ListLocationsResponse

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Locations.ListLocations のレスポンス メッセージ。

JSON 表現

{
  "locations": [
    {
      object(Location)
    }
  ],
  "nextPageToken": string
}
フィールド
locations[]

object(Location)

リクエストで指定したフィルタに一致するロケーションのリスト。

nextPageToken

string

標準的なリストの次のページのトークン。

ロケーション

Google Cloud Platform のロケーションを表すリソース。

JSON 表現

{
  "name": string,
  "locationId": string,
  "displayName": string,
  "labels": {
    string: string,
    ...
  },
  "metadata": {
    "@type": string,
    field1: ...,
    ...
  }
}
フィールド
name

string

リージョンの完全なリソース名。例: "projects/example-project/locations/us-east1"。

locationId

string

リージョンのリソース ID。例: "us-east1"。

displayName

string

このロケーションのわかりやすい名前。通常は、近くの都市名です。たとえば、「東京」などです。

labels

map (key: string, value: string)

サービス間にまたがり有効なロケーションに対応する属性。例:


{"cloud.googleapis.com/region": "us-east1"}

"key": value ペアのリストを含むオブジェクト。例: { "name": "wrench", "mass": "1.3kg", "count": "3" }

metadata

object

出力のみ。ロケーションで利用可能なゾーンのセット。Compute Engine の定義に従い、マップは各ゾーンの小文字の ID でキー付けされています。これらのキーは、Redis インスタンスの作成時に locationId または alternativeLocationId フィールドで指定できます。