内部 HTTP(S) 負荷分散と Service Directory の概要

内部ロードバランサを作成する際に、内部ロードバランサ サービスを Service Directory に自動的に登録することを選択できます。これにより、クライアント アプリケーションは HTTP、gRPC、DNS 経由で Service Directory を使用して、内部ロードバランサ サービスのアドレスを解決し、それに直接接続できます。

内部ロードバランサを Service Directory に登録すると、次のことが可能になります。

  • .internal ドメインで内部的に生成された DNS 名を介してのみ内部ロードバランサにアクセスする DNS に対して、内部ロードバランサのネットワーク ロケーションを提供するカスタム DNS 名を選択します。
  • 同じ DNS ドメイン名から複数の内部ロードバランサを提供します。これは、現在の自動生成 DNS レコードでは不可能です。
  • 内部ロードバランサを Service Directory に直接かつ自動的に登録することで、Google Cloud のすべてのサービスに単一のリポジトリを提供します。
  • Service Directory API の単一コマンドによって、スタンドアロン サービス、エンドポイント、内部ロードバランサのエンドポイントを確認します。
  • 名前空間またはサービスレベルで Service Directory リソースにアクセス制御などの管理アクションを適用し、内部ロードバランサ エンドポイントと他のバックエンド サービスの両方を含めます。

Service Directory に内部ロードバランサを登録する方法の手順については、Service Directory での内部ロードバランサの構成をご覧ください。

次のステップ