バージョニングされたアーカイブからのインストール

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

gcloud CLI では、各リリースのバージョニングされたアーカイブをダウンロードできます。バージョニングされたアーカイブごとに、google-cloud-sdk というディレクトリへの gcloud CLI の自己完結型インストールが含まれています。これをファイル システム上の任意の場所にコピーできます。

バージョニングされたアーカイブからのインストールの最適な用途

バージョニングされたアーカイブは、gcloud CLI の特定のバージョンを非対話型の方法でインストールできるようにすることを目的としています。次のような場合に便利です。

  • 特定のバージョンの gcloud CLI が必要です。次に例を示します。

    • gcloud CLI または別の gcloud CLI コンポーネントを使用してスクリプトを作成する際に、gcloud CLI の更新によってスクリプトが壊れないようにする必要がある場合。
    • gcloud CLI を CI(継続的インテグレーション)プロセスや本番環境システムの一部として使用しており、システムのパーツ間の互換性を確保するために依存関係を制御したい場合。
    • 同期が必要な多数のマシンに gcloud CLI の自動デプロイを実行する場合。
    • プロキシまたはファイアウォールの背後にあり、インターネットにアクセスするために追加の構成が必要な場合。
  • 対話型のインストールを実行したくない場合。

インストール手順

バージョニングされたアーカイブから gcloud CLI の最新リリースをインストールするには:

  1. 実行されている OS のバージョン(64 ビットまたは 32 ビット)を確認します。

    • Linux / macOS の場合: コマンドラインから getconf LONG_BIT を実行
    • Windows の場合: [コントロール パネル] > [システム] > [システムの種類]

    また、macOS の場合でマシン ハードウェア名(x86_64、arm64、x86)をチェックするには、uname -m を実行します。

  2. ご使用のバージョンと互換性がある適切なアーカイブをダウンロードします。

    プラットフォーム パッケージ サイズ SHA256 チェックサム
    Linux 64 ビット

    (x86_64)

    google-cloud-cli-415.0.0-linux-x86_64.tar.gz 197.0 MB 16cb35866a54f81e302b074af4c42e82889633528fe768c433cf6e5a1e01ac6f
    Linux 32 ビット

    (x86)

    google-cloud-cli-415.0.0-linux-x86.tar.gz 126.0 MB d6c39c303bdb16b528aae5981ab759cece1befa0a2a51a54ec304ec803672eb6
    macOS 64 ビット

    (x86_64)

    google-cloud-cli-415.0.0-darwin-x86_64.tar.gz 131.3 MB 35dd313d3aaae0585cfa8dbdf64a89cbf5ab026c774c81243bb5cbae3d611156
    macOS 64 ビット

    (arm64)

    google-cloud-cli-415.0.0-darwin-arm.tar.gz 128.1 MB dc33e3bdad8ce8ac37fe3a1a829f4b39d50d9d6902d6b5beb00a1d0435e055a8
    macOS 32 ビット

    (x86)

    google-cloud-cli-415.0.0-darwin-x86.tar.gz 111.0 MB e80924d2471424bb0b3330130a4719ec2a1f3574e9a4460a1e8e4a0d769caa8a
    Windows 64 ビット

    (x86_64)

    google-cloud-cli-415.0.0-windows-x86_64.zip 149.5 MB 397a39d1392b4b932a71801a92a15188b16d09806827a47be314d9c34088d80e
    Windows 64 ビット

    (x86_64)、Python バンドル

    google-cloud-sdk-415.0.0-windows-x86_64-bundled-python.zip 187.7 MB 4f6deca52a5766ed16e3da575a09ed1c690ded51b0f7d19937e939be8f21fc02
    Windows 32 ビット

    (x86)

    google-cloud-cli-415.0.0-windows-x86.zip 146.6 MB e2b5bd64afbefbc1c9a71b1fb22730da892db9bc3217282d7b2571d6927753ef
    Windows 32 ビット

    (x86)、Python バンドル

    google-cloud-sdk-415.0.0-windows-x86-bundled-python.zip 181.8 MB e01d077a5e0afac77bc4d6f2defbf640eeccc40d159badfb22b9cd528ed2355b
  3. ファイル システム上の任意の場所にファイルの内容を抽出します。 ホームフォルダを使用することをおすすめします。

  4. gcloud CLI ツールをパスに追加するには、抽出したフォルダのルートからインストール スクリプトを実行します。また、このスクリプトを実行すると、bash シェルでコマンド補完を有効にするための指示が生成され(Linux と macOS のみ)、使用状況レポートが有効になります。

    • Linux または Mac OS の場合:

      ./google-cloud-sdk/install.sh
      

      スクリーン リーダー モードを有効にしてインストール スクリプトを実行するには:

      ./google-cloud-sdk/install.sh --screen-reader=true
      
    • Windows の場合:

      .\google-cloud-sdk\install.bat
      

    このスクリプトに渡せるフラグの一覧を確認するには、install.sh --help または install.bat --help を実行します。フラグの中には、非対話形式でインストールを実行できるものもあります。

  5. gcloud CLI を初期化するには、gcloud init を実行します。

    • Linux または macOS の場合:

      ./google-cloud-sdk/bin/gcloud init
      
    • Windows の場合:

      .\google-cloud-sdk\bin\gcloud init
      

以前のバージョン

以前のバージョンの gcloud CLI は、Cloud Storage のダウンロード アーカイブにあります。https://storage.googleapis.com/cloud-sdk-release/<archive_name> から直接アクセスできます。

使ってみる

Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。

無料で開始