Cloud Shell の無効化またはリセット

マネージド ユーザー アカウントの Cloud Shell を無効にする

Cloud Shell は、G Suite および Cloud Identity のマネージド ユーザー アカウントに対して無効にすることができます。これを行うには、Google 管理コンソールに移動し、[アプリ] > [その他の Google サービス] > [Google Cloud Platform] > [Cloud Shell 設定] に移動して、[Cloud Shell アクセス設定] を無効にします。

特定のユーザーの Cloud Shell を無効にするには、アクセス グループを使用する必要があります(個々のユーザーをグループに追加し、グループの Cloud Shell アクセス設定をオフにします)。詳しい手順については、組織で Google Cloud を使用するユーザーの管理に関するガイドをご覧ください。

Cloud Shell をリセットする

Cloud Shell のホーム ディレクトリを空の状態に戻すには:

  1. ホーム ディレクトリの個人ファイルを確認します。

    ls -a $HOME
    
  2. ホーム ディレクトリからすべてのファイルを削除します。

    sudo rm -rf $HOME
    
  3. Cloud Shell メニューで、その他メニュー アイコン、[Cloud Shell を再起動] の順にクリックします。

    確認ダイアログで [Cloud Shell を再起動] をクリックします。

    新しい VM がプロビジョニングされ、ホーム ディレクトリがデフォルトの状態に復元されます。