割り当てと上限

このドキュメントでは、Cloud Data Loss Prevention に関する現在の制限事項と使用量の上限について説明します。課金情報については、料金ページをご覧ください。

これらの上限値は、Google Cloud Console プロジェクトごとに適用され、そのプロジェクトを使用するすべてのアプリケーションと IP アドレスで共有されます。

Google Cloud Console で割り当てを低く設定できます。

リクエスト数の割り当て

Cloud DLP の現在の API リクエストの割り当ては次のとおりです。

リクエストの割り当て
1 分あたりのリクエスト数 600

コンテンツの上限

Cloud DLP では、次の使用量上限が適用されます。

コンテンツの上限 制限
projects.image.redact へのリクエスト 4 MB
デフォルトのリクエスト サイズ上限 0.5 MB

サイズの大きいファイルは、検査のために Cloud Storage でホストしてください。

リソース上限

Cloud DLP では、プロジェクトあたりの保存リソースに関して、次の上限が適用されます。

リソース 上限
テンプレートの最大数 1000
ジョブトリガーの最大数 1000
ジョブ実行の最大数 1000
格納される infoType の最大数 30

コンテンツの検査と修正の上限

Cloud DLP では、テキストまたは画像として DLP API に直接送信されるコンテンツの検査秘匿化に関して、次の使用量上限が適用されます。

制限の種類 使用制限
リクエストごとの標準カスタム辞書の最大数 10
引用(一致をトリガーしたテキストのコンテキスト スニペットで結果付きで返されたもの)の最大サイズ 4 KB
テーブル値の最大数 50,000
リクエストあたりの最大変換数 100
1 セットあたりの検査ルールの最大数 10

ストレージ検査の上限

Cloud DLP では、Google Cloud Storage リポジトリの検査に関して、次の使用量上限が適用されます。

制限の種類 使用制限
最大合計スキャンサイズ 2 TB
引用(一致をトリガーしたテキストのコンテキスト スニペットで結果付きで返されたもの)の最大サイズ 4 KB

データ プロファイリングの上限

Cloud DLP では、BigQuery データのプロファイリングに関して、次の使用量上限が適用されます。

制限の種類 使用制限
BigQuery テーブルの最大数 200,000
プロファイリングするすべての BigQuery テーブル内の列の最大合計数 20,000,000

これらの上限は、組織レベルとプロジェクト レベルの両方ですべてのデータ構成にグローバルに適用されます。

例: 組織レベルの上限

組織に 2 つのフォルダがあり、フォルダごとにスキャン構成を作成するとします。両方の構成からプロファイリングされるテーブルの合計数は 200,000 以下にする必要があります。これらのテーブルの列の合計数は 20,000,000 以下にする必要があります。

例: プロジェクト レベルの上限

プロジェクト レベルでデータ プロファイリングを構成する場合は、そのプロジェクトに含まれるテーブルの合計数は 200,000 以下にする必要があります。これらのテーブルの列の合計数は 20,000,000 以下にする必要があります。

カスタム infoType の上限

Cloud DLP では、カスタム infoType に次の上限が適用されます。

上限の対象 使用制限
リクエスト メッセージで直接渡される、標準カスタム辞書ごとの単語リストの最大サイズ 128 KB
Cloud Storage ファイルとして指定される、標準カスタム辞書ごとの単語リストの最大サイズ 512 KB
標準カスタム辞書フレーズごとの要素(文字のみ、数字のみ、文字以外の記号のみ、数字以外の記号のみを含む連続シーケンス)の最大数 40
リクエストごとの格納されるカスタム辞書すべてを組み合わせた最大サイズ 5 MB
リクエストあたりの組み込み infoType とカスタム infoType の最大数 150
カスタム情報タイプごとの検出ルールの最大数 5
リクエストごとのカスタム infoType タイプの最大数 30
リクエストごとの標準カスタム辞書の最大数 10
正規表現の最大の長さ 1000

格納される infoType の上限

Cloud DLP では、格納される infoType の作成に次の上限が適用されます。

格納されるカスタム辞書

格納されるカスタム辞書には次の上限が適用されます。

制限の種類 使用制限
Cloud Storage に格納される個々の入力ファイルの最大サイズ 200 MB
Cloud Storage に格納されるすべての入力ファイルを組み合わせた最大サイズ 1 GB
Cloud Storage に格納される入力ファイルの最大数 100
BigQuery の入力列の最大サイズ 1 GB
BigQuery の入力テーブル行の最大数 5,000,000
出力ファイルの最大サイズ 500 MB

Avro のスキャン上限

一般に、Avro ファイルには Cloud DLP および BigQuery と同じ上限があります。これらの上限に達すると、フォールバックとしてバイナリ スキャンが使用されます。Avro ファイルのコンテンツ リクエストの検査とストレージ ジョブの検査には、次の上限が適用されます。

制限の種類 使用制限
1 つの Avro ブロックの最大サイズ 100 MB
1 つの Avro ファイルの最大サイズ 1 TB
Avro ファイルの最大列数 10,000
ネストされたフィールドの最大レベル 15

PDF と Microsoft 製品のスキャン上限

これらの上限は、次の種類のファイルをスキャンする場合に適用されます。

  • PDF
  • Microsoft Word
  • Microsoft Excel
  • Microsoft PowerPoint

これらの上限に達すると、フォールバックとしてバイナリ スキャンが使用されます。

制限の種類 使用量上限
Cloud Storage での 1 つの PDF の最大サイズ。この上限を超えるファイルはバイナリ スキャンされます。 30 MB
Cloud Storage での 1 つの Word ファイルの最大サイズ。この上限を超えるファイルはバイナリ スキャンされます。 30 MB
Cloud Storage での 1 つの Excel ファイルの最大サイズ。この上限を超えるファイルはバイナリ スキャンされます。 30 MB
Cloud Storage での 1 つの PowerPoint ファイルの最大サイズ。この上限を超えるファイルはバイナリ スキャンされます。 30 MB

割り当ての増加

Google Cloud ダッシュボードの [割り当て] ページで [割り当てを編集] を選択すると、割り当てを編集して最大値まで増やすことができます。割り当ての増加をリクエストするには、割り当てを編集して必要な上限とその理由を設定し、更新内容を送信します。リクエストが受信されると、通知が届きます。リクエストの詳細について確認をさせていただく場合もあります。リクエストの審査が完了すると、承認または却下の結果が通知されます。

割り当ての依存関係

使用している機能によっては、追加の割り当てが必要になる場合もあります。

サービス障害の詳細

Cloud DLP には、他の Google Cloud サービスに依存する機能があります。このような依存関係があるので、Cloud DLP の信頼性はそれらのサービスと同等であると想定できます。

Google では、エラーの再発が解消されるまで、解決の再試行をベスト エフォートにより行いますが、これらのサービスで障害が発生した場合にはパフォーマンスが低下する可能性があります。

既知のすべてのサービス障害については、Google Cloud ステータス ダッシュボードを確認してください。Google Cloud ステータス ダッシュボードの更新の JSON フィードまたは RSS フィードに登録してプッシュ通知で更新情報を受け取ることもできます。