クイックスタート

このページでは、Cloud Tools for PowerShell の有効化、gcloud CLI を使用した認証、PowerShell コマンドレット実行の方法について説明します。

始める前に

次の手順を行います。

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  4. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  5. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  6. PowerShell コマンドラインで、次のコマンドを管理者として実行して、gcloud CLI をインストールします。
  7. Install-Module GoogleCloud

gcloud CLI を使用して認証する

Cloud Tools for PowerShell では、gcloud CLI に格納されている認証情報と設定を使用して、コマンドレットを有効にします。コマンドレットを使用するには、まず gcloud CLI を使用してログインします。

  1. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。

    gcloud init
  2. Google ユーザー アカウントを使用してログインするための次のオプションを受け入れます。

    To continue, you must log in. Would you like to log in (Y/n)? Y

  3. ブラウザにメッセージが表示されたら Google ユーザー アカウントでログインし、[許可する] をクリックして Google Cloud リソースにアクセスする権限を付与します。

  4. コマンド プロンプトで、オーナー、編集者、閲覧者のいずれかの権限が付与されている Google Cloud プロジェクトを選択します。

    Pick a cloud project to use:
    [1] [my-project-1]
    [2] [my-project-2]
    ...
    Please enter your numeric choice:

PowerShell コマンドレットの実行

認証されると、Cloud Tools for PowerShell を利用できるようになります。PowerShell ウィンドウを開き、次のコマンドを実行します。

現在のプロジェクト、特定のプロジェクトに関するすべてのバケット、または特定のバケットを取得します。

$currentProjBuckets = Get-GcsBucket
$specificProjBuckets = Get-GcsBucket -Project my-project-1
$bucket = Get-GcsBucket -Name my-bucket-name

プロジェクトに関連付けられているすべての Compute Engine インスタンスのリストを表示します。

Get-GceInstance -Project my-project-1 |
    Sort Status |
    Format-Table Name, Status -GroupBy Status

    Status: RUNNING

Name    Status
----    ------
my-vm-2 RUNNING
my-vm-3 RUNNING

    Status: TERMINATED

Name    Status
----    ------
my-vm-1 TERMINATED

Cloud Tools for PowerShell には、Cloud Storage 用の PowerShell プロバイダが含まれています。このプロバイダを使用すると、cddircopydel などのコマンドを使用して、Cloud Storage 内のデータをローカル ファイル システムと同じように操作できます。

このプロバイダを直接使用するには、[スタート] メニューのショートカットを使用して Cloud Tools for PowerShell を起動します。これにより、このプロバイダが読み込まれた状態で PowerShell コンソールが起動します。

# Navigate to Cloud Storage
cd gs:\
# Show the available buckets
ls
# Create a new bucket
mkdir my-new-bucket

Cloud Storage プロバイダは、Import-Module GoogleCloud を介して Cloud Tools for PowerShell モジュールをインポートすることで、すべての PowerShell セッションで使用することもできます。

次のステップ

Cloud Tools for PowerShell コマンドレット リファレンスを参照するか、PowerShell 内から組み込み型ヘルプシステムを使用して、特定のコマンドレットについて学習します。

Get-Help New-GcsBucket