プレリリース版機能の使用

プレリリース版ビルドのインストールや、Cloud Code インサイダー グループへの加入により、プレリリース版の機能を試したり、貴重なフィードバックを提供したり、Cloud Code for VS Code のデベロッパーやその他のユーザーに質問したりすることができます。

プレスリリース版ビルドには、今後のリリースで削除される可能性のあるバグ修正や開発中の機能が含まれる場合があります。プレリリース版の機能は、このページと IDE のスタートページに表示されます。

プレリリース版で使用できる機能

Insider のビルドでは、次の機能を使用できます。

Apigee ローカル開発とアーカイブのデプロイ

このリリースでは、API Platform 管理をソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)に統合して、アプリケーションの開発、テスト、デプロイに使用できます。

ローカルで開発中に、Apigee in VS Code を使用して API プロキシを開発し、Apigee Emulator に対する単体テストと手動テストによって機能を検証できます(ローカルのランタイム)。アーカイブのデプロイ中に、完全な環境と API プロキシ構成を含むアーカイブを利用して、統合テストとリリースのために Apigee X にデプロイします。

詳細については、Apigee を使用したローカル開発の概要をご覧ください。

単一の Cloud Code アイコンとカスタマイズされたエクスペリエンス

Kubernetes、Cloud Run、API、Apigee、Secret Manager の各ビューを開くアイコンは、1 つのアイコンに置き換えられます。Cloud Code Cloud Code をクリックすると、次のリソースを管理するツールを含むペインが開きます。

  • クラスタ
  • Cloud Run
  • Cloud APIs
  • Secret Manager
  • Apigee

別のエクスプローラで実行したタスクは、新しいペインでも同じように機能します。たとえば、クラスタ セクションの見出しを一時停止すると、[+ KubeConfig にクラスタを追加する] メニュー項目が表示されます。

開発セッション セクションには、Kubernetes 開発セッションが構造化ビューで表示されます。

新しい [ヘルプとフィードバック エクスプローラ] には、チュートリアル、ドキュメント、バグの報告や機能のリクエスト、リリースノートへのリンクがあります。

インサイダー ビルドのインストール

インサイダー チャンネルを選択すると、新しいインサイダー ビルドが自動的にインストールされます。

  1. 管理アイコン [Manage] > [Settings] をクリックします。
  2. Cloudcode: Update Channel を検索します。
  3. リストで [インサイダー] を選択します。
  4. プロンプトが表示されたら、[再読み込み] をクリックして、Cloud Code の最新の インサイダー ビルドを使用します。

インサイダー プログラムの終了

デフォルト チャンネルを選択すると、新しい インサイダー ビルドはインストールされなくなります。Cloud Code インサイダー グループから自分自身を削除することもできます。

  1. 管理アイコン [Manage] > [Settings] をクリックします。
  2. Cloudcode: Update Channel を検索します。
  3. リストで [デフォルト] を選択します。
  4. プロンプトが表示されたら、[再読み込み] をクリックして、Cloud Code の最新のデフォルト ビルドを使用します。

プレリリース版の機能の無効化

機能がプレリリースされている間は、その機能を無効にすることでデフォルトの動作に戻すことができます。機能が一般提供になった場合は、無効にするオプションはなくなります。

  1. 管理アイコン [Manage] > [Settings] をクリックします。
  2. 無効にする機能の設定を検索します。たとえば、[Cloudcode] > [ベータ版]: [One Activity Bar を有効にする] を選択します。
  3. 機能名の横にあるチェックボックスをオフにします。