Cloud Build のロケーション

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Cloud Build は、プライベート プールデフォルト プールでリージョン ビルドをサポートします。

ビルドのリージョンを選択するときは、レイテンシと可用性を第一に考慮してください。一般的には、Cloud Build のユーザーに最も近いリージョンを選択しますが、ビルドと統合される他の Google Cloud プロダクトやサービスのロケーションも考慮する必要があります。使用するサービスが複数のロケーションにまたがっていると、アプリケーションのレイテンシだけでなく、料金にも影響します。

Cloud Build は、次のリージョンで利用できます。

  • asia-east1
  • asia-east2
  • asia-northeast1
  • asia-northeast2
  • asia-northeast3
  • asia-south1
  • asia-south2
  • asia-southeast1
  • asia-southeast2
  • australia-southeast1
  • australia-southeast2
  • europe-central2
  • europe-north1
  • europe-west1
  • europe-west2
  • europe-west3
  • europe-west4
  • europe-west6
  • northamerica-northeast1
  • northamerica-northeast2
  • southamerica-east1
  • southamerica-west1
  • us-central1
  • us-east1
  • us-east4
  • us-west1
  • us-west2
  • us-west3
  • us-west4

リージョンの選択

リージョン ビルドを実行するには、コマンドラインでビルドを開始するとき、またはビルドトリガーを作成するときにリージョンを指定します。

プライベート プールのリージョンを選択するには、プライベート プールの作成時にリージョンを指定します。リージョン内にプライベート プールを作成した後は、そのプールを別のリージョンに移動できません。特定のリージョンにプライベート プールを作成すると、そのリージョン内のすべてのゾーンで冗長的に利用できるように Google によって管理されます。

トリガーに関連付けられたビルド構成ファイルがプライベート プールを指定している場合、トリガーに選択するリージョンは、プライベート プールのリージョンと一致する必要があります。

ビルドトリガーのリージョンとして global を選択した場合、Cloud Build はトリガーに関連付けられたビルド構成ファイルで指定されたリージョンを使用してビルドを実行します。ビルド構成ファイルでプライベート プールを指定する場合は、プライベート プールのリージョンにします。プライベート プールを指定しない場合は、グローバル デフォルト プールを指定できます。

一部のプロジェクトで制限されているリージョン

使用状況に応じて、次のリージョンで特定のプロジェクトのみが Cloud Build を使用するように制限されます。

  • us-central1
  • us-west2
  • europe-west1
  • asia-east1
  • australia-southeast1
  • southamerica-east1