Python 2 は、コミュニティでサポートを終了しました。Python 2 アプリを Python 3 に移行することをおすすめします。

開発環境の設定

Python 2 での開発用の環境を設定するには、次の手順に従います。

  1. Python 2 の最新リリースをダウンロードしてインストールします。

    サポートされているバージョンのリストについては、Python 2 ランタイム環境を参照してください。

  2. Cloud SDK をダウンロードしてインストールし、初期化します。すでに Cloud SDK がインストールされている場合は、gcloud components update コマンドを実行して最新のリリースに更新します。

    Cloud SDK には、アプリのデプロイと管理に使用できる gcloud コマンドライン ツールが用意されています。

    Cloud SDK for App Engine をダウンロードすることで、Cloud SDK for App Engine の使用を規定する利用規約の各条項に従うことに同意したとみなされます。

    Cloud SDK をダウンロードしてインストール

  3. ターミナルで次のコマンドを実行して、Python 2 用の App Engine 拡張機能が含まれた gcloud コンポーネントをインストールします。

     gcloud components install app-engine-python
    

オプション ツールのインストール

  • GitHub のコード、サンプル、ライブラリ、ツールにアクセスするために、Git をインストールします。

    Git をダウンロードしてインストールする

  • 希望のツールやフレームワークをインストールします。たとえば、Python 2 アプリの開発には、次のフレームワークのいずれかを使用できます。

  • 次のコマンドを実行して、graphyDjango のライブラリを含む Python 2 用の Extra Libraries コンポーネントをインストールします。

      gcloud components install app-engine-python-extras
    

appcfg のサポートのインストール

以前に元の App Engine SDK を使用しており、非推奨の appcfg コマンドを引き続き使用する必要がある場合は、次の手順で元の App Engine SDK をダウンロードしてインストールできます。Cloud SDK には appcfg コマンドは含まれていません