Stackdriver ワークスペースと Stackdriver Logging

Amazon Web Service(AWS)アカウントからログを送信するには、ワークスペースが必要です。

ワークスペースを使用して複数のプロジェクトと AWS アカウントのログを同時に表示することはできません。プロジェクトや AWS アカウントのログを個別に表示したり、エクスポートしたりする必要があります。

ワークスペースとその仕組みについては、Stackdriver ワークスペースをご覧ください。ワークスペースの作成と使用の詳しい手順については、ワークスペースを管理するをご覧ください。

AWS ログへのアクセス

AWS アカウントからログを取得するには、単一の AWS アカウントのモニタリングまたは複数のプロジェクトのモニタリングの手順に従います。各 Amazon アカウントは AWS コネクタ プロジェクトを使用して、GCP に接続されます。モニタリング情報が含まれているワークスペースではなく、コネクタ プロジェクトで Amazon アカウントからログを見つけます。

ワークスペースの [Settings] ページにアクセスすることで、ワークスペースの AWS コネクタ プロジェクトの名前を確認できます。

Stackdriver ワークスペースの [Settings] ページに移動

ワークスペースから GCP ログへのアクセス

ワークスペースがすでに複数の GCP プロジェクトをモニタリングしている場合、ワークスペースでそれらのプロジェクトからモニタリング情報を見つけることができます。ただし、ワークスペースで個々のプロジェクト(モニタリング対象プロジェクトホスティング プロジェクト)からログを検索する必要があります。

ワークスペースの [Settings] ページにアクセスすることで、ワークスペースでモニタリングしている GCP プロジェクトを確認できます。

Stackdriver ワークスペースの [Settings] ページに移動

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。