一般提供版への移行ガイド

Binary Authorization ベータ版を使用するワークロードがない場合は、お客様側でのご対応は必要ありません。

Binary Authorization が一般提供になりました。ワークロードで Binary Authorization ベータ版 API を使用している場合は、次の手順で一般提供版に移行してください。

移行手順

インターフェース バージョン

一般提供版の Binary Authorization では、更新された REST API と gcloud コマンドセットが提供されています。これらのインターフェースにアクセスするスクリプトまたは自動処理は次のように更新します。

  • REST API: https://binaryauthorization.googleapis.com/v1beta1 ではなく、次の URL https://binaryauthorization.googleapis.com/v1/ に対する一般提供版の REST API エンドポイントを使用します。

    一般提供版の REST API を呼び出すときに新しい認証者を作成すると、認証者をリクエストの一部として記述する JSON メッセージが送信されます。ベータ版の API では、JSON メッセージには UserOwnedDrydockNote という名前のフィールドが含まれていました。このフィールドの名前は、一般提供版では UserOwnedGrafeasNote になります。

  • gcloud: gcloud beta container binauthz ではなく gcloud container binauthz で一般提供版の gcloud コマンドを使用します。