Cloud Code for VS Code の構成

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Cloud Code をカスタマイズすると、クラスタ リソースの完了の有効化、YAML のフォーマットと検証の有効化、エクスプローラの表示 / 非表示、テレメトリーの収集、Kubeconfig パスのカスタマイズができます。

VS Code の設定を使用して設定内容を指定する

VS Code の設定を構成するには、 [Manage] > [Settings] をクリックして cloudcode を検索します。

この方法で構成すると、最初に設定が求められたときに Cloud Code が保存したデフォルト値を変更できます。 これらの設定には、YAML のフォーマットと補完、テレメトリー コレクション、KubeConfig ファイルパス、ラッピング スタイル、YAML ファイル マッチングの基準が含まれます。Cloud Code のその他の設定は、settings.json ファイルを使用して構成できます。

追加の KubeConfig ファイルの操作

KubeConfig ファイルは、Kubernetes がクラスタへのアクセスを構成するために使用されるファイルです。デフォルトでは、Cloud Code はデフォルトの KubeConfig ファイル($HOME/.kube ディレクトリにあります)を使用して、Kubernetes リソースを取得し、コマンドを実行します。

新しい KubeConfig のインポート

代替の KubeConfig ファイルを Cloud Code にインポートする手順は次のとおりです。

  1. [Cloud Code] をクリックし、[Kubernetes] セクションを展開します。
  2. デフォルトの構成名の上にポインタを置きます。
  3. [Default Config] の横にある Switch KubeConfig アイコン [Switch KubeConfig] をクリックし、[+ Load KubeConfig] をクリックします。
  4. ファイル エクスプローラで、インポートする KubeConfig を選択します。インポートしたファイルがアクティブな KubeConfig ファイルになります。

ヒント: 複数の KubeConfig ファイルをインポートした場合は、Switch KubeConfig アイコン [Switch KubeConfig] をクリックし、別の KubeConfig ファイルを選択することで、簡単に切り替えることができます。

KubeConfig の削除

インポートした KubeConfig ファイルを削除するには、コマンド パレット(Ctrl/Cmd +Shift +Pを押下または、表示 > コマンド パレットをクリック)を使用して、Kubernetes Explorer から KubeConfig を削除するコマンドを選択して、削除する構成ファイルを選択します。

settings.json で設定を構成する

Cloud Code デバッガのカスタマイズなどの一部の詳細設定は、settings.json ファイルで構成します。

  1. [設定] で、変更する設定の下にある [settings.json で編集] をクリックします。settings.json ファイルが適切な設定で開きます。
  2. 引用符(")を入力して、設定のプロパティまたは値のリストを開きます。たとえば、cloudcode.debug-kubernetes に「"」と入力すると、SuppressGoWarningSuppressJavaWarningSuppressNETCoreWarningSuppressNodeJSWarningSuppressPythonWarning のオプションが表示されます。
  3. プロパティをクリックしてから、プロパティに設定する値をクリックします。値を直接設定する場合は、その値をクリックします。たとえば、SuppressNodeJSWarning をクリックすると、truefalse のオプションが表示されます。

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。