Cloud Code の設定を構成する

クラスタ リソースの完了の有効化、YAML のフォーマットと検証の設定、Kubeconfig パスのカスタマイズなど、Cloud Code のほとんどの設定は VS Code の設定メニューを使用して構成できます。

VS Code の設定を使用して設定内容を指定する

VS Code の設定は管理メニュー(管理アイコン > [設定])からアクセスできます。最初に設定を求められたときに、Cloud Code で保存されたデフォルトの設定を上書きしたい場合には、この方法で設定内容を構成すると便利です。

VS Code の設定を使用して、YAML のフォーマットと補完、エクスプローラの公開設定、テレメトリー収集、その他の Cloud Code オプションに関する設定を切り替えることができます。また、代替の kubeconfig ファイルパスの定義、テキストの折り返しスタイルの指定、YAML ファイル マッチングの基準の定義も可能です。Cloud Code のその他の設定は、settings.json ファイルを使用して構成できます。

追加の kubeconfig ファイルの操作

デフォルトでは、Cloud Code 拡張機能はデフォルトの kubeconfig ファイル(「$HOME/.kube」ディレクトリ内)を使用して Kubernetes リソースを取得し、コマンドを実行します。

新しい kubeconfig のインポート

代替の kubeconfig ファイルを拡張機能にインポートする手順は次のとおりです。

  1. Cluster Explorer に移動します。
  2. デフォルトの構成名にカーソルを合わせます。
  3. [Default Config] の横にある二重矢印ボタン Switch kubeconfig アイコン を使用して [Switch kubeconfig] をクリックし、[+ Load kubeconfig] を選択します。この操作により、ファイル エクスプローラが開きます。
  4. ファイル エクスプローラからインポートする kubeconfig を選択します。これにより、拡張機能が使用するアクティブな kubeconfig ファイルが、インポートしたファイルに切り替わります。

ヒント: 複数の kubeconfig をインポートした場合は、[Switch kubeconfig] ボタンをクリックして切り替える kubeconfig を選択することで、簡単に切り替えることができます。

kubeconfig を切り替えて kubeconfig を削除する

kubeconfig の削除

インポートした kubeconfig を削除するには、[Remove kubeconfig from Cluster Explorer] コマンドを実行し、削除する構成をすべて選択します。