内部 TCP / UDP ロードバランサの Terraform モジュールの例

次のサンプルを使用して、内部 TCP / UDP ロードバランサのサンプルをデプロイします。

Google Cloud で Terraform を初めて使用する場合は、HashiCorp ウェブサイトの Google Cloud スタートガイド ページをご覧ください。

バックエンドなし

Terraform モジュールを使用すると、バックエンドなしで最小限の内部 TCP / UDP ロードバランサを起動できます。これは、バックエンドの作成に使用する他のスクリプトやプロセスがすでにある場合に役立ちます。

この例の詳細と実行方法については、GitHub の README をご覧ください。

module "test_ilb" {
  source       = "GoogleCloudPlatform/lb-internal/google"
  version      = "~> 4.0"
  project      = var.project_id
  network      = google_compute_network.test.name
  subnetwork   = google_compute_subnetwork.test.name
  region       = var.region
  name         = local.resource_name
  ports        = ["8080"]
  source_tags  = ["source-tag-foo"]
  target_tags  = ["target-tag-bar"]
  backends     = []
  health_check = local.health_check
}