ルーター アプライアンス インスタンスの削除

このページでは、ルーター アプライアンス インスタンスとその基盤となる Google Cloud リソースを削除する方法について説明します。このプロセスを説明するため、このページでは、ルーター アプライアンス インスタンスの作成で説明されているシナリオを使用しています。

Router アプライアンスの詳細については、Router アプライアンスの概要をご覧ください。

Network Connectivity Center の詳細については、Network Connectivity Center の概要をご覧ください。

始める前に

始める前に、次のセクションを確認してください。

プロジェクトの作成または選択

Network Connectivity Center を簡単に構成できるように、まず、有効なプロジェクトを特定します。

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Cloud SDK をインストールして初期化します。
  5. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  6. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  7. Cloud SDK をインストールして初期化します。
  1. gcloud コマンドライン ツールを使用している場合は、次のコマンドを実行してプロジェクト ID を設定します。このページの gcloud の説明では、プロジェクト ID がすでに設定されていることを前提としています。
    gcloud config set project PROJECT_ID
        
  1. 次のコマンドを実行して、ID が設定されていることを確認します。
    gcloud config list --format='text(core.project)'
        

アクセスの取得

Network Connectivity Center を使用するには、アクセス制御で説明されている権限が必要です。

Cloud Router 上の BGP ピアの削除

gcloud

ルーター アプライアンス インスタンスの Cloud Router で 2 つの冗長 BGP ピアを削除するには、次のコマンドを入力します。

 gcloud compute routers remove-bgp-peer NAME \
     --peer-name PEER_NAME,PEER_NAME \
     --region=REGION \
     --project=PROJECT_ID

次のように置き換えます。

  • NAME: 更新する Cloud Router の名前(例: router-a
  • PEER_NAME: 削除する BGP ピアの名前(例: router-appliance-bgp-peer-0router-appliance-bgp-peer-1
  • REGION: ルーター アプライアンス インスタンスとして機能する VM が配置されているリージョン(例: us-west1
  • PROJECT_ID: Cloud Router のプロジェクトの ID(例: my-project

API

ルーター アプライアンス インスタンスの Cloud Router で 2 つの BGP ピアを削除するには、compute.routers.patch メソッドを使用します。リクエストでは、保持する BGP ピアの情報を渡します。ピアごとに、構成済みのすべてのフィールドを含める必要があります。

次の例では、Cloud Router からすべての BGP ピアを削除します。

PATCH
https://compute.googleapis.com/compute/v1/projects/PROJECT_ID/region/REGION/routers/NAME
 {
  "bgpPeers": []
 }

次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: Cloud Router のプロジェクトの ID(例: my-project
  • REGION: ルーター アプライアンス インスタンスとして機能する VM が配置されているリージョン(例: us-west1
  • NAME: 更新する Cloud Router の名前(例: router-a

ルーター アプライアンス インスタンスの Cloud Router インターフェースの削除

ルーター アプライアンス インスタンスで Cloud Router インターフェースを削除する場合は、次のガイドラインを使用します。

  • 両方のインターフェースを同時に削除します。
  • Cloud Router インターフェースは、他の Google Cloud リソースによって使用されていない場合にのみ削除してください。

gcloud

ルーター アプライアンス インスタンスの 2 つの冗長 Cloud Router インターフェースを削除するには、次のコマンドを入力します。

 gcloud compute routers remove-interface NAME \
     --interface-names=INTERFACE_NAME,INTERFACE_NAME \
     --region=REGION \
     --project=PROJECT_ID

次のように置き換えます。

  • NAME: 更新する Cloud Router の名前(例: router-a
  • INTERFACE_NAME: インターフェースの名前(例: router-appliance-interface-0router-appliance-interface-1
  • REGION: Cloud Router が存在する Google Cloud リージョン(例: us-west1
  • PROJECT_ID: Cloud Router のプロジェクトの ID(例: my-project

API

Cloud Router でルーター アプライアンス インスタンスの 2 つの冗長インターフェースを削除するには、compute.routers.patch メソッドを使用します。リクエストでは、保持する BGP ピアの情報を渡します。ピアごとに、構成済みのすべてのフィールドを含める必要があります。

次の例では、Cloud Router からすべてのインターフェースを削除します。

"PATCH   https"://www.googleapis.com/compute/v1/projects/PROJECT_ID/region/REGION/routers/NAME{
  "region":"REGION",
  "interfaces":[]
}

次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: Cloud Router のプロジェクトの ID(例: my-project
  • REGION: Cloud Router が存在する Google Cloud リージョン(例: us-west1
  • NAME: 更新する Cloud Router の名前(例: router-a
  • NETWORK: VPC ネットワークの名前(例: network-a
  • INTERFACE_NAME: インターフェースの名前(例: router-appliance-interface-0router-appliance-interface-1

Cloud Router の削除

手順については、ルーターの削除をご覧ください。

Network Connectivity Center スポークの削除

手順については、スポークの削除をご覧ください。

VM 上の Router アプライアンス ソフトウェアの削除

手順については、お使いの Router アプライアンスのベンダーのドキュメントをご覧ください。

Router アプライアンス VM の削除

gcloud

Router アプライアンス VM インスタンスを削除するには、次のコマンドを入力します。

gcloud compute instances delete INSTANCE_NAME \
    --project=PROJECT_ID \
    --zone=ZONE

次のように置き換えます。

  • INSTANCE_NAME: ルーター アプライアンス インスタンスの名前(例: router-app-a
  • PROJECT_ID: Cloud Router のプロジェクトの ID(例: my-project
  • ZONE: ルーター アプライアンス インスタンスとして機能する VM が存在するゾーン(例: us-west1-a

API

VM インスタンスを削除するには、compute.instances.delete メソッドを使用します。

DELETE https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/PROJECT_ID/zones/ZONE/instances/INSTANCE_NAME

次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: Cloud Router のプロジェクトの ID(例: my-project
  • ZONE: ルーター アプライアンス インスタンスとして機能する VM が存在するゾーン(例: us-west1-a
  • INSTANCE_NAME: ルーター アプライアンス インスタンスの名前(例: router-app-a

BGP を許可するファイアウォール ルールの削除

必要に応じて、ルーター アプライアンス インスタンスが存在するネットワークに対して TCP ポート 179 での BGP トラフィックを許可するファイアウォール ルールを削除します。

手順については、ファイアウォール ルールの削除をご覧ください。

次のステップ