App Engine フレキシブル環境での Java のクイックスタート

リージョン ID

REGION_ID は、アプリを作成するときに選択するリージョンに基づいて Google が割り当てるコードです。既存のアプリでは省略可能でしたが、新しいアプリでは App Engine の URL に REGION_ID.r を含めることが必須になります。

移行がスムーズに行われるように、リージョン ID を使用するよう App Engine を徐々に更新しています。Google Cloud プロジェクトがまだ更新されていない場合、アプリにリージョン ID が表示されません。ID は既存のアプリでは省略可能なため、リージョン ID が既存のアプリで使用可能になったときに、URL を更新する、またはその他の変更を行う必要はありません。

詳しくは、リージョン ID をご覧ください。

このクイックスタートでは、短いメッセージを表示する小さな App Engine アプリを作成する方法について説明します。

始める前に

このクイックスタートでは、Java SE 8 Development Kit(JDK)がインストール済みであることを前提としています。

このクイックスタートを実行してデプロイする前に、Cloud SDK をインストールして、App Engine 用に Cloud プロジェクトを設定します。

  1. Cloud SDK をダウンロードしてインストールします。

    SDK をダウンロード

    : Cloud SDK がすでにインストールされている場合は、次のコマンドを実行して更新します。

    gcloud components update
    
  2. 新しいプロジェクトを作成します。

    gcloud projects create [YOUR_PROJECT_ID] --set-as-default
    

    [YOUR_PROJECT_ID] は、プロジェクトを一意に識別する文字列に置き換えます。例: my-project-24

    プロジェクトが作成されたことを確認します。

    gcloud projects describe [YOUR_PROJECT_ID]
    

    次のようなプロジェクトの詳細が表示されます。

    createTime: year-month-hour
    lifecycleState: ACTIVE
    name: project-name
    parent:
    id: '433637338589'
    type: organization
    projectId: project-name-id
    projectNumber: 499227785679
    
  3. プロジェクトで App Engine アプリを初期化し、そのリージョンを選択します。

    gcloud app create --project=[YOUR_PROJECT_ID]
    

    プロンプトが表示されたら、App Engine アプリケーションを配置するリージョンを選択します。

  4. プロジェクトで課金が有効になっていることを確認します。アプリケーションを App Engine にデプロイするには、課金アカウントをプロジェクトにリンクする必要があります。

    課金を有効にする

    フレキシブル環境でデプロイすると、有効である間は費用が発生します。完了するごとにプロジェクトをクリーンアップして、継続的な費用が発生しないようにしてください。

  5. 次の前提条件をインストールします。

App Engine のロケーション

App Engine はリージョナルです。つまり、アプリを実行するインフラは特定のリージョンに配置され、リージョン内のすべてのゾーンで冗長的に利用できるように Google によって管理されています。

レイテンシ、可用性、耐久性の要件を満たすことが、アプリを実行するリージョンを選択する際の主な要素になります。通常は、アプリのユーザーに最も近いリージョンを選択できますが、アプリで使用する Google Cloud の他のプロダクトやサービスのロケーションも考慮する必要があります。使用するサービスが複数のロケーションにまたがっていると、アプリのレイテンシだけでなく、料金にも影響する可能性があります。

App Engine は次のリージョンで利用できます。

  • northamerica-northeast1(モントリオール)
  • us-central(アイオワ)
  • us-west2(ロサンゼルス)
  • us-west3(ソルトレイクシティ)
  • us-west4(ラスベガス)
  • us-east1(サウスカロライナ)
  • us-east4(北バージニア)
  • southamerica-east1(サンパウロ)
  • europe-west(ベルギー)
  • europe-west2(ロンドン)
  • europe-west3(フランクフルト)
  • europe-west6(チューリッヒ)
  • asia-northeast1(東京)
  • asia-northeast2(大阪)
  • asia-northeast3(ソウル)
  • asia-east2(香港)
  • asia-south1(ムンバイ)
  • australia-southeast1(シドニー)

設定したアプリのリージョンは変更できません。

App Engine アプリケーションをすでに作成している場合は、次のいずれかの方法でリージョンを表示できます。

Hello World アプリをダウンロードする

Java 用のシンプルな Hello World アプリが用意されており、Google Cloud へのアプリのデプロイをすぐに試すことができます。

  1. Hello World サンプルアプリ リポジトリのクローンをローカルマシンに作成します。

    git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/java-docs-samples
    

    または、zip 形式のサンプルをダウンロードして、ファイルを抽出します。

  2. サンプルコードが含まれているディレクトリに移動します。

    cd java-docs-samples/flexible/helloworld
    

ローカルマシンで Hello World を実行する

1. Jetty Maven プラグインを使用してローカルの Jetty ウェブサーバーを起動します。

    mvn jetty:run-exploded
  1. ウェブブラウザに次のアドレスを入力します。

    http://localhost:8080

サンプルアプリから Hello World というメッセージがページに表示されます。ターミナル ウィンドウで Ctrl+C キーを押してウェブサーバーを終了します。

Hello World を App Engine にデプロイして実行する

App Engine フレキシブル環境にアプリをデプロイするには:

  1. helloworld ディレクトリで次のコマンドを実行して、Hello World アプリをデプロイします。

    mvn package appengine:deploy -Dapp.deploy.projectId=PROJECT_ID

    PROJECT_ID は、プロジェクトの ID に置き換えます。pom.xml ファイルですでにプロジェクト ID を指定している場合は、実行するコマンドに -Dapp.deploy.projectId プロパティを含める必要はありません。

  2. ブラウザを起動し、https://PROJECT_ID.REGION_ID.r.appspot.com にアクセスしてアプリを表示します。

    gcloud app browse
    ここで PROJECT_ID は、Google Cloud プロジェクト ID です。

今回、Hello World メッセージが表示されるページは、App Engine インスタンスで実行されているウェブサーバーから配信されます。

これで完了です。 App Engine フレキシブル環境に最初の Java アプリをデプロイできました。

クリーンアップの詳細については、以下の説明をご覧ください。また、活用できる次のステップへのリンクも併せてご覧ください。

クリーンアップ

課金されないようにするには、Cloud プロジェクトを削除してプロジェクト内で使用したすべてのリソースへの課金を停止します。

  1. Cloud Console で [リソースの管理] ページに移動します。

    [リソースの管理] ページに移動

  2. プロジェクト リストで、削除するプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。
  3. ダイアログでプロジェクト ID を入力し、[シャットダウン] をクリックしてプロジェクトを削除します。

次のステップ

プラットフォーム全体について学ぶ

App Engine アプリの開発とデプロイについて概要を理解した後は、Google Cloud の残りの部分についても確認します。すでに Cloud SDK がインストールされているため、Cloud SQL、Cloud Storage、Firestore などのプロダクトを操作するツールを使用できます。

App Engine だけでなくプラットフォーム全体を使用するアプリの作成方法を学ぶチュートリアルについては、Bookshelf アプリの作成に関するクイックスタートをご覧ください。

App Engine フレキシブル環境について学習する

App Engine についてさらに理解を深めるためのトピックをご紹介します。

Hello World のコードレビュー

Hello World は、サービスが 1 つだけ含まれ、バージョンも 1 つだけで、すべてのコードがアプリケーションのルート ディレクトリにあるという、最もシンプルな App Engine アプリケーションです。このセクションでは、このアプリの各ファイルを詳しく説明します。

HelloServlet.java

HelloServlet.java ファイルでは、アプリがリクエストをリッスンする場所を記述する URL パターンを指定し、すべてのリクエストに対して「Hello World」というメッセージで応答します。

import java.io.IOException;
import java.io.PrintWriter;
import javax.servlet.annotation.WebServlet;
import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

@WebServlet(name = "helloworld", value = "")
@SuppressWarnings("serial")
public class HelloServlet extends HttpServlet {

  @Override
  public void doGet(HttpServletRequest req, HttpServletResponse resp) throws IOException {
    PrintWriter out = resp.getWriter();
    out.println("Hello, world - App Engine Flexible");
  }
}

app.yaml

app.yaml ファイルには、アプリのデプロイ構成が記述されています。

runtime: java
env: flex

handlers:
- url: /.*
  script: this field is required, but ignored

この例では、このアプリによって使用されるランタイムを app.yaml で指定しています。また、env: flex を設定することで、このアプリがフレキシブル環境を使用することを指定しています。

pom.xml

Hello World には pom.xml ファイルも含まれており、ここには依存関係やビルド ターゲットなどのプロジェクト情報が記述されています。

<!--
  Copyright 2016 Google Inc.

  Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
  you may not use this file except in compliance with the License.
  You may obtain a copy of the License at

       http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0

  Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
  distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
  WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
  See the License for the specific language governing permissions and
  limitations under the License.
-->
<project>
  <modelVersion>4.0.0</modelVersion>
  <packaging>war</packaging>
  <version>1.0-SNAPSHOT</version>
  <groupId>com.example.flexible</groupId>
  <artifactId>flexible-helloworld</artifactId>

  <!--
    The parent pom defines common style checks and testing strategies for our samples.
    Removing or replacing it should not affect the execution of the samples in anyway.
  -->
  <parent>
    <groupId>com.google.cloud.samples</groupId>
    <artifactId>shared-configuration</artifactId>
    <version>1.0.17</version>
  </parent>

  <properties>
    <maven.compiler.target>1.8</maven.compiler.target>
    <maven.compiler.source>1.8</maven.compiler.source>

    <failOnMissingWebXml>false</failOnMissingWebXml> <!-- REQUIRED -->

    <appengine.maven.plugin>2.2.0</appengine.maven.plugin>
    <jetty>9.4.28.v20200408</jetty>
  </properties>

  <dependencies>

    <dependency>
      <groupId>javax.servlet</groupId>
      <artifactId>javax.servlet-api</artifactId>
      <version>3.1.0</version>
      <type>jar</type>
      <scope>provided</scope>
    </dependency>

  </dependencies>

  <build>
    <!-- for hot reload of the web application -->
    <outputDirectory>${project.build.directory}/${project.build.finalName}/WEB-INF/classes</outputDirectory>
    <plugins>

      <plugin>
        <groupId>com.google.cloud.tools</groupId>
        <artifactId>appengine-maven-plugin</artifactId>
        <version>${appengine.maven.plugin}</version>
        <configuration>
          <projectId>GCLOUD_CONFIG</projectId>
          <version>GCLOUD_CONFIG</version>
        </configuration>
      </plugin>

      <plugin>
        <groupId>org.eclipse.jetty</groupId>
        <artifactId>jetty-maven-plugin</artifactId>
        <version>${jetty}</version>
      </plugin>

    </plugins>
  </build>
</project>