通知の管理

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、確認のためにドメインをプロジェクトに関連付ける方法と、通知設定を管理する方法について説明します。

ドメインをプロジェクトに関連付ける

ドメインの所有権確認は、Pub/Sub や他の Google API から送信されるプッシュ通知が、登録しているプロジェクトに関連付けられたドメインにのみ送信されるようにするために行います。これは乱用防止のための手段で、他のユーザーのドメインにメッセージを送信することを防ぎます。

ドメインをプロジェクトに関連付けるには、プッシュ通知の送信元の API に応じて、以下の手順に従います。

通知設定の管理

Google Cloud Console の [通信] ページでは、今後のメンテナンスの時間枠など、プロダクト固有の通知、新機能のお知らせなどのアップデートと特典を選択できます。プロジェクトでこれらの通知を有効にすると、通知は、そのプロジェクトでの Identity and Access Management(IAM)オーナーのロール(roles/owner)を持つプリンシパルに送信されます。

他の種類の通知(請求の問題に関する通知など)を受信するユーザーを制御するには、重要な連絡先を使用します。

プロダクトの通知、更新、オファーをオプトインまたはオプトアウトするには:

  1. Google Cloud Console の [通信] ページに移動します。

    [コミュニケーション] ページに移動

  2. デフォルトでは、すべての変更は現在のプロジェクトにのみ適用されます。追加のプロジェクトを選択するには、プロジェクトのプルダウン リストをクリックして、更新するプロジェクトを選択します。

  3. 切り替えで、通知のタイプごとに オン オフを指示します。切り替えボタンをクリックして各通知をオンまたはオフにします。

通知の変更は自動的に保存されます。変更が完了したら、ページから移動するか、ブラウザのウィンドウを閉じます。モバイル通知を受信するには、Google Cloud Console モバイルアプリをインストールする必要があります。

次のステップ

  • 重要な連絡先を使用して、組織の重要な通知を受信するユーザーを制御します。

使ってみる

Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。

無料で開始