コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

構成の依存関係を持つアプリを作成する

このクイックスタートでは、サンプル アプリケーションに基づいて構成の依存関係を持つアプリケーションを設定し、アプリの一部を個別にデプロイします。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  4. Google Kubernetes Engine API を有効にします。

    API を有効にする

  5. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  6. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  7. Google Kubernetes Engine API を有効にします。

    API を有効にする

  8. Git をインストールします。サンプルをマシンにコピーするには Git が必要です。
  9. Cloud Code プラグインをインストールします(まだインストールしていない場合)。

アプリケーションの作成

  1. Bank of Anthos リポジトリのクローンを作成します。

    1. 上部のメニューバーで、[ターミナル] > [新しいターミナル] をクリックします。
    2. Bank of Anthos リポジトリのクローンを作成します。

      git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/bank-of-anthos.git
      
  2. Bank of Anthos に基づいてワークスペースを開くには、VS Code で [File] > [Open folder] をクリックし、リポジトリのクローンが作成されたフォルダに移動します。 。

  3. skaffold.yaml ファイルをダブルクリックします。

    1. このファイルには、YAML ドキュメント区切り(---)で区切られた複数の構成が含まれています。各構成は、依存関係として個別にデプロイまたは参照できます。

      ---
      apiVersion: skaffold/v2beta18
      kind: Config
      
    2. 名前が指定された構成は Skaffold モジュールと呼ばれます。次の抜粋では、frontend モジュールを定義しています。

      metadata:
      name: frontend # module defining frontend service
      
    3. 構成間の依存関係は、configs タグで指定します。必要な構成は、現在の構成の前にデプロイする必要があります。このサンプルは、同じファイルで定義されている依存関係を示しています。configs タグは、現在のプロジェクト内の他の skaffold.yaml ファイルを参照することもできます。

      requires:
      - configs: [db]
      

モジュールのデプロイ

  1. コマンド パレット(Ctrl/Cmd+Shift+P)を開き、Cloud Code: Run on Kubernetes を実行します。
  2. [Select modules] をクリックします。
  3. デプロイするモジュールを選択して、[OK] をクリックします。

    [db] をクリックすると、db コンフィグと、それに必要な setup コンフィグがビルドされます。

  4. プロンプトが表示されたら、イメージ レジストリを選択し、Enter を押します。

クリーンアップ

アプリケーションを終了すると、実行中にデプロイされたすべての Kubernetes リソースは自動で削除されます。

このクイックスタートで使用した他のリソースについてアカウントに課金されないようにするには、作成したクラスタとプロジェクトを削除してください。

Google Cloud を使用していてクラスタのみを削除する場合、手順は次のとおりです。

  1. [Cloud Code] をクリックし、[Kubernetes] セクションを展開します。
  2. ポインタをクラスタ名に合わせて、Google Cloud コンソールで開くアイコン [Google Cloud コンソールで開く] をクリックします。
  3. [削除] をクリックし、[削除] をクリックします。

プロジェクト(およびクラスタを含む関連リソース)を削除するには、次のようにします。

  1. Google Cloud コンソールの [プロジェクト] ページに移動します。

    プロジェクト ページに移動

  2. このクイックスタート用に作成したプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。

  3. プロジェクト ID を入力して確定し、[シャットダウン] をクリックします。

    プロジェクトがシャットダウンし、プロジェクト削除のスケジュールが決定されます。

次のステップ