BGP セッションの終了

BGP セッションを終了するには、Cloud VPN トンネルや VLAN アタッチメントなどの関連するリソースを削除します。リソースを削除すると、セッションは自動的に終了します。

gcloud コマンドライン ツールまたは API を使用すると、BGP セッションを手動で終了できます。この場合、トンネルまたは VLAN アタッチメントは残りますが、Cloud Router はこれらのルートをアドバタイズしません。

gcloud

次の例のように remove-bgp-peer コマンドを実行します。

gcloud compute routers remove-bgp-peer my-router --peer-name my-bgp-peer

API

BGP セッションを終了するには、routers.patch メソッドを使用して、bgpPeers[] フィールドを更新することで、BGP ピアを Cloud Router から削除します。

bgpPeers[] フィールドには、BGP ピアの配列を指定します。このフィールドに PATCH を実行すると、BGP ピアの既存の配列がリクエストに含まれる新しい配列で上書きされます。

  1. GET リクエストを送信して、ルーターの BGP ピアの現在の配列を取得します。Cloud Router の構成の表示をご覧ください。

  2. BGP ピアの新しい配列を指定して PATCH リクエストを送信します。前の手順の GET リクエストで返された配列を使用し、ルーターで不要な BGP ピアを削除します。

    PATCH https://compute.googleapis.com/compute/v1/projects/PROJECT_ID/regions/REGION/routers/ROUTER_NAME
    {
      "bgpPeers": [
        BGP_PEERS
      ]
    }
    

    次の値を置き換えます。

    • PROJECT_ID: Cloud Router が含まれるプロジェクト
    • REGION: Cloud Router が配置されているリージョン
    • ROUTER_NAME: Cloud Router の名前
    • BGP_PEERS: BGP ピアの新しい配列の内容

      次の例では、2 つの BGP ピアが含まれています。

      {
        "name": "peer-1",
        "interfaceName": "if-peer-1",
        "ipAddress": "169.254.10.1",
        "peerIpAddress": "169.254.10.2",
        "peerAsn": 64512,
        "advertisedRoutePriority": 100,
        "advertiseMode": "DEFAULT"
      },
      {
        "name": "peer-2",
        "interfaceName": "if-peer-2",
        "ipAddress": "169.254.20.1",
        "peerIpAddress": "169.254.20.2",
        "peerAsn": 64513,
        "advertisedRoutePriority": 100,
        "advertiseMode": "DEFAULT"
      }