Cloud Shell ターミナルの使用

このページでは、Cloud Shell ターミナルの使用方法について説明します。

ターミナルを使用する

Cloud Shell により、Google Cloud Console 内で開いたターミナル ウィンドウの仮想マシン インスタンスに、コマンドライン アクセスができます。それにより、同一のインスタンスに複数のシェル接続ができるようになります。

gcloud ツールの使用可能なコマンドを表示するには、gcloud --help を実行します。

Cloud SDK の gcloud コマンドライン ツールとその他のユーティリティにコマンドラインからアクセスするだけでなく、cloudshell コマンドを使用したチュートリアルの起動、Cloud Shell エディタを開く、ファイルのダウンロードがそれぞれ可能です。

詳細については、cloudshell help を実行してください。

ディスプレイのスクロール

ブラウザのフォーカスがセッション タブにあるときに、マウスを使用するほかに、Ctrl + Shift + PageUp / Ctrl + Shift + PageDn(Windows と Linux)または Fn + Shift + Up / Fn + Shift + Down(Mac OS X の場合)を押してスクロールすることもできます。

テキストのコピーと貼り付け

テキストをコピーして貼り付けるには:

  1. マウスを使って、セッションのディスプレイ内または他のウィンドウでテキストを選択します。

  2. テキストをコピーするには、Ctrl + C キー(Windows または Linux の場合)または Cmd + C キー(macOS の場合)を押します。

  3. カーソルの位置に貼り付けるには、Ctrl + V(Windows または Linux)または Cmd + V(macOS の場合)を押します。

Cloud Console を使用したキーの組み合わせの送信

「キーの組み合わせを送信」ボタン [キーの組み合わせを送信] をクリックし、Ctrl + V を押します。

ターミナル設定を構成する

ターミナルの設定を調整するには、[設定] ボタン [設定] をクリックします。このメニューを使用すると、テーマ、フォントの種類とサイズ、コピー、キーボード、スクロールバーのデフォルト設定に対して、ターミナルを好みに合わせて設定できます。

キーボード レイアウトのサポート

インターナショナル キーボードを使用している場合、またはキー バインディングをカスタマイズする場合、Cloud Shell では Alt Gr(修飾キー)として動作するキーを指定できます。キーマッピングを指定するには、[ターミナルの設定] メニューの [ターミナルの設定] > [キーボード] > [Alt Gr キー] を選択し、次のいずれかのオプションを選択します。

  • 自動 - ブラウザ言語に基づいて自動検出します。
  • なし - AltGr に関連するすべての変更を無効にします。
  • Ctrl+Alt - Ctrl+Alt を AltGr に設定します。
  • 左 Alt - 左 Alt を AltGr に設定します。
  • 右 Alt - 右 Alt を AltGr に設定します。

また、[Alt を Meta に] を設定すると、Alt キーがメタキーとして動作するように指定できます。

複数のターミナル セッションを開く

追加のセッションを開くには、Cloud Shell ウィンドウの上部にある [セッションの追加] ボタン [Cloud Shell セッションを追加] をクリックします。各セッションは、同じ仮想マシン インスタンスに接続します。新しいセッションを開くと、Cloud Console の下部にある新しいタブに表示されます。

タブのタイトルのカスタマイズ

Cloud Shell は、タブタイトルを設定するための xterm エスケープ シーケンスに対応します。タブタイトルの名前を変更するには、.bashrc の PS1 環境変数を目的の構成に設定し、変更が反映されるように.bashrc のソースを指定します。