Monitoring API の有効化

Monitoring API を使用する前に、Monitoring API を有効にし、ユーザーにアクセスを許可する必要があります。

このページでは、Monitoring API v3 の使用を有効にして許可する方法について説明します。

API の有効化

Monitoring API を使用する前に、API を有効にする必要があります。Cloud SDK gcloud コマンドライン ツールまたは Cloud Console を使用してステータスを確認し、必要に応じて API を有効にできます。

Cloud SDK

  1. ワークステーションに Cloud SDK がまだインストールされていない場合は、Google Cloud SDK をご覧ください。

  2. Monitoring API が有効になっているかどうかを確認するには、ワークステーションで次のコマンドを実行します。

    gcloud services list
    

    出力に monitoring.googleapis.com が表示されている場合、API は有効になっています。

  3. API が有効になっていない場合は、次のコマンドを実行して有効にします。

    gcloud services enable monitoring
    

詳細については、 gcloud services をご覧ください。

Cloud Console

[API とサービス] に移動

  1. API へのアクセスで使用するプロジェクトを選択します。
  2. [API とサービスを有効にする] ボタンをクリックします。
  3. 「Stackdriver」を検索します。
  4. 検索結果で、[Cloud Monitoring API] をクリックします。
  5. [API が有効です]が表示されている場合、その API はすでに有効になっています。そうでない場合は、[有効にする] ボタンをクリックします。

API の使用を許可する

API へのアクセスは、Identity and Access Management(IAM)のロールと権限によって制御されます。各メソッドには権限が関連付けられています。関連するメソッドの権限はロールにまとめられ、ユーザーに付与されます。詳しくは、アクセス制御をご覧ください。

API へのアクセスが許可されると、API をどこからでも使用できるようになります。たとえば、ローカルのワークステーションから timeSeries.list メソッドを使用できます。また API を使用して、モニタリング対象リソースとして表すことができるエンティティに対して指標を送信できます。使用可能なタイプの一覧については、モニタリング対象リソースタイプの選択をご覧ください。ただし、Cloud Monitoring エージェントはクラウドの VM 上で動作するように設計されており、ローカルのワークステーションでは動作しません。

Monitoring API を使用するアプリケーションを作成する場合は、推奨されるクライアント ライブラリアプリケーションのデフォルト認証情報を使用してアプリケーションを承認します。これにより、承認の詳細がアプリケーション コードに表示されなくなります。

状況によっては API キーを使用することもできますが、通常はサービス アカウントをおすすめします。API キーは、バックエンド サーバーを持たないブラウザやモバイル アプリケーションなどのクライアントで役立ちます。詳細については、API キーの使用をご覧ください。

Cloud API の認証と承認について詳しくは、認証ガイドをご覧ください。

クライアント ライブラリの使用

API の使用を有効にして許可したら、コードの作成を開始できます。Monitoring クライアント ライブラリの使用を開始するには、クライアント ライブラリをご覧ください。