キャッシュキーの使用

概要

このページでは、Cloud CDN キャッシュキーのカスタマイズ方法について説明します。

キャッシュキーの設定を変更すると、新しいリクエストが古いキャッシュキー エントリと異なるキャッシュキーの使用を開始したときに、キャッシュ ヒット率が急に低下する可能性があります。同様に、新しいリクエストが古いキャッシュキーを使用していると、キャッシュキーの作成元を変更しても、キャッシュ エントリが無効にならない場合があります。キャッシュに保存されたエントリを無効にする方法については、キャッシュに保存されたコンテンツの無効化をご覧ください。

始める前に

このページの説明は、Cloud CDNCloud CDN キャッシュキー、負荷分散されたバックエンド サービスを理解していることを前提としています。先に進む前に、これらのページで詳細をご覧ください。

バックエンド サービスで Cloud CDN を有効にして、キャッシュキーをカスタマイズする

以下では、負荷分散されたバックエンド サービスで CDN を有効にし、1 つ以上のコンポーネントを除外してキャッシュキーをカスタマイズする方法を説明します。送信元としてロードバランサをまだ使用していない場合には、HTTP(S) 負荷分散のドキュメントにある手順に沿ってロードバランサを作成してください。

Console

  1. Google Cloud Platform Console の [Cloud CDN] ページに移動します。
    [Cloud CDN] ページに移動
  2. [送信元を追加] をクリックします。
  3. [送信元] プルダウン メニューで [元の CDN を選択します] をクリックします。
  4. CDN をオンにする送信元を選択します。
  5. 送信元の行で [設定] をクリックします。
  6. このバックエンド サービスのキャッシュキーで省略するチェックボックスをオフにします。
  7. [保存] をクリックします。
  8. [追加] をクリックします。

gcloud

このバックエンド サービスのキャッシュキーからパラメータを除外するには、1 つ以上のオプション フラグを指定します。

gcloud compute backend-services update [BACKEND_SERVICE] \
    --enable-cdn

オプション フラグ:

  • --no-cache-key-include-protocol
  • --no-cache-key-include-host
  • --no-cache-key-include-query-string

キャッシュキーを更新してプロトコル、ホスト、クエリ文字列を再度追加する

Cloud CDN のデフォルトの設定では、リクエスト URI のすべてのコンポーネントがキャッシュキーに含まれています。1 つ以上のコンポーネントの除外を設定している場合、これらのコンポーネントを再度追加できます。

次の操作を行うと、CDN が有効になっているバックエンド サービスのキャッシュキーにプロトコル、ホスト、クエリ文字列を再度追加できます。

Console

  1. Google Cloud Platform Console の [Cloud CDN] ページに移動します。
    [Cloud CDN] ページに移動
  2. ロードバランサの行にあるその他メニューボタンをクリックします。
  3. メニューから [編集] をクリックします。
  4. 変更するバックエンド サービスの行で [設定] をクリックします。
  5. [キャッシュキー] メニューを開き、[カスタム] を選択します。
  6. [プロトコル]、[ホスト]、[クエリ文字列] のチェックボックスをオンにします。
  7. [クエリ文字列パラメータ] フィールドは空白にすることもできます。
  8. [保存] をクリックします。
  9. [更新] をクリックします。

gcloud

1 つのコンポーネントのみを再度追加するには、そのフラグのみを指定します。指定しないフラグは変更されません。

gcloud compute backend-services update [BACKEND_SERVICE] \
    --cache-key-include-protocol \
    --cache-key-include-host \
    --cache-key-include-query-string

キャッシュキーを更新してクエリ文字列のホワイトリストまたはブラックリストを使用する

CDN キャッシュキーを設定して、クエリ文字列パラメータでホワイトリストまたはブラックリストを使用するには、次の操作を行います。

Console

  1. Google Cloud Platform Console の [Cloud CDN] ページに移動します。
    [Cloud CDN] ページに移動
  2. ロードバランサの行にあるその他メニューボタンをクリックします。
  3. メニューから [編集] をクリックします。
  4. 変更するバックエンド サービスの行で [設定] をクリックします。
  5. [キャッシュキー] メニューを開き、[カスタム] を選択します。
  6. [クエリ文字列] チェックボックスがオンになっていることを確認します。
  7. キャッシュキーに入れるクエリ文字列パラメータを指定するには、[これらのパラメータのみ] を選択します(ホワイトリスト)。キャッシュキーに指定したものを除き、すべてのクエリ文字列パラメータを指定するには、[これらのパラメータ以外のすべて] を選択します(ブラックリスト)。
  8. [クエリ文字列パラメータ] フィールドにカンマ区切りリストを入力します。
  9. [保存] をクリックします。
  10. [更新] をクリックします。

gcloud

文字列 user をホワイトリストに設定するには、次のコマンドを実行します。

gcloud compute backend-services update [BACKEND_SERVICE] \
    --cache-key-include-query-string \
    --cache-key-query-string-whitelist user

文字列 user をブラックリストに追加するには、次のコマンドを実行します。

gcloud compute backend-services update [BACKEND_SERVICE] \
    --cache-key-include-query-string \
    --cache-key-query-string-blacklist user

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud CDN のドキュメント