コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

BGP セッションの無効化または削除

BGP セッションを一時的に無効にするか、完全に削除できます。セッションを無効にする一般的な理由としては、別の BGP ピアに移行する際にルーターの構成を変更する場合や、BGP ピアでメンテナンスを行う場合などが考えられます。

始める前に

このガイドのコマンドラインの例を使用する場合は、次の操作を行います。

  1. Google Cloud CLI の最新バージョンをインストールするか、最新バージョンに更新します。
  2. デフォルトのリージョンとゾーンを設定します。

このガイドの API の例を使用する場合は、API アクセスを設定します。

BGP セッションを無効にする

BGP セッションを無効にするには、Google Cloud Console、update-bgp-peer コマンド、または API を使用します。デフォルトでは、BGP セッションは有効になっています。

無効にした場合、BGP ピアとの有効なセッションがシャットダウンされ、関連付けられているすべてのルーティング情報が削除されます。

BGP セッションを無効にするには、次の手順を行います。

Console

  1. Google Cloud コンソールで [Cloud Router] ページに移動します。

    [Cloud Router] に移動

  2. 無効にする BGP セッションをホストするルーターを選択します。
  3. [ルーターの詳細] ページで、無効にする BGP セッションを選択します。
  4. [BGP セッションの詳細] ページで、[編集] を選択します。
  5. [BGP ピア] で、[無効] を選択します。
  6. [保存] をクリックします。

gcloud

update-bgp-peer コマンドを実行します。

  gcloud compute routers update-bgp-peer ROUTER_NAME \
      --project=PROJECT_ID \
      --peer-name=PEER_NAME \
      --region=REGION \
      --no-enabled

次のように置き換えます。

  • ROUTER_NAME: Cloud Router の名前
  • PROJECT_ID: Cloud Router が含まれるプロジェクト
  • PEER_NAME: BGP ピアの名前
  • REGION: Cloud Router が配置されているリージョン

API

routers.patch メソッドを使用して bgpPeers[] フィールドを更新します。

bgpPeers[] フィールドには、BGP ピアの配列を指定します。このフィールドに PATCH を実行すると、BGP ピアの既存の配列がリクエストに含まれる新しい配列で上書きされます。

  1. GET リクエストを送信して、ルーターの BGP ピアの現在の配列を取得します。詳しくは、BGP セッション構成の表示をご覧ください。

  2. BGP ピアの新しい配列を指定して PATCH リクエストを送信します。BGP セッションを無効にする BGP ピアごとに、bgpPeers[].enableFALSE に設定します。

    PATCH https://compute.googleapis.com/compute/v1/projects/PROJECT_ID/regions/REGION/routers/ROUTER_NAME
    {
      "bgpPeers": [
        BGP_PEERS
      ]
    }
    

    次のように置き換えます。

    • PROJECT_ID: Cloud Router が含まれるプロジェクト
    • REGION: Cloud Router が配置されているリージョン
    • ROUTER_NAME: Cloud Router の名前
    • BGP_PEERS: BGP ピアの新しい配列の内容

    次の例では、最初の BGP ピアのセッションを無効にします。

        {
          "name": "peer-1",
          "interfaceName": "if-peer-1",
          "ipAddress": "169.254.10.1",
          "peerIpAddress": "169.254.10.2",
          "peerAsn": 64512,
          "advertisedRoutePriority": 100,
          "advertiseMode": "DEFAULT",
          "advertisedGroups": [],
          "advertisedIpRanges": [],
          "enable": FALSE
        },
        {
          "name": "peer-2",
          "interfaceName": "if-peer-2",
          "ipAddress": "169.254.20.1",
          "peerIpAddress": "169.254.20.2",
          "peerAsn": 64513,
          "advertisedRoutePriority": 100,
          "advertiseMode": "DEFAULT",
          "advertisedGroups": [],
          "advertisedIpRanges": []
        }
    

BGP セッションを有効にする

BGP セッションを有効にするには、Google Cloud Console、update-bgp-peer コマンド、または API を使用します。デフォルトでは、BGP セッションは有効になっています。

有効にした場合、ルーティング情報を使用してピア接続を確立できます。

BGP セッションを有効にするには、次の手順を行います。

Console

  1. Google Cloud コンソールで [Cloud Router] ページに移動します。

    [Cloud Router] に移動

  2. 有効にする BGP セッションをホストするルーターを選択します。
  3. [ルーターの詳細] ページで、有効にする BGP セッションを選択します。
  4. [BGP セッションの詳細] ページで、[編集] を選択します。
  5. [BGP ピア] で、[有効] を選択します。
  6. [保存] をクリックします。

gcloud

update-bgp-peer コマンドを実行します。

  gcloud compute routers update-bgp-peer ROUTER_NAME \
      --project=PROJECT_ID \
      --peer-name=PEER_NAME \
      --region=REGION \
      --enabled

次のように置き換えます。

  • ROUTER_NAME: Cloud Router の名前
  • PROJECT_ID: Cloud Router が含まれるプロジェクト
  • PEER_NAME: BGP ピアの名前
  • REGION: Cloud Router が配置されているリージョン

API

routers.patch メソッドを使用して bgpPeers[] フィールドを更新します。

bgpPeers[] フィールドには、BGP ピアの配列を指定します。このフィールドに PATCH を実行すると、BGP ピアの既存の配列がリクエストに含まれる新しい配列で上書きされます。

  1. GET リクエストを送信して、ルーターの BGP ピアの現在の配列を取得します。詳しくは、Cloud Router の詳細を表示するをご覧ください。

  2. BGP ピアの新しい配列を指定して PATCH リクエストを送信します。BGP セッションを有効にする BGP ピアごとに、bgpPeers[].enableTRUE に設定します。

    PATCH https://compute.googleapis.com/compute/v1/projects/PROJECT_ID/regions/REGION/routers/ROUTER_NAME
    {
      "bgpPeers": [
        BGP_PEERS
      ]
    }
    

    次のように置き換えます。

    • PROJECT_ID: Cloud Router が含まれるプロジェクト
    • REGION: Cloud Router が配置されているリージョン
    • ROUTER_NAME: Cloud Router の名前
    • BGP_PEERS: BGP ピアの新しい配列の内容

    次の例では、最初の BGP ピアのセッションを有効にします。

        {
          "name": "peer-1",
          "interfaceName": "if-peer-1",
          "ipAddress": "169.254.10.1",
          "peerIpAddress": "169.254.10.2",
          "peerAsn": 64512,
          "advertisedRoutePriority": 100,
          "advertiseMode": "DEFAULT",
          "advertisedGroups": [],
          "advertisedIpRanges": [],
          "enable": TRUE
        },
        {
          "name": "peer-2",
          "interfaceName": "if-peer-2",
          "ipAddress": "169.254.20.1",
          "peerIpAddress": "169.254.20.2",
          "peerAsn": 64513,
          "advertisedRoutePriority": 100,
          "advertiseMode": "DEFAULT",
          "advertisedGroups": [],
          "advertisedIpRanges": []
        }
    

BGP セッションを削除する

BGP セッションに関連付けられた Cloud VPN トンネルまたは VLAN アタッチメントを削除すると、セッションは自動的にシャットダウンされます。

BGP セッションを手動で削除するには、Google Cloud Console、remove-bgp-peer コマンド、または API を使用します。BGP セッションを削除しても、VPN トンネルまたは VLAN アタッチメントは残りますが、Cloud Router はルートをアドバタイズしません。

BGP セッションを削除するには、次の手順を行います。

Console

  1. Google Cloud コンソールで [Cloud Router] ページに移動します。

    [Cloud Router] に移動

  2. BGP セッションを削除するルーターを選択します。
  3. [BGP セッション] で、削除する BGP セッションを選択します。
  4. ページの上部にある [削除] をクリックして、削除を確定します。

gcloud

remove-bgp-peer コマンドを実行します。

gcloud compute routers remove-bgp-peer ROUTER_NAME \
    --project=PROJECT_ID \
    --peer-name=PEER_NAME \
    --region=REGION \

次のように置き換えます。

  • ROUTER_NAME: Cloud Router の名前
  • PROJECT_ID: Cloud Router が含まれるプロジェクト
  • PEER_NAME: BGP ピアの名前
  • REGION: Cloud Router が配置されているリージョン

API

Cloud Router から BGP ピアを削除するには、routers.patch メソッドを使用して bgpPeers[] フィールドを更新します。

bgpPeers[] フィールドには、BGP ピアの配列を指定します。このフィールドに PATCH を実行すると、BGP ピアの既存の配列がリクエストに含まれる新しい配列で上書きされます。

  1. GET リクエストを送信して、ルーターの BGP ピアの現在の配列を取得します。詳しくは、Cloud Router の詳細を表示するをご覧ください。

  2. BGP ピアの新しい配列を指定して PATCH リクエストを送信します。前の手順の GET リクエストで返された配列を使用し、ルーターで不要な BGP ピアを削除します。

    空の配列を送信して、すべての BGP ピアを削除できます。

    PATCH https://compute.googleapis.com/compute/v1/projects/PROJECT_ID/regions/REGION/routers/ROUTER_NAME
    {
      "bgpPeers": [
        BGP_PEERS
      ]
    }
    

    次のように置き換えます。

    • PROJECT_ID: Cloud Router が含まれるプロジェクト
    • REGION: Cloud Router が配置されているリージョン
    • ROUTER_NAME: Cloud Router の名前
    • BGP_PEERS: BGP ピアの新しい配列の内容

    次の例では、2 つの BGP ピアが含まれています。

        {
          "name": "peer-1",
          "interfaceName": "if-peer-1",
          "ipAddress": "169.254.10.1",
          "peerIpAddress": "169.254.10.2",
          "peerAsn": 64512,
          "advertisedRoutePriority": 100,
          "advertiseMode": "DEFAULT"
        },
        {
          "name": "peer-2",
          "interfaceName": "if-peer-2",
          "ipAddress": "169.254.20.1",
          "peerIpAddress": "169.254.20.2",
          "peerAsn": 64513,
          "advertisedRoutePriority": 100,
          "advertiseMode": "DEFAULT"
        }
    

次のステップ