Google Cloud Launcher とは

Google Cloud Launcher を使うと、Google Cloud Platform で実行する機能的なソフトウェア パッケージを素早くデプロイできます。Compute EngineCloud Storage などのサービスに慣れていない場合でも、なじみのあるソフトウェア パッケージを簡単に使い始めることができます。ソフトウェア、仮想マシン インスタンス、ストレージ、ネットワークの設定を手動で行う必要はありません。今すぐソフトウェア パッケージをデプロイして、アプリケーションで追加の容量が必要になったら後から拡張できます。Google Cloud Platform では、重大な問題や脆弱性を修正するためにこれらのソフトウェア パッケージのイメージが更新されますが、すでにデプロイされているソフトウェアは更新されません。

無料トライアルにお申し込みいただくと、300 ドル分のクレジットを獲得して、お気に入りのソフトウェア パッケージのデプロイを作成できます。

ソフトウェア パッケージのデプロイ

GCP Console の [Cloud Launcher] ページで、ソフトウェア パッケージを選択してデプロイできます。Cloud Launcher にはさまざまなソリューションが用意されています。同じソリューションの複数のバリエーションがある場合もあります。たとえば、Cloud Launcher には WordPress のパッケージが複数あります。ソリューションがニーズを満たしていることを確認できるように、ソリューションの VM タイプ、オペレーティング システム、推定費用などが記述された詳細ページがソリューションごとに用意されています。

パッケージを検索して、ビジネスニーズを満たすパッケージを選択します。デプロイを起動する際には、デフォルトの構成を使用することも、構成をカスタマイズして仮想 CPU やストレージ リソースを増やすこともできます。クラスタで使用する仮想マシン インスタンスの数を指定できるパッケージもあります。

お支払いとご請求

Cloud Launcher のソフトウェア パッケージは、ほとんどが無料です。これらのソリューションのデプロイにかかる費用は、Google Cloud Platform リソースの通常の使用料だけです。推定費用は、インスタンスとストレージの推奨最小構成に基づいています。ネットワークの費用は含まれていません。インスタンスとストレージの構成はデプロイ時に変更できます。

イメージで使用料が発生する場合、その料金は、Google Cloud Platform の月額請求書の別項目に記載されます。有料のイメージの請求方法は、Google Cloud Platform サービスの使用料の請求方法と同じです。Google Cloud Platform のお支払いとご請求の詳細については、Google Cloud Platform のお支払いとご請求に関するヘルプをご覧ください。

サポート

Cloud Launcher のほとんどのソフトウェア パッケージは、パッケージの詳細ページの「メンテナンスとサポート」セクションにサポートの連絡先が記されています。

Stack Overflow でより幅広いコミュニティのサポートを受けることもできます。

フィードバックと提案

新しいソフトウェア パッケージに関する提案や、既存の提供サービスに関するフィードバックをお寄せください。[Cloud Launcher] ページの下部にフィードバックのリンクが用意されています。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...