コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ルーターの詳細を表示する

このページでは、以下を含む、Cloud Router とその BGP セッションの詳細を表示する方法について説明します。

BGP セッションのすべてのルートで、同じアドバタイズされたルートの基本優先度が使用されます。詳細については、アドバタイズされたプレフィックスと優先度をご覧ください。値が指定されていない場合、アドバタイズされたルートの基本優先度はデフォルト値の 100 です。

BGP 構成の問題とルート処理の問題の詳細については、トラブルシューティングページをご覧ください。

始める前に

このガイドのコマンドラインの例を使用する場合は、次の操作を行います。

  1. Google Cloud CLI の最新バージョンをインストールするか、最新バージョンに更新します。
  2. デフォルトのリージョンとゾーンを設定します。

このガイドの API の例を使用する場合は、API アクセスを設定します。

Cloud Router のステータスとルートの表示

Cloud Router のステータスとルートを表示する手順は次のとおりです。

Console

BGP セッションのステータスを確認する

  1. Google Cloud コンソールで [Cloud Router] ページに移動します。

    [Cloud Router] に移動

  2. [BGP セッション] 列を表示します。

    • チェックマークが付いた緑の円は、セッションが確立されたことを示します。
    • 感嘆符付きの赤の円は、セッションがまだ確立されていないか、すでに失敗していることを示します。

    詳細を確認するには、ポインタを感嘆符の上に置きます。セッションがまだ確立されていない場合は、数分待ってから、ページを再読み込みしてセッションが確立されたことを確認してください。セッションが失敗した場合は、ログを表示してセッションに関する情報を確認します。詳細については、ログと指標を表示するをご覧ください。

ルーターがアドバタイズしたルートを確認する

  1. Google Cloud コンソールで [Cloud Router] ページに移動します。

    [Cloud Router] に移動

  2. ルーターの名前をクリックして [ルーターの詳細] ページを開きます。

  3. [BGP セッション] で、アドバタイズされたルートを表示したい BGP セッションの名前をクリックします。

  4. [BGP セッションの詳細] ページで、[アドバタイズされたルート] セクションを確認します。

Cloud Router がネットワーク内で学習した動的ルートを確認する

  1. Google Cloud コンソールで、[VPC ルート] ページに移動します。

    [VPC ルート] に移動

  2. [ダイナミック] を選択します。

BGP ピア キープアライブの間隔の設定を決定する

  1. Google Cloud コンソールで [Cloud Router] ページに移動します。

    [Cloud Router] に移動

  2. 情報を確認するルーターをクリックします。

  3. [BGP ピア キープアライブの間隔] の [ルーターの詳細] ページで設定を表示します。

BFD セッションのステータスを確認する

  1. Google Cloud コンソールで [Cloud Router] ページに移動します。

    [Cloud Router] に移動

  2. 情報を確認するルーターをクリックします。

  3. [ルーターの詳細] ページの [BGP セッション] で、BFD が有効になっているかどうか、BFD セッションの初期化モードが設定されているかどうかを確認します。

gcloud

  1. get-status コマンドを実行して、ルーターの名前を渡します。コマンドから、ルーターのステータスとアドバタイズされたルートが返されます。

    gcloud compute routers get-status ROUTER_NAME \
       --project=PROJECT_ID \
       --region=us-central1
    

    次のように置き換えます。

    • ROUTER_NAME: Cloud Router の名前
    • PROJECT_ID: Cloud Router を含むプロジェクト
  2. 出力は次のようになります。

    kind: compute#routerStatusResponse
    result:
      bestRoutes:
      — creationTimestamp: '2019-04-17T07:16:12.789-07:00'
        destRange: 192.168.1.0/24
        kind: compute#route
        nextHopIp: 169.254.0.2
        priority: 100
      — creationTimestamp: '2019-04-17T07:16:12.789-07:00'
        destRange: 192.168.2.0/24
        kind: compute#route
        nextHopIp: 169.254.0.2
        priority: 338
      bestRoutesForRouter:
      — creationTimestamp: '2019-04-17T07:15:42.012-07:00'
        destRange: 192.168.1.0/24
        kind: compute#route
        nextHopIp: 169.254.0.2
        priority: 100
      — creationTimestamp: '2019-04-17T07:15:42.014-07:00'
        destRange: 192.168.2.0/24
        kind: compute#route
        nextHopIp: 169.254.0.2
        priority: 338
      bgpPeerStatus:
      — advertisedRoutes:
        — destRange: 10.0.1.0/24
          kind: compute#route
          nextHopIp: 169.254.0.1
          priority: 100
        — destRange: 10.0.2.0/24
          kind: compute#route
          nextHopIp: 169.254.0.1
          priority: 340
      bfdStatus:
       bfdSessionInitializationMode: ACTIVE
          configUpdateTimestampMicros: '1615561369012381'
          controlPacketCounts:
            numRx: 64014
            numRxRejected: 0
            numRxSuccessful: 64014
            numTx: 63994
          controlPacketIntervals:
          — avgMs: '263'
            duration: MINUTE
            maxMs: '299'
            minMs: '225'
            numIntervals: '227'
            type: TRANSMIT
          — avgMs: '262'
            duration: MAX
            maxMs: '4467'
            minMs: '0'
            numIntervals: '63993'
            type: TRANSMIT
          — avgMs: '261'
            duration: MINUTE
            maxMs: '1000'
            minMs: '176'
            numIntervals: '228'
            type: RECEIVE
          localDiagnostic: NO_DIAGNOSTIC
          localState: UP
          negotiatedLocalControlTxIntervalMs: 1000
          rxPacket:
            authenticationPresent: false
            controlPlaneIndependent: false
            demand: false
            diagnostic: NO_DIAGNOSTIC
            final: false
            length: 24
            minEchoRxIntervalMs: 0
            minRxIntervalMs: 1000
            minTxIntervalMs: 1000
            multiplier: 5
            multipoint: false
            myDiscriminator: 313496190
            poll: false
            state: UP
            version: 1
            yourDiscriminator: 369987665
          txPacket:
            authenticationPresent: false
            controlPlaneIndependent: false
            demand: false
            diagnostic: NO_DIAGNOSTIC
            final: false
            length: 24
            minEchoRxIntervalMs: 0
            minRxIntervalMs: 1000
            minTxIntervalMs: 1000
            multiplier: 5
            multipoint: false
            myDiscriminator: 369987665
            poll: false
            state: UP
            version: 1
            yourDiscriminator: 313496190
          uptimeMs: '16812601'
      enableIpv6: true
      ipAddress: 169.254.0.1
      ipv6NexthopAddress: 2600:2d00:0:0:0:0:1:5
      linkedVpnTunnel: https://www.googleapis.com/compute/projects/PROJECT_ID/regions/us-central1/vpnTunnels/vpn-1-tunnel-1
      name: mysession2
      numLearnedRoutes: 2
      peerIpAddress: 169.254.0.2
      peerIpv6NexthopAddress: 2600:2d00:0:0:0:0:1:4
      state: Established
      status: UP
      uptime: 2 days, 3 hours, 37 minutes, 0 seconds
      uptimeSeconds: '185820'
    network: https://www.googleapis.com/compute/kind: compute#routerStatusResponse
    

API

routers.getRouterStatus メソッドを使用します。

GET https://compute.googleapis.com/compute/v1/projects/PROJECT_ID/regions/REGION/routers/ROUTER_NAME/getRouterStatus

次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: Cloud Router が含まれるプロジェクト
  • REGION: Cloud Router が配置されているリージョン
  • ROUTER_NAME: Cloud Router の名前

BGP セッション構成の表示

既存の BGP セッションの構成を表示するには:

Console

  1. Google Cloud コンソールで [Cloud Router] ページに移動します。

    [Cloud Router] に移動

  2. ルーターのリストから、表示する BGP セッションを含むルーターを選択します。

  3. [BGP セッション] を表示して、Cloud Router の BGP セッションの詳細を確認します。

gcloud

  1. describe コマンドを実行して、Cloud Router の名前を渡します。

    gcloud compute routers describe ROUTER_NAME /
      --project PROJECT_ID /
      --region REGION
    

    次のように置き換えます。

    • ROUTER_NAME: Cloud Router の名前
    • PROJECT_ID: Cloud Router を含むプロジェクト
    • REGION: Cloud Router が配置されているリージョン
  2. 出力で、bgpPeers セクションを表示します。

      bgp:
        advertiseMode: DEFAULT
        asn: 65001
        keepaliveInterval: 120
      bgpPeers:
      — advertiseMode: DEFAULT
        bfd:
         minReceiveInterval: 1000
         minTransmitInterval: 1000
         mode: ACTIVE
         multiplier: 5
        enable: 'TRUE'
        enableIpv6: true
        interfaceName: if-mysession2
        ipAddress: 169.254.0.1
        ipv6NexthopAddress: 2600:2d00:0:0:0:0:1:5
        name: mysession2
        peerAsn: 65002
        peerIpAddress: 169.254.0.2
        peerIpv6NexthopAddress: 2600:2d00:0:0:0:0:1:6
      creationTimestamp: '2019-03-15T13:48:12.433-07:00'
      description: ''
      id: '1234567890123456789'
      interfaces:
      — ipRange: 169.254.0.1/30
      linkedVpnTunnel: https://www.googleapis.com/compute/projects/PROJECT_ID/regions/us-central1/vpnTunnels/vpn-1-tunnel-1
      name: if-mysession2
      kind: compute#router
      name: ROUTER_NAME
      network: https://www.googleapis.com/compute/projects/PROJECT_ID/global/networks/network-a
      region: https://www.googleapis.com/compute/projects/PROJECT_ID/regions/us-central1
      selfLink: https://www.googleapis.com/compute/projects/PROJECT_ID/regions/us-central1/routers/ROUTER_NAME
      selfLinkWithId: https://www.googleapis.com/compute/projects/PROJECT_ID/regions/us-central1/routers/7114728016518951267
    

API

routers.get メソッドを使用します。

GET https://compute.googleapis.com/compute/v1/projects/PROJECT_ID/regions/REGION/routers/ROUTER_NAME

次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: Cloud Router が含まれるプロジェクト
  • REGION: Cloud Router が配置されているリージョン
  • ROUTER_NAME: Cloud Router の名前

出力の bgpPeers[] フィールドに、各 BGP セッションの構成が含まれます。

次のステップ