統合型 Software as a Service(SaaS)請求プラットフォームへのサブスクリプションの移行

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

2022 年 6 月 13 日以降、統合 Software as a Service(SaaS)サブスクリプションが Google Cloud Marketplace 内の新しい課金プラットフォームに移行されます。

移行は自動的に行われるため、何もする必要はありません。

統合型 SaaS 請求への移行中に想定される動作

移行中、Google Cloud コンソールでサブスクリプションを管理すると、次のような変更が発生する可能性があります。

  • Cloud Billing レポートの新しい Google Cloud プロジェクト。新しい Google Cloud プロジェクトには自動生成された名前と ID があります。移行が完了すると、サブスクリプションの現在のプロジェクトが新しいプロジェクトに置き換えられます。

  • [ご注文] ページにおけるサブスクリプションの有効な注文と無効な注文。サブスクリプションを変更するには、有効な注文を使用してください。