既知の問題

このページには、Cloud DLP の既知の問題とともに、これらの問題を回避する方法や復旧する方法が記載されています。

BigQuery のスキャン

テーブルが 1 TB を超えると、割り当ての問題を引き起こす可能性がある

DlpJob のスキャン テーブルが 1 TB を超えると、BigQuery の TableDataService.List 割り当てを使い果たし、DlpJob と同時に実行される他のワークフロー(Dataflow など)に悪影響を与える可能性があります。

結果を BigQuery に保存しても行番号が入力されない

生成された BigQuery テーブルの location.content_locations.record_location.record_key.big_query_key.row_number フィールドは、テーブルがスキャンされた時点で推定されます。この値は非決定的であり、クエリされません。また、検査ジョブの場合は null になる場合があります。

結果が存在する特定の行を識別する必要がある場合は、ジョブの作成時に inspectJob.storageConfig.bigQueryOptions.identifyingFields を指定します。

識別するフィールドは、location.content_locations.record_location.record_key.id_values の下の生成された BigQuery テーブルで確認できます。