信する方法については、JSON クイックスタートをご覧ください。

すべてのジョブトリガーを一覧表示する

現在のプロジェクトのすべてのジョブトリガーを一覧表示するには:

コンソール

Google Cloud コンソールで [機密データの保護] ページに移動します。

[機密データの保護] に移動

[検査] タブの [ジョブトリガー] サブタブに、コンソールによって、現在のプロジェクトのすべてのジョブトリガーのリストが表示されます。

C#

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using Google.Api.Gax;
using Google.Api.Gax.ResourceNames;
using Google.Cloud.Dlp.V2;
using System;

public class TriggersList
{
    public static PagedEnumerable<ListJobTriggersResponse, JobTrigger> List(string projectId)
    {
        var dlp = DlpServiceClient.Create();

        var response = dlp.ListJobTriggers(
            new ListJobTriggersRequest
            {
                Parent = new LocationName(projectId, "global").ToString(),
            });

        foreach (var trigger in response)
        {
            Console.WriteLine($"Name: {trigger.Name}");
            Console.WriteLine($"  Created: {trigger.CreateTime}");
            Console.WriteLine($"  Updated: {trigger.UpdateTime}");
            Console.WriteLine($"  Display Name: {trigger.DisplayName}");
            Console.WriteLine($"  Description: {trigger.Description}");
            Console.WriteLine($"  Status: {trigger.Status}");
            Console.WriteLine($"  Error count: {trigger.Errors.Count}");
        }

        return response;
    }
}

Go

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"time"

	dlp "cloud.google.com/go/dlp/apiv2"
	"cloud.google.com/go/dlp/apiv2/dlppb"
	"github.com/golang/protobuf/ptypes"
	"google.golang.org/api/iterator"
)

// listTriggers lists the triggers for the given project.
func listTriggers(w io.Writer, projectID string) error {
	// projectID := "my-project-id"

	ctx := context.Background()

	client, err := dlp.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("dlp.NewClient: %w", err)
	}
	defer client.Close()

	// Create a configured request.
	req := &dlppb.ListJobTriggersRequest{
		Parent: fmt.Sprintf("projects/%s/locations/global", projectID),
	}
	// Send the request and iterate over the results.
	it := client.ListJobTriggers(ctx, req)
	for {
		t, err := it.Next()
		if err == iterator.Done {
			break
		}
		if err != nil {
			return fmt.Errorf("Next: %w", err)
		}
		fmt.Fprintf(w, "Trigger %v\n", t.GetName())
		c, err := ptypes.Timestamp(t.GetCreateTime())
		if err != nil {
			return fmt.Errorf("CreateTime Timestamp: %w", err)
		}
		fmt.Fprintf(w, "  Created: %v\n", c.Format(time.RFC1123))
		u, err := ptypes.Timestamp(t.GetUpdateTime())
		if err != nil {
			return fmt.Errorf("UpdateTime Timestamp: %w", err)
		}
		fmt.Fprintf(w, "  Updated: %v\n", u.Format(time.RFC1123))
		fmt.Fprintf(w, "  Display Name: %q\n", t.GetDisplayName())
		fmt.Fprintf(w, "  Description: %q\n", t.GetDescription())
		fmt.Fprintf(w, "  Status: %v\n", t.GetStatus())
		fmt.Fprintf(w, "  Error Count: %v\n", len(t.GetErrors()))
	}

	return nil
}

Java

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import com.google.cloud.dlp.v2.DlpServiceClient;
import com.google.privacy.dlp.v2.JobTrigger;
import com.google.privacy.dlp.v2.ListJobTriggersRequest;
import com.google.privacy.dlp.v2.LocationName;
import java.io.IOException;

class TriggersList {
  public static void main(String[] args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    listTriggers(projectId);
  }

  public static void listTriggers(String projectId) throws IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    try (DlpServiceClient dlpServiceClient = DlpServiceClient.create()) {
      // Build the request to be sent by the client
      ListJobTriggersRequest listJobTriggersRequest =
          ListJobTriggersRequest.newBuilder()
              .setParent(LocationName.of(projectId, "global").toString())
              .build();

      // Use the client to send the API request.
      DlpServiceClient.ListJobTriggersPagedResponse response =
          dlpServiceClient.listJobTriggers(listJobTriggersRequest);

      // Parse the response and process the results
      System.out.println("DLP triggers found:");
      for (JobTrigger trigger : response.getPage().getValues()) {
        System.out.println("Trigger: " + trigger.getName());
        System.out.println("\tCreated: " + trigger.getCreateTime());
        System.out.println("\tUpdated: " + trigger.getUpdateTime());
        if (trigger.getDisplayName() != null) {
          System.out.println("\tDisplay name: " + trigger.getDisplayName());
        }
        if (trigger.getDescription() != null) {
          System.out.println("\tDescription: " + trigger.getDescription());
        }
        System.out.println("\tStatus: " + trigger.getStatus());
        System.out.println("\tError count: " + trigger.getErrorsCount());
      }
      ;
    }
  }
}

Node.js

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

// Imports the Google Cloud Data Loss Prevention library
const DLP = require('@google-cloud/dlp');

// Instantiates a client
const dlp = new DLP.DlpServiceClient();

// The project ID to run the API call under
// const projectId = 'my-project'

async function listTriggers() {
  // Construct trigger listing request
  const request = {
    parent: `projects/${projectId}/locations/global`,
  };

  // Helper function to pretty-print dates
  const formatDate = date => {
    const msSinceEpoch = parseInt(date.seconds, 10) * 1000;
    return new Date(msSinceEpoch).toLocaleString('en-US');
  };

  // Run trigger listing request
  const [triggers] = await dlp.listJobTriggers(request);
  triggers.forEach(trigger => {
    // Log trigger details
    console.log(`Trigger ${trigger.name}:`);
    console.log(`  Created: ${formatDate(trigger.createTime)}`);
    console.log(`  Updated: ${formatDate(trigger.updateTime)}`);
    if (trigger.displayName) {
      console.log(`  Display Name: ${trigger.displayName}`);
    }
    if (trigger.description) {
      console.log(`  Description: ${trigger.description}`);
    }
    console.log(`  Status: ${trigger.status}`);
    console.log(`  Error count: ${trigger.errors.length}`);
  });
}

listTriggers();

PHP

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

use Google\Cloud\Dlp\V2\Client\DlpServiceClient;
use Google\Cloud\Dlp\V2\ListJobTriggersRequest;

/**
 * List Data Loss Prevention API job triggers.
 *
 * @param string $callingProjectId  The project ID to run the API call under
 */
function list_triggers(string $callingProjectId): void
{
    // Instantiate a client.
    $dlp = new DlpServiceClient();

    $parent = "projects/$callingProjectId/locations/global";

    // Run request
    $listJobTriggersRequest = (new ListJobTriggersRequest())
        ->setParent($parent);
    $response = $dlp->listJobTriggers($listJobTriggersRequest);

    // Print results
    $triggers = $response->iterateAllElements();
    foreach ($triggers as $trigger) {
        printf('Trigger %s' . PHP_EOL, $trigger->getName());
        printf('  Created: %s' . PHP_EOL, $trigger->getCreateTime()->getSeconds());
        printf('  Updated: %s' . PHP_EOL, $trigger->getUpdateTime()->getSeconds());
        printf('  Display Name: %s' . PHP_EOL, $trigger->getDisplayName());
        printf('  Description: %s' . PHP_EOL, $trigger->getDescription());
        printf('  Status: %s' . PHP_EOL, $trigger->getStatus());
        printf('  Error count: %s' . PHP_EOL, count($trigger->getErrors()));
        $timespanConfig = $trigger->getInspectJob()->getStorageConfig()->getTimespanConfig();
        printf('  Auto-populates timespan config: %s' . PHP_EOL,
            ($timespanConfig && $timespanConfig->getEnableAutoPopulationOfTimespanConfig() ? 'yes' : 'no'));
    }
}

Python

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import google.cloud.dlp

def list_triggers(project: str) -> None:
    """Lists all Data Loss Prevention API triggers.
    Args:
        project: The Google Cloud project id to use as a parent resource.
    Returns:
        None; the response from the API is printed to the terminal.
    """

    # Instantiate a client.
    dlp = google.cloud.dlp_v2.DlpServiceClient()

    # Convert the project id into a full resource id.
    parent = f"projects/{project}"

    # Call the API.
    response = dlp.list_job_triggers(request={"parent": parent})

    for trigger in response:
        print(f"Trigger {trigger.name}:")
        print(f"  Created: {trigger.create_time}")
        print(f"  Updated: {trigger.update_time}")
        if trigger.display_name:
            print(f"  Display Name: {trigger.display_name}")
        if trigger.description:
            print(f"  Description: {trigger.description}")
        print(f"  Status: {trigger.status}")
        print(f"  Error count: {len(trigger.errors)}")

REST

JobTrigger リソースの projects.jobTriggers.list メソッドを使用すると、すべてのジョブトリガーを一覧表示できます。

プロジェクトで現在定義されているすべてのジョブトリガーを一覧表示するには、以下に示すように、GET リクエストを jobTriggers エンドポイントに送信します。

URL:

GET https://dlp.googleapis.com/v2/projects/[PROJECT-ID]/jobTriggers?key={YOUR_API_KEY}

次の JSON 出力には、前のセクションで作成したジョブトリガーが一覧表示されています。ジョブトリガーの構造は JobTrigger リソースの構造をそのまま反映しています。

JSON 出力:

{
  "jobTriggers":[
    {
      "name":"projects/[PROJECT_ID]/jobTriggers/[JOB_TRIGGER_NAME]",
      "displayName":"JobTrigger1",
      "description":"Starts an inspection of a Datastore kind",
      "inspectJob":{
        "storageConfig":{
          "datastoreOptions":{
            "partitionId":{
              "projectId":"[PROJECT_ID]",
              "namespaceId":"[NAMESPACE_ID]"
            },
            "kind":{
              "name":"Example-Kind"
            }
          }
        },
        "inspectConfig":{
          "infoTypes":[
            {
              "name":"PHONE_NUMBER"
            }
          ],
          "minLikelihood":"LIKELY",
          "limits":{

          },
          "includeQuote":true
        },
        "actions":[
          {
            "saveFindings":{
              "outputConfig":{
                "table":{
                  "projectId":"[PROJECT_ID]",
                  "datasetId":"[BIGQUERY_DATASET_NAME]",
                  "tableId":"[BIGQUERY_TABLE_NAME]"
                }
              }
            }
          }
        ]
      },
      "triggers":[
        {
          "schedule":{
            "recurrencePeriodDuration":"86400s"
          }
        }
      ],
      "createTime":"2018-11-30T01:52:41.171857Z",
      "updateTime":"2018-11-30T01:52:41.171857Z",
      "status":"HEALTHY"
    },

    ...

],
  "nextPageToken":"KkwKCQjivJ2UpPreAgo_Kj1wcm9qZWN0cy92ZWx2ZXR5LXN0dWR5LTE5NjEwMS9qb2JUcmlnZ2Vycy8xNTA5NzEyOTczMDI0MDc1NzY0"
}

以下に埋め込まれている API Explorer を使用すれば、これをすぐに試すことができます。JSON を使用して DLP API にリクエストを送信する方法については、JSON クイックスタートをご覧ください。

ジョブの削除

プロジェクトからジョブとジョブの結果を削除するには、次のようにします。外部(BigQuery など)に保存された結果は、この操作をしても削除されません。

コンソール

  1. Google Cloud コンソールで [機密データの保護] ページに移動します。

    [機密データの保護] に移動

  2. [検査] タブをクリックしてから、[検査ジョブ] サブクラスをクリックします。Google Cloud コンソールに、現在のプロジェクトにあるすべてのジョブが一覧表示されます。

  3. 削除するジョブトリガーの [操作] 列で、[その他の操作] メニュー(縦に並んだ 3 つの点で表示) をクリックし、[削除] をクリックします。

または、ジョブの一覧で削除対象のジョブの識別子をクリックし、ジョブの詳細ページで [削除] をクリックします。

C#

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using System;
using Google.Cloud.Dlp.V2;

public class JobsDelete
{
    public static void DeleteJob(string jobName)
    {
        var dlp = DlpServiceClient.Create();

        dlp.DeleteDlpJob(new DeleteDlpJobRequest
        {
            Name = jobName
        });

        Console.WriteLine($"Successfully deleted job {jobName}.");
    }
}

Go

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	dlp "cloud.google.com/go/dlp/apiv2"
	"cloud.google.com/go/dlp/apiv2/dlppb"
)

// deleteJob deletes the job with the given name.
func deleteJob(w io.Writer, jobName string) error {
	// jobName := "job-example"
	ctx := context.Background()
	client, err := dlp.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("dlp.NewClient: %w", err)
	}
	defer client.Close()
	req := &dlppb.DeleteDlpJobRequest{
		Name: jobName,
	}
	if err = client.DeleteDlpJob(ctx, req); err != nil {
		return fmt.Errorf("DeleteDlpJob: %w", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Successfully deleted job")
	return nil
}

Java

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import com.google.cloud.dlp.v2.DlpServiceClient;
import com.google.privacy.dlp.v2.DeleteDlpJobRequest;
import com.google.privacy.dlp.v2.DlpJobName;
import java.io.IOException;

public class JobsDelete {
  public static void main(String[] args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String jobId = "your-job-id";
    deleteJobs(projectId, jobId);
  }

  // Deletes a DLP Job with the given jobId
  public static void deleteJobs(String projectId, String jobId) throws IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    try (DlpServiceClient dlpServiceClient = DlpServiceClient.create()) {

      // Construct the complete job name from the projectId and jobId
      DlpJobName jobName = DlpJobName.of(projectId, jobId);

      // Construct the job deletion request to be sent by the client.
      DeleteDlpJobRequest deleteDlpJobRequest =
          DeleteDlpJobRequest.newBuilder().setName(jobName.toString()).build();

      // Send the job deletion request
      dlpServiceClient.deleteDlpJob(deleteDlpJobRequest);
      System.out.println("Job deleted successfully.");
    }
  }
}

Node.js

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

// Imports the Google Cloud Data Loss Prevention library
const DLP = require('@google-cloud/dlp');

// Instantiates a client
const dlp = new DLP.DlpServiceClient();

// The project ID to run the API call under
// const projectId = 'my-project';

// The name of the job whose results should be deleted
// Parent project ID is automatically extracted from this parameter
// const jobName = 'projects/my-project/dlpJobs/X-#####'

function deleteJob() {
  // Construct job deletion request
  const request = {
    name: jobName,
  };

  // Run job deletion request
  dlp
    .deleteDlpJob(request)
    .then(() => {
      console.log(`Successfully deleted job ${jobName}.`);
    })
    .catch(err => {
      console.log(`Error in deleteJob: ${err.message || err}`);
    });
}

deleteJob();

PHP

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

use Google\Cloud\Dlp\V2\Client\DlpServiceClient;
use Google\Cloud\Dlp\V2\DeleteDlpJobRequest;

/**
 * Delete results of a Data Loss Prevention API job
 *
 * @param string $jobId The name of the job whose results should be deleted
 */
function delete_job(string $jobId): void
{
    // Instantiate a client.
    $dlp = new DlpServiceClient();

    // Run job-deletion request
    // The Parent project ID is automatically extracted from this parameter
    $deleteDlpJobRequest = (new DeleteDlpJobRequest())
        ->setName($jobId);
    $dlp->deleteDlpJob($deleteDlpJobRequest);

    // Print status
    printf('Successfully deleted job %s' . PHP_EOL, $jobId);
}

Python

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import google.cloud.dlp

def delete_dlp_job(project: str, job_name: str) -> None:
    """Uses the Data Loss Prevention API to delete a long-running DLP job.
    Args:
        project: The project id to use as a parent resource.
        job_name: The name of the DlpJob resource to be deleted.

    Returns:
        None; the response from the API is printed to the terminal.
    """

    # Instantiate a client.
    dlp = google.cloud.dlp_v2.DlpServiceClient()

    # Convert the project id and job name into a full resource id.
    name = f"projects/{project}/dlpJobs/{job_name}"

    # Call the API to delete job.
    dlp.delete_dlp_job(request={"name": name})

    print(f"Successfully deleted {job_name}")

REST

現在のプロジェクトからジョブを削除するには、以下に示すように、DELETE リクエストを dlpJobs エンドポイントに送信します。[JOB-IDENTIFIER] フィールドは、i- で始まるジョブの識別子に置き換えます。

URL:

DELETE https://dlp.googleapis.com/v2/projects/[PROJECT-ID]/dlpJobs/[JOB-IDENTIFIER]?key={YOUR_API_KEY}

リクエストが成功した場合、DLP API は成功レスポンスを返します。ジョブが正常に削除されたことを確認するには、すべてのジョブを一覧表示します。

以下に埋め込まれている API Explorer を使用すれば、これをすぐに試すことができます。JSON を使用して DLP API にリクエストを送信する方法については、JSON クイックスタートをご覧ください。

ジョブトリガーを削除する

コンソール

  1. Google Cloud コンソールで [機密データの保護] ページに移動します。

    [機密データの保護] に移動

    [検査] タブの [ジョブトリガー] サブタブに、コンソールによって、現在のプロジェクトのすべてのジョブトリガーのリストが表示されます。

  2. 削除するジョブトリガーの [操作] 列で、[その他の操作] メニュー(縦に並んだ 3 つの点で表示) をクリックし、[削除] をクリックします。

または、ジョブトリガーの一覧で削除対象のジョブの名前をクリックし、ジョブトリガーの詳細ページで [削除] をクリックします。

C#

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using Google.Cloud.Dlp.V2;
using System;

public class TriggersDelete
{

    public static void Delete(string triggerName)
    {
        var dlp = DlpServiceClient.Create();

        dlp.DeleteJobTrigger(
            new DeleteJobTriggerRequest
            {
                Name = triggerName
            });

        Console.WriteLine($"Successfully deleted trigger {triggerName}.");
    }
}

Go

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	dlp "cloud.google.com/go/dlp/apiv2"
	"cloud.google.com/go/dlp/apiv2/dlppb"
)

// deleteTrigger deletes the given trigger.
func deleteTrigger(w io.Writer, triggerID string) error {
	// triggerID := "my-trigger"

	ctx := context.Background()

	client, err := dlp.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("dlp.NewClient: %w", err)
	}
	defer client.Close()

	req := &dlppb.DeleteJobTriggerRequest{
		Name: triggerID,
	}

	if err := client.DeleteJobTrigger(ctx, req); err != nil {
		return fmt.Errorf("DeleteJobTrigger: %w", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Successfully deleted trigger %v", triggerID)
	return nil
}

Java

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import com.google.cloud.dlp.v2.DlpServiceClient;
import com.google.privacy.dlp.v2.DeleteJobTriggerRequest;
import com.google.privacy.dlp.v2.ProjectJobTriggerName;
import java.io.IOException;

class TriggersDelete {

  public static void main(String[] args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String triggerId = "your-trigger-id";
    deleteTrigger(projectId, triggerId);
  }

  public static void deleteTrigger(String projectId, String triggerId) throws IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    try (DlpServiceClient dlpServiceClient = DlpServiceClient.create()) {

      // Get the full trigger name from the given triggerId and ProjectId
      ProjectJobTriggerName triggerName = ProjectJobTriggerName.of(projectId, triggerId);

      // Construct the trigger deletion request to be sent by the client
      DeleteJobTriggerRequest deleteJobTriggerRequest =
          DeleteJobTriggerRequest.newBuilder().setName(triggerName.toString()).build();

      // Send the trigger deletion request
      dlpServiceClient.deleteJobTrigger(deleteJobTriggerRequest);
      System.out.println("Trigger deleted: " + triggerName.toString());
    }
  }
}

Node.js

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

// Imports the Google Cloud Data Loss Prevention library
const DLP = require('@google-cloud/dlp');

// Instantiates a client
const dlp = new DLP.DlpServiceClient();

// The project ID to run the API call under
// const projectId = 'my-project'

// The name of the trigger to be deleted
// Parent project ID is automatically extracted from this parameter
// const triggerId = 'projects/my-project/triggers/my-trigger';

async function deleteTrigger() {
  // Construct trigger deletion request
  const request = {
    name: triggerId,
  };

  // Run trigger deletion request
  await dlp.deleteJobTrigger(request);
  console.log(`Successfully deleted trigger ${triggerId}.`);
}

deleteTrigger();

PHP

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

use Google\Cloud\Dlp\V2\Client\DlpServiceClient;
use Google\Cloud\Dlp\V2\DeleteJobTriggerRequest;

/**
 * Delete a Data Loss Prevention API job trigger.
 *
 * @param string $callingProjectId  The project ID to run the API call under
 * @param string $triggerId         The name of the trigger to be deleted.
 */
function delete_trigger(string $callingProjectId, string $triggerId): void
{
    // Instantiate a client.
    $dlp = new DlpServiceClient();

    // Run request
    // The Parent project ID is automatically extracted from this parameter
    $triggerName = "projects/$callingProjectId/locations/global/jobTriggers/$triggerId";
    $deleteJobTriggerRequest = (new DeleteJobTriggerRequest())
        ->setName($triggerName);
    $dlp->deleteJobTrigger($deleteJobTriggerRequest);

    // Print the results
    printf('Successfully deleted trigger %s' . PHP_EOL, $triggerName);
}

Python

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import google.cloud.dlp

def delete_trigger(project: str, trigger_id: str) -> None:
    """Deletes a Data Loss Prevention API trigger.
    Args:
        project: The id of the Google Cloud project which owns the trigger.
        trigger_id: The id of the trigger to delete.
    Returns:
        None; the response from the API is printed to the terminal.
    """

    # Instantiate a client.
    dlp = google.cloud.dlp_v2.DlpServiceClient()

    # Convert the project id into a full resource id.
    parent = f"projects/{project}"

    # Combine the trigger id with the parent id.
    trigger_resource = f"{parent}/jobTriggers/{trigger_id}"

    # Call the API.
    dlp.delete_job_trigger(request={"name": trigger_resource})

    print(f"Trigger {trigger_resource} successfully deleted.")

REST

現在のプロジェクトからジョブトリガーを削除するには、以下に示すように、DELETE リクエストを jobTriggers エンドポイントに送信します。[JOB-TRIGGER-NAME] フィールドは、ジョブトリガーの名前に置き換えます。

URL:

DELETE https://dlp.googleapis.com/v2/projects/[PROJECT-ID]/jobTriggers/[JOB-TRIGGER-NAME]?key={YOUR_API_KEY}

リクエストが成功した場合、DLP API は成功レスポンスを返します。ジョブトリガーが正常に削除されたことを確認するには、すべてのジョブトリガーを一覧表示します

以下に埋め込まれている API Explorer を使用すれば、これをすぐに試すことができます。JSON を使用して DLP API にリクエストを送信する方法については、JSON クイックスタートをご覧ください。

ジョブの取得

プロジェクトからジョブとジョブの結果を取得するには、次のようにします。外部(BigQuery など)に保存された結果は、この操作をしても削除されません。

C#

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using Google.Cloud.Dlp.V2;
using System;

public class JobsGet
{
    public static DlpJob GetDlpJob(string jobName)
    {
        var dlp = DlpServiceClient.Create();

        var response = dlp.GetDlpJob(jobName);

        Console.WriteLine($"Job: {response.Name} status: {response.State}");

        return response;
    }
}

Go

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	dlp "cloud.google.com/go/dlp/apiv2"
	"cloud.google.com/go/dlp/apiv2/dlppb"
)

// jobsGet gets an inspection job using jobName
func jobsGet(w io.Writer, projectID string, jobName string) error {
	// projectId := "my-project-id"
	// jobName := "your-job-id"

	ctx := context.Background()

	// Initialize a client once and reuse it to send multiple requests. Clients
	// are safe to use across goroutines. When the client is no longer needed,
	// call the Close method to cleanup its resources.
	client, err := dlp.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return err
	}

	// Closing the client safely cleans up background resources.
	defer client.Close()

	// Construct the request to be sent by the client.
	req := &dlppb.GetDlpJobRequest{
		Name: jobName,
	}

	// Send the request.
	resp, err := client.GetDlpJob(ctx, req)
	if err != nil {
		return err
	}

	// Print the results.
	fmt.Fprintf(w, "Job Name: %v Job Status: %v", resp.Name, resp.State)
	return nil
}

Java

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import com.google.cloud.dlp.v2.DlpServiceClient;
import com.google.privacy.dlp.v2.DlpJobName;
import com.google.privacy.dlp.v2.GetDlpJobRequest;
import java.io.IOException;

public class JobsGet {

  public static void main(String[] args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String jobId = "your-job-id";
    getJobs(projectId, jobId);
  }

  // Gets a DLP Job with the given jobId
  public static void getJobs(String projectId, String jobId) throws IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    try (DlpServiceClient dlpServiceClient = DlpServiceClient.create()) {

      // Construct the complete job name from the projectId and jobId
      DlpJobName jobName = DlpJobName.of(projectId, jobId);

      // Construct the get job request to be sent by the client.
      GetDlpJobRequest getDlpJobRequest =
          GetDlpJobRequest.newBuilder().setName(jobName.toString()).build();

      // Send the get job request
      dlpServiceClient.getDlpJob(getDlpJobRequest);
      System.out.println("Job got successfully.");
    }
  }
}

Node.js

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

// Imports the Google Cloud Data Loss Prevention library
const DLP = require('@google-cloud/dlp');

// Instantiates a client
const dlp = new DLP.DlpServiceClient();

// Job name to look for
// const jobName = 'your-job-name';

async function getJob() {
  // Construct request for finding job using job name.
  const request = {
    name: jobName,
  };

  // Send the request and receive response from the service
  const [job] = await dlp.getDlpJob(request);

  // Print results.
  console.log(`Job ${job.name} status: ${job.state}`);
}

getJob();

PHP

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

use Google\Cloud\Dlp\V2\Client\DlpServiceClient;
use Google\Cloud\Dlp\V2\GetDlpJobRequest;

/**
 * Get DLP inspection job.
 * @param string $jobName           Dlp job name
 */
function get_job(
    string $jobName
): void {
    // Instantiate a client.
    $dlp = new DlpServiceClient();
    try {
        // Send the get job request
        $getDlpJobRequest = (new GetDlpJobRequest())
            ->setName($jobName);
        $response = $dlp->getDlpJob($getDlpJobRequest);
        printf('Job %s status: %s' . PHP_EOL, $response->getName(), $response->getState());
    } finally {
        $dlp->close();
    }
}

Python

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import google.cloud.dlp

def get_dlp_job(project: str, job_name: str) -> None:
    """Uses the Data Loss Prevention API to retrieve a DLP job.
    Args:
        project: The project id to use as a parent resource.
        job_name: The name of the DlpJob resource to be retrieved.
    """

    # Instantiate a client.
    dlp = google.cloud.dlp_v2.DlpServiceClient()

    # Convert the project id and job name into a full resource id.
    job_name = f"projects/{project}/locations/global/dlpJobs/{job_name}"

    # Call the API
    response = dlp.get_dlp_job(request={"name": job_name})

    print(f"Job: {response.name} Status: {response.state}")

REST

現在のプロジェクトからジョブを取得するには、以下に示すように、GET リクエストを dlpJobs エンドポイントに送信します。[JOB-IDENTIFIER] フィールドは、i- で始まるジョブの識別子に置き換えます。

URL:

GET https://dlp.googleapis.com/v2/projects/[PROJECT-ID]/dlpJobs/[JOB-IDENTIFIER]?key={YOUR_API_KEY}

リクエストが成功した場合、DLP API は成功レスポンスを返します。

以下に埋め込まれている API Explorer を使用すれば、これをすぐに試すことができます。JSON を使用して DLP API にリクエストを送信する方法については、JSON クイックスタートをご覧ください。

ジョブトリガーの即時実行

ジョブトリガーが作成された後、トリガーを有効にすると、トリガーを強制的にすぐに実行できます。これを行うには、次のコマンドを実行します。

curl --request POST \
    -H "Content-Type: application/json" \
    -H "Accept: application/json" \
    -H "Authorization: Bearer $(gcloud auth print-access-token)" \
    -H "X-Goog-User-Project: PROJECT_ID" \
    'https://dlp.googleapis.com/v2/JOB_TRIGGER_NAME:activate'

以下を置き換えます。

  • PROJECT_ID: リクエストに関連付けられたアクセス料金が請求される Google Cloud プロジェクトの ID
  • JOB_TRIGGER_NAME: ジョブトリガーの完全なリソース名(例: projects/my-project/locations/global/jobTriggers/123456789)。

既存のジョブトリガーを更新する

ジョブトリガーの作成、一覧表示、削除に加えて、既存のジョブトリガーを更新することもできます。既存のジョブトリガーの構成を変更するには、次の操作を行います。

コンソール

  1. Google Cloud コンソールで [機密データの保護] ページに移動します。

    [機密データの保護] に移動

  2. [検査] タブをクリックしてから、[ジョブトリガー] サブタブをクリックします。

    現在のプロジェクトにあるすべてのジョブトリガーが一覧表示されます。

  3. 削除するジョブトリガーの [操作] 列で、[その他] をクリックし、続いて [詳細を表示] をクリックします。

  4. ジョブトリガーの詳細ページで、[編集] をクリックします。

  5. [トリガーの編集] ページでは、入力データの場所や、テンプレート、infoType、可能性などの検出の詳細、スキャン後の操作、およびジョブトリガーのスケジュールを変更できます。変更が終わったら、[保存] をクリックします。

C#

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using Google.Cloud.Dlp.V2;
using Google.Protobuf.WellKnownTypes;
using System;
using System.Collections.Generic;

public class TriggersUpdate
{
    public static JobTrigger UpdateJob(
        string projectId,
        string triggerId,
        IEnumerable<InfoType> infoTypes = null,
        Likelihood minLikelihood = Likelihood.Likely)
    {
        // Instantiate the client.
        var dlp = DlpServiceClient.Create();

        // Construct the update job trigger request object by providing the trigger name,
        // job trigger object which will specify the type of info to be inspected and
        // update mask object which specifies the field to be updated.
        // Refer to https://cloud.google.com/dlp/docs/reference/rest/v2/Container for specifying the paths in container object.
        var request = new UpdateJobTriggerRequest
        {
            JobTriggerName = new JobTriggerName(projectId, triggerId),
            JobTrigger = new JobTrigger
            {
                InspectJob = new InspectJobConfig
                {
                    InspectConfig = new InspectConfig
                    {
                        InfoTypes =
                        {
                            infoTypes ?? new InfoType[]
                            {
                                new InfoType { Name = "US_INDIVIDUAL_TAXPAYER_IDENTIFICATION_NUMBER" }
                            }
                        },
                        MinLikelihood = minLikelihood
                    }
                }
            },
            // Specify fields of the jobTrigger resource to be updated when the job trigger is modified.
            // Refer https://protobuf.dev/reference/protobuf/google.protobuf/#field-mask for constructing the field mask paths.
            UpdateMask = new FieldMask
            {
                Paths =
                {
                    "inspect_job.inspect_config.info_types",
                    "inspect_job.inspect_config.min_likelihood"
                }
            }
        };

        // Call the API.
        JobTrigger response = dlp.UpdateJobTrigger(request);

        // Inspect the result.
        Console.WriteLine($"Job Trigger Name: {response.Name}");
        Console.WriteLine($"InfoType updated: {response.InspectJob.InspectConfig.InfoTypes[0]}");
        Console.WriteLine($"Likelihood updated: {response.InspectJob.InspectConfig.MinLikelihood}");
        return response;
    }
}

Go

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	dlp "cloud.google.com/go/dlp/apiv2"
	"cloud.google.com/go/dlp/apiv2/dlppb"
	"google.golang.org/protobuf/types/known/fieldmaskpb"
)

// updateTrigger updates an existing job trigger in Google Cloud Data Loss Prevention (DLP).
// It modifies the configuration of the specified job trigger with the provided updated settings.
func updateTrigger(w io.Writer, jobTriggerName string) error {
	// jobTriggerName := "your-job-trigger-name" (projects/<projectID>/locations/global/jobTriggers/my-trigger)

	ctx := context.Background()

	// Initialize a client once and reuse it to send multiple requests. Clients
	// are safe to use across goroutines. When the client is no longer needed,
	// call the Close method to cleanup its resources.
	client, err := dlp.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return err
	}

	// Closing the client safely cleans up background resources.
	defer client.Close()

	// Specify the type of info the inspection will look for.
	// See https://cloud.google.com/dlp/docs/infotypes-reference for complete list of info types
	infoType := &dlppb.InfoType{
		Name: "PERSON_NAME",
	}

	// Specify the inspectConfig that represents the configuration settings for inspecting sensitive data in
	// DLP API. It includes detection types, custom info types, inspection methods, and actions
	// to be taken on detection.
	inspectConfig := &dlppb.InspectConfig{
		InfoTypes: []*dlppb.InfoType{
			infoType,
		},
		MinLikelihood: dlppb.Likelihood_LIKELY,
	}

	// Configure the inspection job we want the service to perform.
	inspectJobConfig := &dlppb.InspectJobConfig{
		InspectConfig: inspectConfig,
	}

	// Specify the jobTrigger that represents a DLP job trigger configuration.
	// It defines the conditions, actions, and schedule for executing inspections
	// on sensitive data in the specified data storage.
	jobTrigger := &dlppb.JobTrigger{
		Job: &dlppb.JobTrigger_InspectJob{
			InspectJob: inspectJobConfig,
		},
	}

	// fieldMask represents a set of fields to be included in an update operation.
	// It is used to specify which fields of a resource should be updated.
	updateMask := &fieldmaskpb.FieldMask{
		Paths: []string{"inspect_job.inspect_config.info_types", "inspect_job.inspect_config.min_likelihood"},
	}

	// Combine configurations into a request for the service.
	req := &dlppb.UpdateJobTriggerRequest{
		Name:       jobTriggerName,
		JobTrigger: jobTrigger,
		UpdateMask: updateMask,
	}

	// Send the scan request and process the response
	resp, err := client.UpdateJobTrigger(ctx, req)
	if err != nil {
		return err
	}

	// Print the result.
	fmt.Fprintf(w, "Successfully Updated trigger: %v", resp)
	return nil

}

Java

機密データの保護用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、機密データの保護のクライアント ライブラリをご覧ください。

機密データの保護のために認証するには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import com.google.cloud.dlp.v2.DlpServiceClient;
import com.google.privacy.dlp.v2.InfoType;
import com.google.privacy.dlp.v2.InspectConfig;
import com.google.privacy.dlp.v2.InspectJobConfig;
import com.google.privacy.dlp.v2.JobTrigger;
import com.google.privacy.dlp.v2.JobTriggerName;
import com.google.privacy.dlp.v2.Likelihood