Stackdriver Debugger

本番環境におけるコードの動作を調査

無料トライアル

パフォーマンスを詳細に分析

Stackdriver Debugger は、コードの任意の位置でのアプリケーションの状態を調べることができる、Google Cloud Platform の機能です。ロギング文は不要で、アプリケーションの停止や処理速度の低下を招くこともありません。デバッグ中に、アプリケーションのユーザーに影響が及ぶこともありません。本番環境のデバッガで、ローカル変数とコールスタックをキャプチャして、ソースコードの特定の行にリンクバックすることができます。また、本番環境でアプリケーションの状態を分析して、本番環境でのコードの動作を把握することも可能です。

本番環境でのデバッグ

Stackdriver Debugger を使うと、数回クリックするだけで、アプリケーションの状態のスナップショットを取得して、ソースコードにリンクバックすることができます。ロギング文の追加は不要です。特定の行におけるすべてのローカル変数とコールスタックは、インスタンスが初めてコードを実行したときにキャプチャされます。キャプチャされた情報は、わかりやすいシンプルなインターフェースで確認できるようになっています。

複数のソース オプション

Stackdriver Debugger では、複数のソース レポジトリを使用できます。また、ソースコードがなくても Stackdriver Debugger を使用できます。ソースコードにアクセスできない場合は、ファイル名と行番号を指定するだけでスナップショットの取得が可能です。また、ソースをアップロードしたり、ローカルのソースファイルに連動させたり、Google Cloud Source Repository、GitHub、Bitbucket などのクラウド ソース レポジトリを使用したりすることもできます。

デバッグ中の共同作業

デバッグ セッションを簡単に共有できるため、他のチームメンバーとも容易に共同作業を行えます。デバッグ セッションの共有は、URL を送信するのと同じくらい簡単です。

既存のワークフローを使用

Stackdriver Debugger は、既存のデベロッパー ワークフローに統合されています。Debugger を起動して、Logging、Error Reporting、ダッシュボード、IDE、コマンドライン インターフェースから直接スナップショットを取得することができます。

Stackdriver Debugger の特長

本番環境におけるコードの動作を調査

デバッグ スナップショット
特定の行におけるアプリケーションの状態をキャプチャします。
条件付きスナップショット
シンプルな条件式をアプリケーション言語で指定します。true に評価される場合にのみスナップショットが取得されます。
IDE との統合
IDE 内で Stackdriver Debugger を使用できます。
簡単な設定
Debugger は、すべての Google App Engine アプリケーションで自動的に有効になります。

Stackdriver Debugger の料金

Google Cloud Platform をご利用のお客様は、Stackdriver Debugger を無料でご利用いただけます。

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。