Kubernetes の操作

Cloud Code は、エンドツーエンドの Kubernetes のサポートを連携して、サンプル テンプレートからの新しいアプリケーションの作成と、そのアプリケーションをカスタマイズして開発し、完成したアプリをデプロイしてプレビューするのを支援します。また、Cloud Code は、すぐに使用できるサンプル、すぐに使える構成スニペット、カスタマイズされたデバッグ エクスペリエンスで、作業途中でもサポートします。

インタラクティブなチュートリアル

このチュートリアルでは、既存のテンプレートから Kubernetes Hello World アプリケーションを作成し、ローカルでアプリをテストとデバッグを行い、Google Kubernetes Engine クラスタを作成して、最後にアプリのデプロイとプレビューを行います。

開始するには、下のボタンをクリックして Cloud Shell を開き、チュートリアルを開始します。

インタラクティブなチュートリアルを開始する

Cloud Code を使用した Kubernetes 開発

Cloud Shell には、チュートリアル以外にも、Kubernetes 開発のために、さまざまな機能があります。統合されている Cloud Shell がある Cloud Shell には、次のようなスナップショットがあります。

  • Go、Node.js、Python、Java、.NET のサポート
  • 完全に機能する実行と、デバッグが可能なスターター アプリケーション
  • スマート テンプレート、すぐに使えるスニペット、コンテキスト ベースの補完機能により、構成ファイルを簡単に作成、編集できます。
  • ブラウザからアプリケーションをワンクリックでデプロイ
  • ライブ アプリケーションの継続的なビルドとリアルタイムの編集を可能にする「ウォッチ」モード。このモードにより、タイトな開発ループを維持できます。
  • アプリケーション終了時に、自動ポート転送とリソースのクリーンアップを行います。
  • Kubernetes クラスタで動作するアプリケーションのデバッグとロギングのサポート
  • 組み込みの Kubernetes Explorer と組み込みの minikube サポートを使用したクラスタの作成と管理

Cloud Shell で Cloud Code を使用した Kubernetes アプリケーションの開発の詳細については、Kubernetes の概要をご覧ください。