リリース チャンネル

Dataproc Metastore では、リリース チャンネルを使用して、安定性のレベルが異なる機さまざまな能をまとめることができます。リリース チャンネルを使用すると、安定した機能と新しい試験運用機能を選択できます。リリース チャンネルは、Dataproc Metastore サービスの作成時に選択できます。

リリース チャンネルの種類

リリース チャンネルには次の 2 種類があります。

  • カナリア: Canary リリース チャンネルには最新の機能が含まれていますが、安定しておらず、既知の回避策のない未解決の問題が存在する可能性があります。Canary を使用するサービスは、SLA の対象ではありません。

  • 安定版: Stable リリース チャンネルは、安定していると見なされ、さらに本番環境での使用が検証された機能が含まれています。

チャンネルが指定されていない場合、デフォルトでは、新しい Dataproc Metastore サービスは Stable リリース チャネルで作成されます。Canary リリース チャンネルを選択すると、自動的に新機能が提供されます。

リリースノート

リリース チャンネルの新機能については、次のリリースノートをご覧ください。

リリース チャンネル
Canary Hive メタストアとは別に ACID 圧縮などの非同期のバックグラウンド タスクを実行する機能が含まれています。これにより、リソースを解放して Hive メタストアのタスクをより多く実行できます。このプレビュー機能は、Hive バージョン 3.1.2 Enterprise ティアでのみ使用できます。

次のステップ