フォルダを対象にしたリソース

Config Connector は、プロジェクト、フォルダー、組織レベルでリソースを管理できます。Config Connector は、リソースを作成する場所を決定するために、リソースにアノテーションがあるかどうかを確認します。リソースに適用されたアノテーションがない場合、Config Connector は、Namespace に対象スコープのアノテーションがあるかどうかを確認します。

Namespace 構成にアノテーションを付ける

新しく作成したリソースのデフォルトのフォルダ ID を設定するには、Namespace にアノテーションを付けます。どのリソースにもこのアノテーションが構成内に明示的に設定されていないことを確認します。コマンドラインを使用して Namespace にアノテーションを付けるには、次のコマンドを実行します。[NAMESPACE_NAME] は実際の Namespace 名に置き換え、[FOLDER_ID] は Google Cloud フォルダ ID に置き換えます。

kubectl annotate namespace [NAMESPACE_NAME] cnrm.cloud.google.com/folder-id=[FOLDER_ID]

または、アノテーションを含むと記述されている YAML マニフェストを適用することもできます。次の YAML をファイルにコピーし、[FOLDER_ID][NAMESPACE_NAME] の値を編集して、ファイルをクラスタに適用します。

apiVersion: v1
kind: Namespace
metadata:
  annotations:
    cnrm.cloud.google.com/folder-id: [FOLDER_ID]
  name: [NAMESPACE_NAME]

リソース構成にアノテーションを付ける

リソースレベルでフォルダ ID を明示的に設定するには、以下のアノテーションをリソース構成に直接追加します。

...
metadata:
  annotations:
    cnrm.cloud.google.com/folder-id: [FOLDER_ID]
...

リソースの YAML にこのアノテーションが含まれている例を次に示します。

apiVersion: foo.cnrm.cloud.google.com/v1beta1
kind: FooBar
metadata:
  annotations:
    cnrm.cloud.google.com/folder-id: [FOLDER_ID]
  name: foobarname