Logging エージェントについて

このガイドでは、Stackdriver Logging エージェントに関する基本情報について説明します。このアプリケーションは fluentd をベースとし、仮想マシン(VM)インスタンス上で実行されます。

ロギング エージェントの仕組み

デフォルトの構成では、Stackdriver Logging エージェントは、一般的なサードパーティのアプリケーションやシステム ソフトウェアから Stackdriver Logging にログをストリーミングします。デフォルトのログのリストをご覧ください。別のログをストリーミングするようにエージェントを構成することもできます。エージェントの構成とオペレーションの詳細は、Stackdriver Logging エージェントの構成をご覧ください。

すべての VM インスタンスで Stackdriver Logging エージェントを実行することをおすすめします。エージェントは Linux と Windows の両方で稼働します。Stackdriver Logging エージェントをインストールするには、Logging エージェントをインストールするをご覧ください。

サポートされているオペレーティング システム

Stackdriver Logging エージェントは、対応している仮想マシン(VM)インスタンス上の次のオペレーティング システムで実行できます。

  • CentOS 6、7
  • Debian 9 "Stretch"
  • Red Hat Enterprise Linux 6、7
  • Ubuntu LTS 16.04 "Xenial"、LTS 18.04 "Bionic"、18.10 "Cosmic"
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3、12 SP2 for SAP、12 SP3 for SAP
  • Windows Server 2008 R2、2012 R2、2016、2019
  • Amazon Linux AMI(Amazon Linux 2.0 AMI を除く)

サポートされる環境

Stackdriver Logging エージェントは次の環境に対応しています。

  • Compute Engine インスタンス。Stackdriver Logging エージェントは、各 VM インスタンスに関連付けられているプロジェクトにログを送信します。

    外部 IP アドレスのないインスタンスの場合は、限定公開の Google アクセスを有効にして、Stackdriver Logging エージェントがログを送信できるようにする必要があります。

  • Amazon Web Services Elastic Compute Cloud(AWS EC2)インスタンス。Stackdriver Logging エージェントは、ワークスペースの AWS コネクタ プロジェクトにログを送信します。このプロジェクトは、AWS アカウントをワークスペースに接続すると、Stackdriver によって自動的に作成されます。

    Stackdriver Logging エージェントが正しく機能するには、実行されている Amazon EC2 インスタンスが Google Cloud API、特に Stackdriver Logging API と通信できる必要があります。これには、外部 IP アドレスまたは VPC インターネット ゲートウェイが必要です。

上記の VM インスタンスの場合、Stackdriver Logging エージェントを実行するには最低でも 250 MiB の常駐(RSS)メモリが必要ですが、1 GiB が推奨されます。たとえば、サイズが 1 KB のログエントリが毎秒 100 件の割合で発生する場合、デフォルト構成の Stackdriver Logging エージェントは、1 コアあたり 5% の CPU と 150 MiB のメモリを消費します。また、ピーク時にサイズが 1 KB のログエントリが毎秒 3,000 件の割合で発生する場合は、1 コアあたり 80% の CPU と 250 MiB のメモリを消費します。

以下の VM インスタンスでは、独自のソフトウェアで Stackdriver Logging を使用できます。Stackdriver Logging エージェントのカスタム バージョンまたは構成を使用できます。Stackdriver Logging エージェントを手動でインストールすることはできません。

エージェントのアクセス要件

エージェントを実行するには、次の DNS 名にアクセスする必要があります。

  • OAuth2 トークン サーバー: oauth2.googleapis.com

    古いバージョンのエージェントでは www.googlapis.com(完全な URL は https://www.googleapis.com/oauth2/v3/token)にアクセスする必要が生じる場合があります。

    古いバージョンのエージェントを使用している場合は、最新バージョンにエージェントをアップグレードすることをおすすめします。

  • ロギング API: logging.googleapis.com

エージェントをインストールするには、次の DNS 名にアクセスする必要があります。

  • (Linux)Google Cloud パッケージ リポジトリ: packages.cloud.google.com

  • (Windows)Google ダウンロード サーバー: dl.google.com

Stackdriver Logging エージェントのソースコード

このセクションの情報は、ソースコードを理解したいときやその他の特別なニーズがあるとき以外は必要ありません。Stackdriver Logging エージェントをインストールするスクリプトの説明は、インストールの手順をご覧ください。

Stackdriver Logging エージェント google-fluentd は、fluentd ログデータ コレクタに変更を加えたものです。 google-fluentd は、次の 2 つのパッケージで配布されています。ソースコードは関連する GitHub リポジトリから入手できます。

  • google-fluentd という名前の GitHub リポジトリ。このリポジトリには、中心となる fluentd プログラム、カスタム パッケージング スクリプト、Stackdriver Logging API 用の出力プラグインが含まれています。
    • 出力プラグインは、Ruby の gem としてパッケージ化され、google-fluentd パッケージに収録されています。また、fluent-plugin-google-cloud で Ruby gem ホスティング サービスから別途入手することもできます。
  • google-fluentd-catch-all-config という名前の GitHub リポジトリ。このリポジトリには、さまざまなサードパーティ ソフトウェア パッケージからログを取り込むための Stackdriver Logging エージェントの構成ファイルが含まれています。

非推奨ポリシー

Stackdriver Logging エージェントは Stackdriver エージェントの非推奨ポリシーの対象です。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。