祖先を使用するキー

祖先を使用してキーを作成します。

もっと見る

このコードサンプルを含む詳細なドキュメントについては、以下をご覧ください。

コードサンプル

C#

Datastore モードのクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Datastore モードのクライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Datastore モードの C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Datastore モードへの認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

Key rootKey = _db.CreateKeyFactory("User").CreateKey("Alice");
Key taskListKey = new KeyFactory(rootKey, "TaskList").CreateKey("default");
Key key = new KeyFactory(taskListKey, "Task").CreateKey("sampleTask");

Go

Datastore モードのクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Datastore モードのクライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Datastore モードの Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Datastore モードへの認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

userKey := datastore.NameKey("User", "alice", nil)
parentKey := datastore.NameKey("TaskList", "default", userKey)
taskKey := datastore.NameKey("Task", "sampleTask", parentKey)

Java

Datastore モードのクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Datastore モードのクライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Datastore モードの Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Datastore モードへの認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

KeyFactory keyFactory =
    datastore
        .newKeyFactory()
        .addAncestors(PathElement.of("User", "Alice"), PathElement.of("TaskList", "default"))
        .setKind("Task");
Key taskKey = keyFactory.newKey("sampleTask");

Node.js

Datastore モードのクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Datastore モードのクライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Datastore モードの Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Datastore モードへの認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

const taskKey = datastore.key([
  'User',
  'alice',
  'TaskList',
  'default',
  'Task',
  'sampleTask',
]);

PHP

Datastore モードのクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Datastore モードのクライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Datastore モードの PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Datastore モードへの認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

$taskKey = $datastore->key('User', 'alice')
    ->pathElement('TaskList', 'default')
    ->pathElement('Task', 'sampleTask');

Python

Datastore モードのクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Datastore モードのクライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Datastore モードの Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Datastore モードへの認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

from google.cloud import datastore

# For help authenticating your client, visit
# https://cloud.google.com/docs/authentication/getting-started
client = datastore.Client()

key = client.key("User", "alice", "TaskList", "default", "Task", "sampleTask")

Ruby

Datastore モードのクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Datastore モードのクライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、Datastore モードの Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Datastore モードへの認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。 詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

# user_name = "alice"
# task_list_name = "default"
# task_name = "sampleTask"
task_key = datastore.key([
                           ["User", user_name],
                           ["TaskList", task_list_name],
                           ["Task", task_name]
                         ])

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。