Stackdriver Monitoring

Stackdriver Monitoring を使用すると、クラウドで実行されるアプリケーションのパフォーマンスや稼働時間、全体的な動作状況を確認できます。Stackdriver は、Cloud Dataproc クラスタから指標、イベント、メタデータを収集して取り込み、ダッシュボードやグラフを介して分析情報を生成します。

Cloud Dataproc クラスタのパフォーマンスと正常性をモニタリングするには、Stackdriver クラスタの指標を使用します。

Stackdriver クラスタの指標

Cloud Dataproc クラスタのリソース指標は Cloud Dataproc クラスタで自動的に有効になります。Monitoring を使用してこれらの指標を表示できます。

Monitoring には、Monitoring コンソールから、または Monitoring API を使用してアクセスできます。

Console

クラスタを作成したら、Monitoring コンソールに移動して、クラスタのモニタリング データを表示します。

初めて Monitoring にアクセスするときに、ワークスペースを作成し、プロジェクトを選択するように求められます。追加のセットアップ手順として、プロジェクト内の VM に Monitoring エージェントをインストールすることもできます。この手順は Cloud Dataproc クラスタを作成するときに自動的に実行されるため、Cloud Dataproc クラスタの VM にエージェントをインストールする必要はありません。

ワークスペースを設定すると、Monitoring コンソールが表示されます。

[Resources] → [Metrics Explorer] を選択して、[Find resource type and metric] 入力ボックスをクリックし、リソース プルダウン リストを表示します。[Cloud Dataproc Cluster] リソースを選択(またはボックスに「cloud_dataproc_cluster」と入力)します。

入力ボックスをもう一度クリックし、プルダウン リストから指標を選択します。次のスクリーンショットでは、「YARN memory size」が選択されています。指標名にカーソルを合わせると、指標に関する情報が表示されます。

フィルタの選択、指標ラベルによるグループ化、集計、グラフ表示オプションの選択を行えます(Monitoring ドキュメントを参照)。

API

Monitoring の timeSeries.list API を使用して、filter 式で定義された指標を取得し、一覧表示できます。API ページの [Try this API] テンプレートを使用して、API リクエストを送信し、レスポンスを表示します。

: これは、次の Monitoring timeSeries.list パラメータに対して返された JSON レスポンスと、テンプレート リクエストのスナップショットです。

  • name: projects/example-project-id
  • filter: metric.type="dataproc.googleapis.com/cluster/hdfs/storage_capacity"
  • interval.endTime: 2018-02-27T11:54:00.000-08:00
  • interval.startTime: 2018-02-20T00:00:00.000-08:00

カスタム Monitoring ダッシュボードの構築

選択した Cloud Dataproc クラスタ指標のグラフを表示するカスタム Monitoring ダッシュボードを構築できます。

  1. Monitoring コンソールから、[Dashboards] → [Create Dashboard] を選択します。

  2. [Untitled Dashboard] が開きます。[Add Chart] をクリックします。[Add Chart] ウィンドウで、リソースタイプとして [Cloud Dataproc Cluster] を選択します。1 つ以上の指標と、指標およびチャートのプロパティを選択します。新しいグラフのタイトルを確認または入力し、次にチャートを保存します。

  3. ダッシュボードにグラフを追加できます。ダッシュボードを保存すると、そのタイトルが Monitoring の [Dashboards] メニューに表示されます。

  4. ダッシュボードのグラフは、ダッシュボード表示ページから表示、更新、削除ができます。

Monitoring アラートの使用

Cloud Dataproc クラスタやジョブ指標が、指定されたしきい値を超えた場合に通知される Monitoring アラートを作成できます(HDFS の空き容量が少なくなった場合など)。

アラートの作成

  1. Monitoring コンソールから [Alerting] → [Create a Policy] を選択します。

  2. [Create a new alerting policy] ページで、アラートの条件、通知チャネル、ドキュメントを追加して、アラートを定義します。

  3. [Conditions] → [+ Add Condition] を選択し、[Select condition type] ページで [Metric Threshold/Rate Change/Absence] を選択します。

  4. [Add monitoring.v3 Condition] ページで「Cloud Dataproc Cluster」の指標とアラートのトリガー条件を選択し、[Save Condition] をクリックします。

  5. アラート条件を設定したら、通知チャネル、ドキュメント、新しいアラート ポリシーの名前を [Create a new alerting policy] ページから設定して、アラート ポリシーを完成させます。

アラートの表示

指標しきい値条件によってアラートがトリガーされると、Monitoring によってインシデント(および対応するイベント)が作成されます。Monitoring の [Alerting] → [Incidents] ページから、インシデントを確認できます。アラート ポリシーに通知メカニズム(メールや SMS 通知など)を定義した場合も、Monitoring によってインシデントの通知が送信されます。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Dataproc ドキュメント
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。