インサイト

Recommender は、機械学習を使用して詳細で質の高いインサイトを提供します。インサイトは、リソース使用の重要なパターンに積極的に焦点を合わせるために利用できる知見です。インサイトは、推奨事項とは別に使用できます。一部のインサイトは、推奨事項と結びついており、その関連する推奨事項の根拠を示します。

このページでは、インサイトの解釈と使用に関する重要なコンセプトについて説明します。

インサイトの種類

各インサイトには特定のインサイト タイプがあります。インサイト タイプは、1 つの Google Cloud プロダクトとリソースタイプに固有です。1 つのプロダクトに複数のインサイト タイプを設定し、それぞれ別のリソースに対して異なる種類のインサイトを提供できます。

各インサイト タイプには、サービスを内部的に識別する一意のインサイト タイプ ID があります。Recommender の gcloud コマンドREST API、または RPC API を使用してインサイトを操作するときは、インサイト タイプ ID を使用します。

詳細については、インサイトの種類をご覧ください。

インサイト

インサイトは、1 つ以上の推奨事項と関連付けることが可能な、機械により生成された知見です。インサイトには次のコア属性があります。

名前

インサイト名は、インサイト エンティティの name フィールドに格納されます。その形式は、次のとおりです。

projects/TARGET_PROJECT_ID/locations/LOCATION/insightTypes/INSIGHT_TYPE_ID/insights/INSIGHT_ID

ここで

  • TARGET_PROJECT_ID は、インサイトが生成されたプロジェクトの ID です。
  • LOCATION は、インサイトに関連付けられたリソースがある GCP のロケーションglobalus-central1-a など)です。
  • INSIGHT_TYPE_ID は、完全修飾されたインサイト タイプ ID(google.compute.firewall.Insight など)です。
  • INSIGHT_ID は、インサイトの一意の ID です。

説明

これは、人が読める形式のインサイトの概要です。英語でのみ利用できます。

インサイトのサブタイプ

各インサイト タイプでは、複数のサブタイプをサポートできます。コンテンツ スキーマは、定められたサブタイプに対して不変です。

内容

インサイトの詳細を含む構造化フィールド。コンテンツ スキーマは、インサイト タイプおよびサブタイプによって決まります。例: "grantedPermissionsCount": "1000"

カテゴリ

推奨事項の影響と同様、インサイト用のカテゴリがあります。

  • COST
  • SECURITY
  • PERFORMANCE

ターゲット リソース

インサイトの対象となる GCP リソースの完全修飾リソース名。

状態情報

状態

インサイトは、それが示された後、次に挙げる複数の状態に遷移します。

  • ACTIVE。これは、インサイトが生成されたものの、対応するアクションが実行されていないことを意味します。元になるデータが変化すると、アクティブなインサイトの内容が更新されます。アクティブなインサイトは、DISMISSED または ACCEPTED にマーク付けされます。
  • ACCEPTED。これは、インサイトに基づいていくつかのアクションが実行されたことを示します。関連する推奨事項が CLAIMEDSUCCEEDED、または FAILED にマーク付けされると、インサイトは承諾済みになります。また、インサイトは、すぐに承諾されることもあります。承諾されたインサイトのコンテンツは変更できません。承諾されたインサイトは、状態が変化した後 90 日間保持されます。
  • DISMISSED。それに基づくアクションが何も実行されずにインサイトが閉じられたことを示します。基になるデータが変化した場合、閉じられたインサイトの内容が更新されます。

状態のメタデータ

インサイトを直接 ACCEPTED にマーク付けすると、状態のメタデータを含むオペレーションに関するメタデータを追加できます。そのメタデータは、key:value ペアで指定します。状態のメタデータ フィールドを更新すると、既存の状態のメタデータが上書きされます。

etag

etag は、インサイトの現在の状態を識別する一意のフィンガープリントです。インサイトが変わるたびに、新しい etag 値が割り当てられます。
インサイトの状態を変更するには、既存のインサイトの etag を指定する必要があります。これにより、最後に取得してからインサイトが変更されていない場合にのみ、オペレーションを実行できるようになります。

重大度

インサイトの重大度は、次のいずれかの影響の可能性を示しています。

  • 停止(パフォーマンスへの影響)
  • 不正使用(セキュリティへの影響)
  • 予算超過(費用への影響)
  • 間違った管理(管理性への影響)

このフィールドには、デフォルトの重大度として設定された LOWCRITICALHIGHMEDIUMLOW の値が含まれています。各インサイト タイプには、独自の重大度の戦略を定義できます。

最終更新時間

最終更新時間は、インサイトを生成するために使用されるデータの鮮度を示します。

観測期間

観測期間は、インサイトが生成される期間です。インサイトの生成に使用されるソースデータは、last_refresh_time で終わり、last_refresh_time から observation_period を引いた時間に始まります。

推奨事項のリファレンス

関連する推奨事項のリファレンス。リファレンスは、インサイトと関連する推奨事項を結びつけます。インサイトから得られた推奨事項がない場合、このフィールドは空になります。