ロードバランサの選択

このドキュメントは、どの Google Cloud ロードバランサがニーズに最適であるかを確認する際に利用できます。

Google Cloud の実装に最適なロードバランサを決定するには、Cloud Load Balancing の以下の事項について検討します。

  • グローバル負荷分散とリージョン負荷分散
  • 外部負荷分散と内部負荷分散
  • トラフィックの種類

詳細については、負荷分散の概要をご覧ください。

フローチャート

グローバル負荷分散とリージョン負荷分散、外部負荷分散と内部負荷分散のどちらが必要か、ロードバランサで処理する必要があるトラフィックの種類が決まったら、次のフローチャートを使用してクライアント、プロトコル、ネットワーク構成で使用できる負荷分散を決定します。

ロードバランサを選ぶためのフローチャート(クリックで拡大)
ロードバランサを選ぶためのフローチャート(クリックで拡大)

TLS の終端ロケーションに対する地理的制御

外部 HTTP(S) ロードバランサと SSL プロキシ ロードバランサは、クライアントとロードバランサ間のレイテンシが最小限になるように、グローバルに分散しているロケーションで Transport Layer Security(TLS)を終端します。どこで TLS を終端するかを地理的に制御する必要がある場合は、ネットワーク負荷分散を代わりに使用し、ニーズに適したリージョンにあるバックエンドで TLS を終端する必要があります。

Google Cloud ロードバランサの概要

次の表は、各ロードバランサに固有の情報を示しています。

ロードバランサの種類 トラフィックの種類 クライアント IP を保持 グローバルかリージョンか 負荷分散スキーム ロードバランサの宛先ポート プロキシまたはパススルー
外部 HTTP(S) HTTP または HTTPS × グローバル* EXTERNAL HTTP では 80 か 8080、HTTPS では 443 プロキシ
内部 HTTP(S) HTTP または HTTPS × リージョン INTERNAL_MANAGED HTTP では 80 か 8080、HTTPS では 443 プロキシ
SSL プロキシ TCP、SSL オフロード × グローバル* EXTERNAL 25、43、110、143、195、443、465、587、700、993、995、1883、5222 プロキシ
TCP プロキシ TCP、SSL オフロードなし × グローバル* EXTERNAL 25、43、110、143、195、443、465、587、700、993、995、1883、5222 プロキシ
外部ネットワーク TCP / UDP TCP または UDP リージョン EXTERNAL 任意 パススルー
内部 TCP / UDP TCP または UDP リージョン INTERNAL 任意 パススルー

* グローバル(プレミアム ティア)。リージョン(スタンダード ティア)。

次のステップ

  • アプリケーションのニーズに応じて適切なロードバランサを選択する。ロードバランサの機能をご覧ください。