アーカイブ ファイルを使用した App Engine アプリケーションのデプロイ

このページでは、WAR アーカイブまたは実行可能な JAR ファイルを使用して App Engine フレキシブル環境にプロジェクトをデプロイする方法について説明します。

準備

  1. デプロイする App Engine アプリケーションを含む Google Cloud Platform プロジェクトが必要です。プロジェクトがまだない場合は、Google Cloud Platform Console を使用して GCP プロジェクトを設定します。

    GCP Console に移動

    1. GCP プロジェクトを選択するか、新規作成します。
  2. プロジェクトを App Engine にデプロイするために使用する Google アカウントにログインします。

    1. [File] > [Sign in to Google] を選択します。

      [Sign in to Google] オプションではなく [Manage Google Accounts] が表示されている場合は、すでにログインしていることを意味します。以下のアカウントのログイン手順はスキップできます。

    2. システム ブラウザが Eclipse の外部で開き、App Engine アプリケーションの管理に必要な権限が求められます。

      1. Google Cloud Platform サービスのデータの表示と管理

    3. [許可] をクリックし、ウィンドウを閉じます。これで、Eclipse がアカウントにログインします。

JAR ファイルまたは WAR ファイルのデプロイ

既存の WAR または実行可能な JAR ファイルをフレキシブル環境にデプロイするには:

  1. app.yaml ファイルを準備します。少なくとも、次の行を含める必要があります。

    runtime: java
    env: flex
    
  2. Google Cloud Platform ツールバー ボタン をクリックします。

  3. プルダウン メニューで [Deploy WAR/JAR File to App Engine Flexible...] を選択します。

    デプロイを構成するためのダイアログ ボックス。これには、アカウントを選択するプルダウン メニュー、デプロイするプロジェクトのリスト、WAR/JAR ファイルへのパスを表示するフィールド、新しい WAR/JAR ファイルを参照するためのボタン、app.yaml ファイルへのパスを表示するフィールド、新しい app.yaml ファイルを参照するボタン、トラフィックを受信するためにデプロイされたバージョンを昇格するチェックボックス、以前のバージョンを停止するチェックボックス、オプションの App Engine 構成ファイルを含むチェックボックス、詳細オプションのための拡張パネル、ステージング バケットを入力するフィールドがあります。

  4. デプロイに使用するアカウントを選択するか、別のアカウントでログインします。

  5. [Project] リストボックスで、デプロイ先の Google Cloud Platform プロジェクトを選択します。

  6. [WAR/JAR] フィールドで、[Browse] をクリックしてアーカイブ ファイルを選択します。

  7. [app.yaml] フィールドで、[Browse] をクリックして app.yaml ファイルを選択します。

  8. 現在のバージョンを実行し続け、後で gcloud または Google Cloud Platform Console を使用して新しいバージョンに手動で昇格させる場合は、[Promote the deployed version to receive all traffic] チェックボックスをオフにします。

  9. 以前のバージョンを停止しない場合は、[Stop previous version] チェックボックスをオフにします。

  10. [Deploy] をクリックします。

  11. デプロイが成功すると、デプロイされたアプリケーションに接続する内部ブラウザが Eclipse で開きます。

次のステップ

  • GitHub でプラグインのコードを調べて問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。