ファイルの閲覧

Google Cloud Source Repositories を使用して、リポジトリ内のファイルを参照できます。最新バージョンのファイルを表示したり、ブランチ、タグ、または commit を選ぶことで特定バージョンのファイルを選択したりできます。

最新バージョンのファイルの表示

ほとんどの Git リポジトリでは、ファイルの最新バージョンとは、master ブランチ内のファイルの最後の commit を指します。このファイルのバージョンは、リポジトリ ビューから表示できます。

ファイルの最新バージョンを表示するには:

  1. [マイソース] または [すべてのリポジトリ] ビューで、リポジトリを選択します。

    [ファイル] ビューが開きます。

  2. 表示するファイルを参照して選択します。

別のブランチを使用したファイルの表示

  1. [マイソース] または [すべてのリポジトリ] ビューで、リポジトリを選択します。

  2. [パンくずリスト] ツールバーで、[ブランチ] を選択します。

  3. 表示したいブランチを選びます。リポジトリのビューが変わり、選択したブランチが反映されます。

  4. 表示するファイルを参照して選択します。

別のタグを使用したファイルの表示

  1. [マイソース] または [すべてのリポジトリ] ビューで、リポジトリを選択します。

  2. [パンくずリスト] ツールバーで、[タグ] を選択します。

  3. 表示したいタグを選びます。リポジトリのビューが変わり、選択したタグが反映されます。

  4. 表示するファイルを参照して選択します。

異なる commit でのファイルの表示

  1. [マイソース] または [すべてのリポジトリ] ビューで、リポジトリを選択します。

  2. [パンくずリスト] ツールバーで、[commit] を選択します。

  3. 表示したい commit を選びます。リポジトリのビューが変わり、選択した commit 時のリポジトリの状態が反映されます。

  4. 表示するファイルを参照して選択します。

Cloud Source Repositories は、多くの一般的なタイプのファイル(Java、C++、Python、JavaScript、Go で記述されたファイルを含む)についてアウトライン ビューをサポートしています。アウトライン ビューには、ファイルの構造がツリーとして表示されます。ここでのキー識別子はノードとなります。アウトライン ビューを使用すると、ファイルの全体的な構造を理解でき、その内容に移動できます。

  1. ファイルビューで、画面の左側にある [アウトライン] タブをクリックします。

    アウトライン ビュー

  2. 識別子をクリックして、ファイルの開始位置に移動します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Source Repositories