Cloud Tasks か Cloud Pub/Sub かの選択

メッセージの受け渡しと非同期統合を実装する際には、Cloud TasksCloud Pub/Sub のどちらも使用できます。概念的には似ていますが、それぞれ異なるユースケースを対象に設計されています。このページでは、ユースケースに適したプロダクトを選択できるようユーザーをサポートします。

主な違い

Cloud Pub/Sub と Cloud Tasks の主な違いは、暗黙的呼び出しと明示的呼び出しの概念です。

Cloud Pub/Sub は、イベントのパブリッシャーとそれらのイベントのサブスクライバーを分離することを目的としています。パブリッシャーは、サブスクライバーについて理解している必要はありません。そのため Cloud Pub/Sub では、パブリッシャーは配信を保証することだけが可能となり、それ以外のメッセージ配信を制御することはできません。このように、Cloud Pub/Sub は暗黙の呼び出しをサポートします。パブリッシャーは、イベントを公開することで、サブスクライバーにイベントを実行するよう暗黙的に要求します。

Cloud Tasks はこれとは対照的に、明示的な呼び出しを行って、パブリッシャーが実行を完全に制御できるようにすることを目的としています。特に、パブリッシャーは各メッセージが配信されるエンドポイントを指定します。

Cloud Tasks は全体的に、タスクのプロデューサーが特定の Webhook またはリモート プロシージャ コールの実行のタイミングを延期または制御する必要があるユースケースに適しています。Cloud Pub/Sub は、実行に対する制御がある程度制限される、一般的なイベントデータの取り込みと配信パターンに適しています。

詳細な機能の比較

機能 Cloud Tasks Cloud Pub/Sub
Webhook による push
at-least-once 配信の保証
タスク作成の重複排除 ×
構成可能な再試行 ×
計画的な配信 ×
明示的なレート制御 ×(サブスクライバー クライアントがフロー制御を実装できる)
API による pull ×
バッチ挿入 ×
メッセージごとに複数のハンドラ / サブスクライバー ×
タスク / メッセージの保持 30 日 最大 7 日
タスク / メッセージの最大サイズ 100 KB 10 MB
最大配信レート 500 QPS/キュー 上限なし
利用可能な地域 リージョン グローバル
push ハンドラ / サブスクライバーの最大処理時間 30 分(HTTP)
10 分(App Engine スタンダードの自動スケーリング)
24 時間(App Engine スタンダードの手動スケーリングまたは基本スケーリング)
60 分(App Engine フレキシブル)
push 操作に 10 分
プロジェクトあたりのキュー / サブスクリプションの数 100/プロジェクト(割り当て増加リクエストで増やすことが可能) 10,000/プロジェクト
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Pub/Sub ドキュメント