プライベート ネットワーク内の GitHub Enterprise からリポジトリをビルドする

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Cloud Build を使用すると、GitHub Enterprise インスタンスでトリガーを作成できます。このページでは、GitHub Enterprise トリガーを使用して、GitHub Enterprise インスタンスからの commit または pull リクエストに応答してビルドを呼び出す方法と、インスタンスがプライベート・ネットワークでホストされている場合に GitHub Enterprise からリポジトリをビルドする方法について説明します。

準備

  • Cloud Build, Secret Manager, and Service Networking API を有効にします。

    API を有効にする

プライベート ネットワーク内の GitHub Enterprise からリポジトリをビルドする

GitHub Enterprise インスタンスがプライベート ネットワークでホストされ、公共のインターネット接続を介してアクセスできない場合は、VPC ネットワークとサービス プロデューサー ネットワークの間にプライベート接続を作成する必要があります。プライベート ネットワークに構築するプライベート プールも必要です。

プライベート ネットワーク内にビルドする GitHub Enterprise トリガーを作成するには:

  1. 次の手順に従って、VPC ネットワークとサービス プロデューサー ネットワークとの間にプライベート接続を作成します。

    1. 新しい VPC ネットワークを作成するか、既存の VPC ネットワークを選択します。

    2. VPC ネットワークに名前付き IP 範囲を割り当てます。Cloud Build で VPC ネットワークを使用するには、接頭辞の長さを /23 以下(/22/21 など)にする必要があります。

    3. VPC ネットワークと Google Cloud の間の VPC ネットワーク プライベート接続を確立します。詳細については、プライベート接続の作成をご覧ください。

    4. GitHub Enterprise インスタンスに DNS が構成されている場合は、DNS ゾーンをサービス プロバイダに手動でピアリングする必要があります。詳細については、プライベート DNS ゾーンをサービス プロデューサーと共有するをご覧ください。

    5. (省略可)Cloud プロジェクトからプライベート接続を作成したくない場合は、共有 VPC を設定して、Cloud プロジェクトにそのネットワークを使用させることができます(プロジェクトが組織の一部である場合)。共有 VPC は引き続きネットワークとピアリングする必要があります。

  2. プライベート プールを使用してビルドを実行します。プライベート プールをまだ作成していない場合は、新しいプライベート プールの作成をご覧ください。

  3. GitHub Enterprise インスタンスでホストされているリポジトリをビルドするために、GitHub Enterprise トリガーを作成します。

これで、GitHub Enterprise トリガーは、構成に基づいて GitHub Enterprise インスタンスでビルドを自動的に呼び出すようになります。プライベート プールを使用してビルドを実行する方法については、プライベート プールでのビルドの実行をご覧ください。

次のステップ