Eventarc の割り当て

以下の使用量割り当てと上限は、Eventarc を Cloud Run で使用する場合に適用されます。

Eventarc は Pub/Sub の push サブスクリプションを使用します。このサブスクリプションは、公開リージョンあたりのスループット上限の対象です。

リソースの上限

プロジェクト 1 つあたりの Eventarc リソースの数には上限があります。Eventarc API リクエストのサイズに関する直接的な上限はありません。

リソース 説明 上限 上限引き上げ可否 スコープ
トリガー トリガーの最大数 500 × ロケーションごと
イベント イベントサイズ 512KB × なし

割り当てのレート上限

割り当て 説明 上限 上限引き上げ可否 スコープ
トリガー読み取りリクエスト プロジェクトごとの 1 分あたりの Eventarc Trigger API 読み取り数 6,000 プロジェクト単位
トリガー書き込みリクエスト プロジェクトごとの 1 分あたりの Eventarc Trigger API 書き込み数 600 ○(グローバル ロケーションの書き込み上限は 10 QPS) プロジェクト単位

割り当てを増やす方法

このページに示したデフォルトよりも割り当てを増やすには:

  1. Eventarc の [割り当て] ページに移動します。

  2. 変更する割り当てを選択して、[割り当てを編集] をクリックします。

  3. プロンプトが表示されたらユーザー情報を入力して、選択した各割り当ての新しい上限を入力します。